新海誠、デビュー15 周年記念『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』11 月11日(土)より国立新美術館にて開催

新海誠、デビュー15 周年記念『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』11 月11日(土)より国立新美術館にて開催

アニメーション映画監督・新海誠のデビュー15周年を記念して『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』が、2017年11月11日(土)~12月18日(月)に国立新美術館(東京・六本木)で開催される。

新海誠は、2002年に短編アニメーション『ほしのこえ』で商業デビュー。それから15年、 “美しく壮大な世界ですれちがう男女の物語”を完成度の高い作品に結晶させ、世代や国境を越えて多くの人々をひきつけている。

本展は、新海誠の貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物などを通じて紹介。個人制作の『ほしのこえ』から、集団制作に挑み、初の長編作品にして毎日映画コンクールで受賞した『雲のむこう、約束の場所』、今もなお熱狂的に語り継がれる『秒速5センチメートル』、本格ジュブナイルファンタジー『星を追う子ども』、デジタル時代の映像文学『言の葉の庭』、そして昨年公開し記録的な大ヒットとなった『君の名は。』までを完全網羅し、新海誠アニメーションの魅力とその軌跡に迫る。

また、開館10周年となる国立新美術館は、他会場より広い2000平米もの展示空間になるため、巡回展での展示内容に加え、初公開を含む制作資料類が多く展示される予定だ。

※写真は静岡会場の様子

展示内容
制作資料の展示:新海誠監督による企画書や絵コンテをはじめ、設定資料や美術背景、映像や原画など貴重な資料を展示し、作品の制作の過程をひもといていきます。
言葉の展示:各作品から選りすぐった印象的なセリフや、モノローグ、キャッチコピーなどを、様々な展示方法で紹介。
音楽の展示:作品をより魅力的なものにしている音楽にも注目し、作品とともに展示します。
映像の展示:各作品から魅力的な風景描写をカテゴリーに分けて展示し、その鮮やかで美しい風景を大画面で存分に味わうことができます。
※展示内容は変更になることもあります
章構成
【1章】ほしのこえ
【2章】雲のむこう、約束の場所
【3章】秒速5センチメートル
【4章】星を追う子ども
【5章】言の葉の庭
【6章】君の名は。


国立新美術館開10周年 
『新海誠展 新海誠展 -「ほしのこえ」から君名は。まで -』東京会場 
2017年11月11日(土)~ 12月18日(月) 
※休館日 :毎週火曜日
開催時間 : 10:00 ~18:00(毎週金曜日 、土曜日 、土曜日 は 20:00 まで) 
※入場は閉館の 30分前まで 分前まで
会場 : 国立新美術館 企画展示室2E
入館料 :〔当日〕 一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生800 円
〔前売/団体〕 一般 1,400円、大学生 1,000円、高校生600 円
・団体券は 国立新美術館のみで販売(20 名以上) 名以上)
・中学生以下無料 ・中学生以下無料 ・中学生以下無料
・障がい者手帳をご持参の方は入場無料(付添1名含む) 
※前売券発日やその他企画チケットは、詳細が決まり次第展覧会ホームページにて発表
主催 : 国立新美術館、 朝日聞社、東宝、テレビ朝日 、コミックス・ウェーブフィルム 、アミューズ

展覧会ホームページ  http://shinkaimakoto-ten.com/

【巡回展情報】
大岡信ことば館(静岡会場):2017年6月3日(土)~8月27日(日)
小海町高原美術館(長野会場):2017年9月2日(土)~10月29日(日)
札幌芸術の森美術館(北海道会場):2018年1月3日(水)~2月25 日
北九州市漫画ミュージアム (福岡会場):2018年7月 21 日(土)~ 9月24日(月 ・祝)
以降、全国巡回予定。