Topics

大平峻也「お客様と一緒に作り上げる」佐々木喜英「2.5次元の伝説を作りたい」B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』開幕

大平峻也「お客様と一緒に作り上げる」佐々木喜英「2.5次元の伝説を作りたい」B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』開幕

T.M.Revolutionこと西川貴教が総合プロデュース、企画・原作を志倉千代丸、キャラクターデザインを雪広うたこが手がける『B-PROJECT』(通称=Bプロ)は、バーチャルアイドルプロジェクト。とあるアイドル事務所のユニット「キタコレ」「THRIVE(スライブ)」「MooNs(ムーンズ)」「KiLLER KiNG(キラーキング)」の歌やダンス、そして涙ありのアイドルたちの成長物語だ。アニメで好評を博し、実際にCDシングルもこれまでに3枚発売、オリコンチャートを賑わせている。7月19日にはアルバム『S級パラダイス』をドロップし、2次元にとらわれない活動を展開している。
7月28日からはファン待望の舞台「B-PROJECT on STAGE」」が銀河劇場が開幕。初日ゲネプロ公演の前に囲みインタビューが行われ、佐々木喜英、とまん、岸本勇太、藤田富、田口涼、平牧仁、大平峻也、滝澤諒が登壇、舞台にかける熱い想いを語った。

「キタコレ」メンバーの佐々木喜英は「僕はもともとB-PROJECTのアニメをリアルタイムで観ていて大好きでした。舞台化されたら面白いだろうなと思っていたときに、オファーをいただき、今ここにいるのが夢のようです」とあいさつ。同じユニットのとまんは「2.5次元舞台に出演するのは初めてですが、スタッフや出演者のみんなが支えてくれて稽古を乗り切ることができました。16公演、<是国竜持>を必死に生きたいと思います」と意気込みを語った。

一方、「MooNs」の平牧仁は「僕は夢を与えるアイドルをやらせていただけるのがとても嬉しいです。アイドルを演るにはギリギリの年齢ですが……(笑)、気持ちだけはキラキラ頑張りたいと思います」と勢いよく宣言すると、「THRIVE」の藤田富は「ずっと出たいと思っていた2.5次元の舞台に出演することができて嬉しいです。大人でセクシーな役なので、毎日バスローブを着て役作りをしていました(笑)」と笑いを誘った。

アニメには登場せず、舞台で初出演になる「KiLLER KiNG(キラーキング)」の大平峻也は「今回の出演が決まった時は嬉しさでいっぱいでした。アニメはずっと見ていたので、Bプロのメンバーになれることが嬉しかったです。アニメには登場しない“キラキン”なので誇りを持って演じて皆さんの心に残るようにしたいと思います」と真摯に語った。

B-PROJECTの4つのユニットの特徴を問われると、「キタコレ」の佐々木喜英は「人数は2人と少人数ですが、高いパフォーマスを持っている2人が揃っています。僕は“リアル白馬のライオン王子”というキャッチコピーに負けないように王道の王子様感を出して行けたらと思います」と語ると、同じユニットのとまんは「2人という少ないユニットですけれど、存在感があります。是国には“完全計算高嶺のキャッツ”というキャッチコピーがつけられていますが、計算して演じているように見えたら嬉しいですね。少しでもお客さんの期待に応えるようにしたいです」と語った。

ダンスボーカルユニット「龍雅-Ryoga-」のメンバーである岸本勇太は今作が舞台初挑戦。「THRIVE」の特徴を「それぞれのメンバーが“自分が一番”と思っていて、ギラギラしていて衝突もあるんですが、<阿修悠太>役の三谷怜央くんが上手くまとめてくれます。舞台の中ではバチバチしながらも、メンバーに対しても愛を伝えるシーンがありますので注目してください」と熱く語った。「MooNs」の田口涼は「メンバーが5人と一番多く、明るく元気なヤツらが揃っているユニットで、Bプロのバラエティ担当です」と笑った。

大平は「Bプロの中では最も新人のフレッシュなユニット。そんな“キラキン”では<不動明謙>はリーダーですが、いくぞと引っ張っていくタイプではなくて、おどおどしながらもみんなを鼓舞し、背中で見せていくタイプなので、みんなが支えてくれるリーダーになりたいと思います」と語ると同じユニットの滝澤諒は「遙日くんはハッチャケた存在で、グループの雰囲気を作る影で引っ張っていく存在です」とそれぞれのユニットの特徴を語った。

最後に、大平は「演出の伊藤マサミさんが、『Bプロの最後のメンバーは、お客様』だとおっしゃっていました。この舞台は僕らとお客様が触れ合う機会が多く、一緒に作りあげる舞台です。僕らはその準備ができているので、お客様にはお仕事や学校を忘れて楽しんでほしい」と抱負を語り、平牧は「お客様あってのアイドルです。常にお客様を意識して稽古をしてきました。歌にダンスあり、何回来ても楽しめる舞台ですので、ぜひ何度もいらっしゃってください」とメッセージを送った。佐々木は「伊藤マサミさんは『2.5次元の世界で伝説を作りたい』とおっしゃっていました。この作品で『OVER the WAVE!』というタイトルの通り大きな波を越えて伝説を作る僕らアイドルの姿をご覧ください。Bプロの世界へみなさんをお連れします」と締めくくった。

舞台公演は8月6日まで。また、B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』のLIVEバージョンは、8月16・17日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて開催される。さらに、舞台公演およびライブの映像化が決定。舞台版は12月20日に、ライブ版は2018年1月24日にそれぞれ発売される。

取材・文・撮影 / 竹下力

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』

2017年7月28日(金)~8月6日(日)
東京 天王洲 銀河劇場

原案・原作:MAGES.
脚本:香村純子、MAGES.
脚本協力:登米裕一
演出:伊藤マサミ
振付:Sup!!

キャスト:
キタコレ
北門倫毘沙:佐々木喜英
是国竜持:とまん

THRIVE
金城剛士:岸本勇太
阿修悠太:三谷怜央
愛染健十:藤田富

MooNs
増長和南:田口涼
音済百太郎:木津つばさ
王茶利暉:上仁樹
野目龍広:千綿勇平
釈村帝人:平牧仁

KiLLER KiNG
寺光唯月:大海将一郎
寺光遙日:滝澤諒
不動明謙:大平峻也
殿弥勒:川上将大

夜叉丸朔太郎:井深克彦
大黒修二:五十嵐麻朝

アンサンブル
一瀬悠、永田浩司、遠藤拓海、伊藤奨

B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』LIVE

2017年8月16日(水)・17日(木)
東京都 Zepp DiverCity TOKYO


B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』公式サイト

©MAGES./STAGE B-PROJECT