太賀、NHKドラマ初主演『1942年のプレイボール』が8月12日(土)放送。「息づかいや体温が感じられるほど濃く描かれている」

太賀、NHKドラマ初主演『1942年のプレイボール』が8月12日(土)放送。「息づかいや体温が感じられるほど濃く描かれている」

太賀のNHKドラマ初主演作、土曜ドラマスペシャル『1942年のプレイボール』が8月12日(土)に放送される。

本作は、戦前から戦後にかけて、日本のプロ野球で活躍した実在する4人の兄弟、野口明、二郎、昇、渉の姿を描いたスペシャルドラマだ。

太賀が演じるのは、4人兄弟の中でも、“大谷翔平”(北海道日本ハムファイターズ)に匹敵する二刀流で、休まずに試合に出続ける姿は“鉄腕”と賞賛された次男の野口二郎。そして、二郎の兄・野口明役を勝地涼、明の婚約者・喜美子役を忽那汐里が演じる。脚本は、『半沢直樹』『下町ロケット』などで知られる八津弘幸が手掛ける。

【太賀コメント】
野口二郎は実在する職業野球で輝かしい成績を残した一流の選手です。このドラマでは、戦争に巻き込まれた4人の兄弟が揃って同じ夢を共有します。戦争の影響で大好きな野球や、あたりまえの生活を失っていく中で、野口二郎が兄弟の思いを背負ってマウンドに向かう役どころを演じます。
クランクインする前、自分も含め4兄弟を演じる勝地さん、斎藤さん、福山さんで2泊3日の合宿を行いました。同じ部屋に寝泊りして、日中は野球練習する、文字通りの合宿です。この合宿を機に4人の距離が近づき、ドラマの中での兄弟の関係がとても自然に、息づかいや体温が感じられるほど濃く描かれています。
撮影に対する気負いはなく、出演者・スタッフのみなさんと一緒に作り上げていくなかで、やれる限りのことはやっている自負があります。その気持ちをご覧になられる方にも伝わる作品に仕上がっていると思います。

【作者・八津弘幸コメント】
正直なことを言います。野球、そんなに好きじゃありません。すみません。 中学時代、親友と同じ部活に入りたいという安易な理由で野球部に入りましたが、厳しい練習に耐えられず半年で辞めました。要するに逃げたわけで、僕は自由を手に入れると同時に、友情を失いました。以来30年、スポ根とか体育会系というものに、ずっと後ろめたさを感じて生きています。
そんな僕が、命がけで野球を続けようとした野口兄弟を書くことなんて出来るのだろうかと、途中何度も怖気づきましたが、一年以上かけて企画を温めてきた監督、プロデューサー、スタッフの方に支えられて、なんとか最後まで投げ切ることが出来ました。
後年親交を取り戻した野球部の親友にも、ぜひ見てねと胸を張って言いたい。そんな作品になったことを感謝します。

【演出・桑野智宏コメント】
2015年、“2刀流”として注目が集まる大谷翔平選手を取り上げたネットニュースで、“元祖2刀流”として紹介されていたのが野口二郎さんだった。 二郎さんは戦前に甲子園を春夏連覇し、職業野球入り。プロでもエースで4番。1939年~43年の5年間で、チーム総勝ち星251勝のうち156勝をあげる。日本プロ野球記録の延長28回を344球で完投。通算237勝・830安打。マンガではない、事実だ。 しかし、野球界のスター選手だからドラマにしたいと思ったわけではない。戦争がすべての人から大切なものを奪い始めていたこの時代に、二郎さんは何かを守ろうと投げていたのではないか?ご遺族への取材や野球殿堂博物館の資料を読む中でそんな気がしたからだ。
二郎さんが守ろうとしたものは何なのか?それはご覧頂く皆さんにとって何か?ドラマを見て頂いた後に、そんなことに思いを寄せて頂ければ幸いです。

【STORY】
昭和16(1941)年、野口二郎(太賀)は、職業野球の大洋軍でチームのエース、打っては4番の大活躍を見せていた。三男・昇(斎藤嘉樹)も阪神軍に入団、四男・渉(福山康平)は甲子園大会が中止になったものの、プロを目指していた。12月、太平洋戦争が始まると、長男・明(勝地涼)が兵役を終えて満州から帰国する。かつては名投手で弟たちの憧れだった明だが、戦地で体を酷使したために肩を壊していた。明は自信を失い、婚約者である喜美子(忽那汐里)に思わぬことを告げる。二郎は明にかつての自分を取り戻してほしいと必死になるがー。


土曜ドラマスペシャル『1942年のプレイボール』
放送予定:2017年8月12日(土) 午後7:30~8:45<総合・全国放送>
作   :八津弘幸
音楽  :渡邊崇
語り  :三宅民夫
出演  :太賀、勝地涼、忽那汐里、斎藤嘉樹、福山康平、須田亜香里(SKE48)、
     佃典彦、阿部亮平、田中俊介、足立佳奈、宮崎美子、でんでん ほか
演出  :桑野智宏(NHK名古屋放送局)
制作統括:吉永証(NHK名古屋放送局)

オフィシャルサイト
http://www.nhk.or.jp/dodra/1942/index.html