Interview

原作ファンの小笠原海「『東京喰種』の現場にいられるだけで幸せ」出演の喜びと撮影秘話を振り返る

原作ファンの小笠原海「『東京喰種』の現場にいられるだけで幸せ」出演の喜びと撮影秘話を振り返る

〈カネキ〉を演じた窪田正孝さんとの共演はいかがでしたか?

小笠原 窪田くんとは初対面だったんですが、〈カネキ〉と〈ヒデ〉は小学校からの仲なので、初対面の空気感が出たらいけないなと思って、空いている時間にたくさんお話しさせていただきました。映画作りに対する想いを聞かせてもらうこともあったし、こういう風にするのもいいかも、というアイデアをいただいて、すごくテンポの良い二人の空気感が出たんじゃないかなと思います。

窪田さんに影響された部分もあったかと思います。

小笠原 そうですね。窪田くんの役作りを近くで見ていて、やっぱりすごい人だなと思いました。〈カネキ〉は半喰種になったことで、ものを食べられなくなるんですが、現場でも窪田くんがちゃんとした食事をしているところを見なかったんです。僕がたまたま見かけなかっただけかもしれないですけど。役へのアプローチはご一緒させていただいてもとても勉強になったし、こういう俳優さんに、こういう人になりたいなと憧れました。

今回の撮影で苦労したことや大変だったこと、反対に楽しかったことは?

小笠原 もともと僕は苦労とか大変さを感じない人間で、今回も経験がないことだらけだったので、全部が楽しかったです。でも長編映画でこういう重要な役柄を演じたのは初めてだったので緊張もありましたし、「どういう風に演じれば〈ヒデ〉として成立するんだろう」ということはたくさん考えました。逆に楽しかったことは、本当にいっぱいあります(笑)。待ち時間などにスタッフさんやキャストの方々と話したのも楽しかったですし、監督が「この韓国のグループがかっこいいよ」って教えてくださったのも楽しかったし。何よりも僕は『東京喰種』が大好きなので、この作品の現場にいられるだけで楽しくてすごく幸せだったんです。現場のほぼ全員と『東京喰種』の話ができたのも嬉しかった。せっかく同じ作品に携わるのだから何かの縁だと思って、積極的に話しかけさせていただいたんですが、もうみんな良い人で、みんな大好きです(笑)。

今回の現場で今後に活かせそうだと思ったことはありましたか?

小笠原 興味が沸いたのはアクションです。僕が出ないシーンも見学に行かせていただいて、〈トーカ〉と〈ニシキ〉(西尾錦/白石隼也)、〈カネキ〉と〈ニシキ〉のアクションシーンを見たんですが、かっこよかったです。演技をしながら同時に激しい動きをするのってすごいことですよね。僕も機会があればチャレンジさせていただきたいです。

本作を経て成長したとか変わったと思ったことはありましたか?

小笠原 前より肝が据わったかもしれません。一人でこんな大きな仕事をやらせてもらうのは初めてだったので、個人活動の重要性を改めて感じましたし、ここで得たものをどうグループに持って帰れるかをすごく考えました。グループ活動に活かされたらいいなと思いますし、個人の仕事をすることによってグループを引っ張れる存在になれたらいいなと思います。

超特急のファンにこういう点を観てほしい、と思うことはありますか?

小笠原 『東京喰種』の〈ヒデ〉として観ていただければ嬉しいです!

超特急としてのアーティスト活動と俳優としての演技、それぞれ面白さがあると思います。

小笠原 もちろんそれぞれ面白さはありますが、アーティスト活動も俳優活動も“演じる”ということは共通しているのかなと思います。俳優ももちろん自分以外の誰かの人生を演じますから。作品の持つメッセージを俳優としての僕というフィルターを通して観てくださる方に伝えていきたいし、超特急のダンサーとして楽曲の世界観をファンの方に届けられたら嬉しい。アーティストとしても俳優としてもさまざまなカタチで何かを発信できればいいですね。これからも演技の仕事をやらせていただきたいですし、それをきっかけに超特急や小笠原海を知っていただけたら嬉しいです。

小笠原海

1994年生まれ、神奈川県出身。2010年にデビュー。2011年より7人組グループ“超特急”のメインダンサーとして活動をスタート。超特急としては、これまで発売したアルバム・シングル合わせた12作品がオリコンウィークリーチャートで連続トップ10入りを果たし、2017年4月にリリースしたシングル「超ネバギバDANCE」は1位を獲得。これまで超特急の主演作『サイドライン』(15/福山桜子 監督)などに出演。現在は、萩原みのり、久保田紗友、もたいまさこ出演の『ハローグッバイ』(菊地健雄 監督)が公開中。7月26日には、超特急の13枚目のシングル「My Buddy」がリリースされる。

オフィシャルサイト
http://www.stardust.co.jp/section3/profile/ogasawarakai.html
超特急 オフィシャルサイトhttp://bullettrain.jp/

小笠原海さん画像ギャラリー

映画『東京喰種 トーキョーグール』

2017年7月29日公開

見た目は人間と変わらないけれど、人を喰らう“喰種(グール)”が世間を騒がせている東京。冴えない大学生〈カネキ〉は、唯一の親友〈ヒデ〉と行きつけの喫茶店あんていくで食事しているときに知り合った女性〈リゼ〉とデートすることに。しかしデートの最中、実は喰種だった〈リゼ〉に襲われてしまう。あわやのところで思わぬ事故が起こって助かった〈カネキ〉だったが、そのとき死亡した〈リゼ〉の臓器を移植されたことで“半喰種”となってしまう。自分の身体の変化に戸惑う〈カネキ〉は、喰種の集う店あんていくのアルバイト店員〈トーカ〉の力を借りて、少しずつ喰種としての生活に馴染んでいき、その中で、喰種にも人間と同じように守るべき家族や友人がいることを知る。しかし喰種一掃を狙う人間の組織CCGは容赦なく喰種へ攻撃を仕掛けてきて……。

【原作】石田スイ『東京喰種 トーキョーグール』 集英社『週刊ヤングジャンプ』連載
【監督】萩原健太郎
【脚本】楠野一郎
【出演】
窪田正孝
清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより 蒼井優 大泉洋
村井國夫 / 小笠原海 白石隼也 相田翔子 栁俊太郎 坂東巳之助
佐々木希 浜野謙太 古畑星夏 前野朋哉 ダンカン 岩松了
【音楽】Don Davis
【主題歌】illion「BANKA」(WARNER MUSIC JAPAN)
【配給】松竹

オフィシャルサイトhttp://tokyoghoul.jp/

©2017「東京喰種」製作委員会 ©石田スイ/集英社


映画『東京喰種 トーキョーグール』場面ギャラリー


【関連書籍】

『東京喰種トーキョーグール リマスター版』

石田スイ
週刊ヤングジャンプ

【その他の『東京喰種トーキョーグール』作品はこちらへ】

【リリース情報】

超特急
「My Buddy」

(ハイレゾ)
【その他の超特急の作品はこちらへ】
< 1 2