『攻殻機動隊』シリーズファン必見! 辻本貴則制作『ゴースト・イン・ザ・シェル』&『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』マッシュアップ映像公開

『攻殻機動隊』シリーズファン必見! 辻本貴則制作『ゴースト・イン・ザ・シェル』&『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』マッシュアップ映像公開

スカーレット・ヨハンソンが主演をつとめた日本発のSF コミック『攻殻機動隊』を実写化した『ゴースト・イン・ザ・シェル』ブルーレイ&DVD が本日8 月23日(水)発売。リリースを記念して、辻本貴則が制作した『ゴースト・イン・ザ・シェル』&『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』マッシュアップ映像が公開された。

本作は、士郎正宗によるSFコミック『攻殻機動隊』を原作に、押井守監督が映画化したSFアニメの傑作『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の要素を追加し、ハリウッドで実写映画化。人と機械の境界線が消えゆく近未来を舞台に、脳とわずかな記憶を残して全身が機械化された、公安9 課最強の捜査官・少佐が、全世界を揺るがすサイバーテロ事件を発端に自身の過去の記憶と向き合う姿を描く。

公開されたマッシュアップ映像は、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』での象徴的なシーンと『ゴースト・イン・ザ・シェル』で実写化された映像が、シンクロし展開していく力強い映像に仕上がっており、シリーズファンならずとも必見の内容となっている。

押井守は「生身の人間が義体を演じるとあの表情になるのかと、スカーレットの演技にただただ驚かされた。シンプルながら力強い作品なので見たことがない人こそ楽しめるしオススメです。さすがハリウッド、どのシーンも隙がない。映像のディティールの表現に注目してもらえばいいと思う」とコメントを寄せている。

なお、ブルーレイ&DVDは通常版に加え、数量限定生産として『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』と本作とのブルーレイツインパックの商品も同時発売。ボーナスディスクには、ルパート・サンダース監督のインタビューの他、舞妓ロボットや義体の制作・撮影過程が収録されており、CGではなく、可能な限り特殊効果(アニマトロニクス)の技術が駆使されて撮影された本作の凄さがつたわる内容となっている。


『ゴースト・イン・ザ・シェル』ブルーレイ+DVD+ボーナスブルーレイセット(※初回限定生産) 
価格:3,990円+税

【数量限定生産】『ゴースト・イン・ザ・シェル』&『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』ブルーレイツインパック+ボーナスブルーレイセット 
価格:7,590円+税

『ゴースト・イン・ザ・シェル』[4K ULTRA HD + Blu-rayセット] 
価格:5,990円+税

ゴースト・イン・ザ・シェル 3Dブルーレイ+ブルーレイセット
価格:5,990円+税