週刊『デッドストック』  vol. 1

Review

『デッドストック~未知への挑戦~』これは新感覚ホラーであり、テレビへの挑戦だ!

『デッドストック~未知への挑戦~』これは新感覚ホラーであり、テレビへの挑戦だ!

今クールに面白いドラマがある。30分、(ほぼ)1話完結、役者・スタッフ陣も豪華、オリジナルそれも舞台が自社!と、1話の放送を観て「おおぉぉ」というような唸るような気持ちになる。
限られた時間に凝縮した面白さを詰め込もうとも題材が恋愛系よりかと思いきや、ホラーとは……。そんな『デッドストック~未知への挑戦~』の面白さをお伝えしたい一心で、週刊『デッドストック』をスタートします。


第1回:これは新感覚ホラーであり、テレビへの挑戦だ!

今季スタートのドラマもそろそろ出揃ってきたが、なかでも注目したいのがテレビ東京にて毎週金曜深夜0時52分から放送中の『デッドストック~未知への挑戦~』だ。

ここ数年「攻めてる」と噂のテレ東深夜枠のなかでも、本作は今春放映され、毎回放送事故さながらの内容で話題を巻き起こした『山田孝之のカンヌ映画祭』と同じ「ドラマ25」枠にあたり、その内容がまた「2016年のテレビ東京の社屋移転により発見された、テープ倉庫の開かずの間に眠っていたお蔵入りテープに記録された怪奇現象の謎を追う」という虚実皮膜な自社ネタにして、ホラーファンの心をくすぐらずにおかない、なんとも魅惑的な『怪奇大作戦』フューチャリングものでもあるのだ。

©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

もちろん、キャスト・スタッフ陣も豪華極まりない。
主人公の新人AD・常田大陸(りく)を『ディストラクション・ベイビー』『武曲 MUKOKU』で破格の存在感を見せつけた若手ホープ、村上虹郎が演じる他、大陸と共にテープ倉庫に配属された駆け出しディレクター・二階堂早織にももいろクローバーの元メンバーで近年は女優としての活躍も目覚ましい早見あかり、同じくテープ倉庫担当のベテランディレクターでテレ東の古株社員・佐山暁に田中哲司。大陸と同居する母親に中村優子、そして現時点では役柄は不明だが、昨年公開の『淵に立つ』でカンヌを魅了した筒井真理子もクレジットに名を連ねている。

村上虹郎 ©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

早見あかり ©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

田中哲司 ©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

物語の骨格を担う脚本には『クロユリ団地』『劇場霊』の加藤淳也、『呪怨 白い老女』『ほんとにあった怖い話』シリーズの三宅隆太、『富江アンリミテッド』『怪談新耳袋 異形』の継田淳という、数々のホラーを生み出してきたベテラン作家が集結。そして、チーフ監督を『ナイトヒーローナオト』『楽園』の権野元が務める他、ゲスト監督としてなんと『FAKE』『A2』のドキュメンタリー作家・森達也が参加するというのだから、こりゃたんなる「ホラードラマ」では済みそうにない!

©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

というわけで、前情報だけでも期待せずにいられない作品なのだが、実際に先日放映された第一話を見て、想像の斜め上をゆく内容に、狂喜乱舞してしまった。
思いがけず、旧社屋の不気味な開かずの間に集められた者たち。大量に眠るテープの一本を再生してみると、太眉メイク&ショッキングピンクの服にポニーテールという時代を感じさせる佇まいの女性レポーターが登場。昔よくあった心霊特番かあ…… と思いながら眺めていると、そこには現実にはありえないモノが映っていて……。パニックになる人々。ブチッと途切れる画面。
そんなテープ確認のシーンだけでも、粗い映像の質感もあいまって『リング』トラウマがフラッシュバック。ワケがわからないながらもゾッとせずにいられない!

©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

そもそも本作の「心霊・怪奇現象のレポート特番」というネタや、チープなまでに煽情的な映像とナレーションは、70年代にお茶の間で大ブームを巻き起こしたオカルト特番(矢追純一の木曜スペシャルとか)のオマージュだが、そこから早見の発案により、その映像を検証して新たな番組を作ろうとするストーリー展開。そして作中、登場人物らが何度も口にする「テレビ的」とか「テレ東っぽい」いうフレーズには、エンタテイメント・ホラーの王道を踏んだ上で、新たなホラー/ひいては新たなテレビの可能性を開拓しようという制作クルーの心意気がヒシヒシと伝わってくる。

©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

さらに特筆すべきは、虹郎くんの可愛らしさですよ。「スクリームクイーン」なる言葉があるように、ホラーの大きな魅力として「美しいヒロインが恐怖に顔をひきつらせ叫ぶ」という要素があるが、小動物のように無垢で愛らしい虹郎くんが早見の命令でビビリながら心霊スポットに先陣を切って突入。案の定、恐怖に悶えまくる姿にはファンならずとも萌えずにいられません♡  一話完結の連作スタイルゆえ、毎回多彩なゲストが登場するのもお楽しみのひとつ。第一話では、心霊番組のレポーター役をロマンポルノ・リブート・プロジェクトの中田秀夫監督作品『ホワイトリリー』で妖艶な魅力を開花させた飛鳥凛がバブルルックで熱演していたが、次回はどんなゲストがどんな懐かしのファッションで登場するか? 見逃せません。

飛鳥凛 ©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

気になる第二話は「動く人形」と、これまた嬉しくなる王道テーマ。キッチュな禍々しさ全開の予告映像を見ながら、今週金曜深夜の放映を待つべし!

文 / 井口啓子

ドラマ25『デッドストック~未知への挑戦~』

村上虹郎主演!虚実入り混じる新感覚ホラードラマ! 2016年テレビ東京の社屋移転で発見されたテープ倉庫の開かずの間。そこに眠るのは、ワケあり番組の未確認素材だった…!

【放送日時】第1話2017年7月21日(金) 以降毎週金曜日 深夜00:52~01:23
≪第1話≫
【脚本】加藤淳也、三宅隆太
【監督】権野元
【主題歌】『Different Man』 AKLO×JAY’ED
【エンディング】『Moor』UA

【出演者】
常田大陸:村上虹郎
二階堂早織:早見あかり
佐山暁:田中哲司

≪第1話ゲスト≫
常田忍:中村優子
松本志保:飛鳥凛
ディレクター:野中隆光
包帯女:屋敷紘子
間宮武雄:酒向芳
【公式HP】http://www.tv-tokyo.co.jp/deadstock/

©「デッドストック~未知への挑戦~」製作委員会

vol.1
vol.2