霊長類最強・吉田沙保里がワンダーウーマン姿に! 「もっともっと強くなりたいと思わせてくれる映画」

霊長類最強・吉田沙保里がワンダーウーマン姿に! 「もっともっと強くなりたいと思わせてくれる映画」

8月25日(金)公開の『ワンダーウーマン』のイベントが16日(水)に名古屋で開催され、“霊長類最強女子”の吉田沙保里と、本作でワンダーウーマンの幼少期の日本語版吹替声優を務める新井美羽が登場。名古屋のシンボル“ナナちゃん”人形と共にワンダーウーマンのコスプレ姿を披露し、それぞれに本作の見どころを語った。

 

ワンダーウーマンの衣装に身を包んだ“ナナちゃん”人形を前に、吉田は「今日はナナちゃんと同じ衣装を着られて嬉しくて幸せです。やっぱりナナちゃんは大きいので、すごい強そうですね」と語り、全長6メートル10センチもあるナナちゃんに圧倒された様子。そんな吉田も、劇中でガル・ガドットが演じるワンダーウーマンとそっくりな赤と青のセクシーなコスチュームを着用。「着心地は最高です。霊長類最強と言われていますが、これを着るとさらに強くなった気がします!」とコメントして、会場を沸かせた。

ここで、吉田が“最強の美女戦士”になるための技を新井に伝授することに。吉田は興奮気味に「最強の技と言えばタックルですよね。その技を教えるので美羽ちゃんにも強くなってほしいです」と、その場で身振りを交えながら“生タックル”を伝授。吉田が足を広げてお手本を見せると、会場からは歓声が上がる。新井も吉田直伝のタックルを見事決めて、「今から戦いたいです!」と熱くコメントした。

本作では、全編にわたって繰り広げられる迫力のアクションシーンに加え、ワンダーウーマンとクリス・パインが演じるパイロットのスティーブとのラブストーリーも見どころの一つ。その恋愛要素にちなんで、“守ってあげたい、もしくは守られたい男性の存在”を聞かれた吉田は、「いや~、今はいないですね。これからこの映画のように二人三脚で歩んで行けるようなパートナーが欲しいです」と回答。続けて、「女性では守ってあげたい方はたくさんいますね」と語り、会場をさらに沸かせた。

世界中で大ヒットを記録している本作は、先日発表された“ティーン・チョイス・アワード 2017”で、アクション映画作品賞と、アクション映画女優賞(ガル・ガドット)、同男優賞(クリス・パイン)に選出されるなど、アメリカのティーンたちからも支持を獲得。さらに子供たちが制服の代わりにワンダーウーマンのコスチュームで登校するなど、大流行していることについて吉田は、「日本でもそういう人が増えたら嬉しいですね。私も今日服を着させてもらって本当に強くなったと感じますし、甥っ子や姪っ子にも着させてあげたいです。一緒にワンダーウーマンを観たいと思います」と、日本での『ワンダーウーマン』ブームに期待を寄せた。

そして本作の魅力について、「すごく強い女性ということもありますが、その中に面白さや感動などいろいろ入り混じっているので、この夏、家族で観てほしいです。私ももっともっと強くなりたいなと思わせてくれる映画でした」と、吉田でさえも驚くほど強いワンダーウーマンを絶賛。新井も「とても強くてかっこ良かったです。映画を観ながら、手を叩いて大興奮しました」と語り、「友達や家族とみんなで一緒に何回でも観たいです」と笑顔で語った。

【STORY】
ワンダーウーマンが生まれたのは、女性だけが暮らす島。ダイアナ(ワンダーウーマン)はその島のプリンセスだった。ある日、不時着したアメリカ人パイロットを助けたことから、外の世界で戦争が起きていることを知る。彼女は自身の力で「世界を救いたい」と強く願い、二度と戻れないと知りながら故郷をあとにする……。そんな彼女は、初めての世界で何を見て、何のために戦い、そして、なぜ美女戦士へとなったのか!?


映画『ワンダーウーマン』
2017年8月25日(金)公開
監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パイン
配給:ワーナー・ブラザース映画
オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/

ntg_r1_c6v72_170418_022jt_g_r709.106832.tif


(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC