岩田剛典、ノーランとの初対面に大興奮! ノーラン&岩田、記者会見で『ダンケルク』の見どころを熱弁

岩田剛典、ノーランとの初対面に大興奮! ノーラン&岩田、記者会見で『ダンケルク』の見どころを熱弁

9月9日より公開される『ダンケルク』のクリストファー・ノーラン監督が24日(木)、都内で開催された来日記者会見に出席。会見にはノーランファンを公言する岩田剛典 (EXILE / 三代目J Soul Brothers)も駆けつけ、本作への熱い想いを語った。

1940年の海の街・ダンケルクを舞台に、実際に起こった史上最大の救出作戦を描き、ノーランにとって実話の映画化は初挑戦となった本作。ノーランは史実を基にした映画を撮るにあたり、事前に徹敵的にリサーチを重ねたことを明かし、「取材して直接話を聞いて、心を揺さぶらました。この映画では、彼らの体験談をフィクションの人物たちに語らせるという手法を取りました」と語った。

本作では、戦闘ではなく人々を“救出”する物語が展開。それゆえに、劇中に残虐的な描写がないことについては、「これは戦闘の話ではなく“撤退”の物語だからです。逃げなければならないからサスペンススリラーとして描きました。だからこの映画は、目をそむけたくなるのではなく、目が釘付けになってしまうというアプローチで撮っています。この映画にある緊張感は、他の戦争映画とは違った緊張感。そして何より、時間との闘いであるという点も、この映画をサスペンスフルな作品にしているのです」と明かした。

そんな“撤退”の物語を題材にしたことに関して、「ダンケルクでの出来事は、個人の業績を称賛する傾向にありますが、みんなが協力し合って出来ることの偉大さ、個人ではなし得ないことでも力を合わせればできるということがメッセージだと思う。それはどの文化圏でも地域でも共感してもらえる」と作品をアピールした。

ここで、岩田剛典がステージに登場。ノーランと初対面を果たした岩田は「感激です! 表現者である前に、一人のノーランファン。今日はノーラン監督に会えてすごく光栄です」と笑顔を見せる。本作について「今までのノーラン作品とテイストも違いますし、実話を基に作った作品ということで、良い意味でノーランぽくないと思いました。でもそこは“ノーラン節”じゃないですけど、作品が始まって5秒くらいで戦場に連れていかれました。あたかも自分が戦場にいるかのような、VR体験じゃないですが、疑似体験をさせてもらえました」と本作を絶賛。続けて、「音もずっとチクタク鳴っているのも印象的で。……ネタバレまで話しちゃいそうなんでやめます(笑)」と語り、興奮のあまりラストまで話しそうになった岩田に、ノーランも思わず笑顔を浮かべていた。

さらに岩田は、「戦争映画、戦争がテーマですが、エンターテイメント作品でもあり、ドキドキハラハラさせられる映画。テーマ性を抜きしにしても楽しめますし、登場人物それぞれにストーリーがあります。当時の人たちの心情ですが、現代の生活の中でも実感、共感できると思います」と本作の見どころを力強く語る。それを受けてノーランは「特に若い世代に訴えかけられるような作品であってほしい。キャスティング上でも、実際に戦っていたのは20歳前後の兵士でしたから、若い俳優に出てもらっています。これは非常に大事なポイント。自分と同じ年齢の人がこういう現状を突き付けられていたというのを見せたかった」と語る。

また、以前にノーランについて“頭の中を覗いてみたい人ナンバーワン”と語っていた岩田は、「ノーラン監督の作品は、画が決まっている。画を想定して、結果が分かったうえで逆算して撮っている気がする。その映像を撮るには、インスピレーションや表現したいものが明確にないといけないですし、あるだけでは具現化できなくて、いろんな人の協力がないと形にするのが難しい。それをハリウッドで、商業映画で、作りたいものを作っている監督は本当にすごい。純粋に頭の中を見てみたい。その才能が羨ましいです」と大絶賛。ノーランは照れ笑いを浮かべながら、「監督は才能ある人々を集めて、彼らの視点を束ねて、いろんな意見に一貫性を持たせることが仕事。それが上手くいけば、洗練された映画ができる。映画のビジョンを明確にし、いろんなパズルを組み合わせるという作業です」と持論を語った。

さらに岩田からの「作品作りで最も重点を置いていることは?」という質問に対しては、「映画作りにはいろんな段階を経て完成にこぎつけますが、どの作業も好き」と前置きしながらも、「中でも一番好きなのは音のミクシングのときですね。数千という音、効果音をあわせて、より良い作品にするための作業。観客にとってベストな体験になるように考えるわけで、非常に充実感のある作業です」と明かした。

ここで、ノーランからサプライズで『ダンケルク』のサイン入り脚本を贈られた岩田。「めちゃくちゃ嬉しい……童心に返りました」と岩田は喜びを爆発させ、ノーランにハグ。最後に2ショットでフォトセッションを行い、イベントが締めくくられた。

【STORY】
海の町、ダンケルク。追いつめられた英仏軍40万、撤退を決断。若き兵士トミーは、絶体絶命の窮地から脱出できるのか!? 民間船もが救助に関わった、史上最大の救出作戦が幕を開ける。


【映画情報】
映画『ダンケルク』
2017年9月9日公開

監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン
出演:トム・ハーディ、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、ハリー・スタイルズ ほか
オフィシャルサイト dunkirk.jp

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.