ガンダム風“二人のエルネスト”! 安彦良和がオダギリジョー主演『エルネスト』のオリジナルポスターを描き下ろし

ガンダム風“二人のエルネスト”! 安彦良和がオダギリジョー主演『エルネスト』のオリジナルポスターを描き下ろし

10月6日(金)に公開されるオダギリジョーの主演作で、阪本順治監督の最新作『エルネスト』。ガンダムの生みの親である安彦良和が書き下ろした本作のオリジナルポスターがお披露目された。

『エルネスト』は、キューバ革命の英雄であるエルネスト・チェ・ゲバラからファーストネームの“エルネスト”を与えられ、行動を共にした日系ボリビア人、フレディ前村の物語。チェ・ゲバラの意志に共感し、革命に身を捧げていくフレディ前村が理想の社会に向かって戦う姿が描かれる。メガホンをとるのは、実在する人物を題材にするのは今回が初挑戦となる阪本順治監督。そして医学生でありながらも戦いに身を投じていくフレディ前村を、阪本監督とは3度目のタッグとなるオダギリジョーが演じる。

今回のコラボは、安彦が過去に『週刊 マンガ世界の偉人』で、チェ・ゲバラがボリビアでの革命に失敗して死に向かう様子をフレディ前村の目線から描いた作品があり、本作との親和性が高いことから実現。すでに映画を鑑賞した安彦は作品に感銘を受け、コラボを快諾、2日間でこのイラストを描き上げたという。安彦は今回引き受けた理由について、「自分が描いたマンガの中のフレディと同様のストーリーを阪本監督が映画化をしたと聞き、今回のお話を縁と思い、ご一緒させていただきました」とコメント。さらに「映画は彼の医学生時代がメインで、フレディの青春映画としても楽しませていただきました。フレディ役を演じたオダギリジョーさんが日本人離れした容姿なので、見事に日系二世フレディを演じられていて、流暢なスペイン語も素晴らしく、さすがだと思いました」と、オダギリを絶賛している。

本ポスターは映画のティザーポスターをベースに描かれており、『機動戦士ガンダム』のタッチで描かれた“二人のエルネスト”が、世界平和を信じて自分の信念を貫こうとする強い意志が伝わり、キューバ革命をはじめ彼らが成し遂げようとする未来に熱い視線を注ぐ様子が描かれている。

なお、8月5日(土)より発売される本作の前売り券特典として、オリジナルクリアファイルが付くことが決定。クリアファイルの両面には、本作のティザーポスターと今回の描き下ろしポスターがデザインされている。

 

【安彦良和 コメント全文】
2012年に朝日新聞出版社から、『マンガ世界の偉人』というシリーズでチェ・ゲバラをマンガで書いてくれないかと言われました。24Pの短編マンガでしたが、ゲバラはとても興味をもっていた人物でしたし、当時たまたま、そのゲバラと共に戦った日系人フレディ前村さんを知っていたので、ゲバラとフレディのかかわりという視点で物語を描きました。
それから5年が経ち、その時に自分が描いたゲバラのマンガの中のフレディと同様のストーリーを、阪本監督が映画化をしたと聞き、今回のお話しを縁と思い、ご一緒させていただきました。
映画は彼の医学生時代がメインで、フレディの青春映画としても楽しませて頂きました。フレディ役を演じたオダギリジョーさんが日本人離れした容姿なので、見事に日系二世フレディを演じられていて、流暢なスペイン語も素晴らしく、さすがだと思いました。

【STORY】
50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、一人の日系人がいた――。
キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているゲバラは、1967年にボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである“エルネスト”を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。


映画『エルネスト』
2017年10月6日公開

監督・脚本:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス
※日本・キューバ合作
配給:キノフィルムズ、木下グループ
オフィシャルサイト:http://www.ernesto.jp/

(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.