劇場アニメ『曇天に笑う〈外伝〉~決別、犲の誓い~』豪華キャストコメント到着! パッケージ版も発売に

劇場アニメ『曇天に笑う〈外伝〉~決別、犲の誓い~』豪華キャストコメント到着! パッケージ版も発売に

明治維新の後、激動の時代に大切にするものを護ろうとする若者たちの絆と、宿命の戦いを描く、唐々煙の人気コミック『曇天に笑う』(マッグガーデン刊)シリーズ。2014年にはTVシリーズが放送され、現在は、前日譚となる舞台『煉獄に笑う』が上演中、2018年3月には実写映画『曇天に笑う』の公開も控えている話題作だ。

そのシリーズの1作、『曇天に笑う 外伝』が劇場アニメ3部作として公開される。第1作目は前篇『曇天に笑う〈外伝〉~決別、犲の誓い~』。アニメ-ション制作を手がけるのは、『進撃の巨人』や『甲鉄城のカバネリ』で有名なWIT STUDIO。 公開日は2017年12月2日(土)だ。

そのアフレコが先日行われ、曇三兄弟の長兄・天火役の中村悠一、梶裕貴、代永翼、鳥海浩輔、櫻井孝宏など豪華キャストが集結。アフレコの感想やファンへのメッセージが届けられた。

さらに本作は、劇場公開と同時に劇場限定版Blu-rayも発売に! 劇場限定版には「『決別、犲の誓い』サウンドトラックCD(仮)」や、2018年冬に開催予定のプレミアムイベント優先申込み用のシリアルコード(申し込みには、その後発売される中篇、後篇の劇場限定版Blu-ray封入の各シリアルコードが必要)が特典として封入される。

なお、通常版Blu-ray/DVDも2018年1月10日のリリースが決定。公式サイトでは、店舗別特典も公開されている。

多くの話題を振りまく『曇天に笑う』シリーズ。まずは前篇『曇天に笑う〈外伝〉~決別、犲の誓い~』の公開を楽しみにしよう。

【あらすじ】
歴史の裏側でこの国を護る──。
あの頃の俺たちは、真剣に夢みていた。

三百年に一度蘇る魔物・大蛇復活の十一年前。
歴史の裏で国を護ることを志した者たちがいた。
それは大蛇討伐のため結成された部隊・犲(やまいぬ)。
曇家当主・大湖が師範を務めるその隊には、天火だけでなく、
天火の盟友・安倍蒼世、佐々木妃子らの姿もあった。

だがある事件をきっかけに、
天火は志を同じくした犲たちと、道を分かつこととなる。
部隊に属したままでは、護れぬものがあったから──。

明治十二年。大蛇が滅び、晴れ渡る滋賀の空の下で、
犲と曇兄弟たちは天火の秘めたる思いを知る。

SONY DSC

【中村 悠一(曇天火 役)コメント】
少し前にお話をいただいて、原作にもある「外伝」ではありますが、TVアニメは区切りよく終わっていたのでどういった展開をしていくのか楽しみでした。ほぼすべてのキャストがそろってアフレコができたのがうれしかったです。数少なく参加できなかったメンバーに、兄弟のひとりである代永さんがいたのが残念で堪りません。とはいえ掛け合う箇所が多いわけでもなかったのでやっぱりどっちでもいいかな!って思いました(笑)。鳥海さん演じる蒼世が同じ時間で収録できた部分が一番助かりました。掛け合いが多かったので!劇場上映されることになった曇天ですが、外伝から観ても大丈夫かな?と不安な方も多いかもしれません。よろしければ原作等で予習をしてもらえると、より深く楽しめると思いますが、そのまま観ていただいても伝わる内容かと思います。ご期待ください。

【梶 裕貴(曇空丸 役)コメント】
外伝の劇場アニメ化と聞いた時は「もう一度、空丸を演じることが出来る!」と、とても嬉しかったです。僕らにとっては約三年ぶりの曇天。時の流れの早さに驚かされます。相変わらず、真っ直ぐで全力な空丸。修行を続けているものの、依然として蒼世に全く歯が立たない感じを見て、思わず「空丸だなぁ」と感じてしまいました。(笑) 原作マンガやTVアニメ版で復習していただきつつ、今しばらく、楽しみにしてお待ちください!特に犲ファンの皆様、必見です!

【代永 翼(曇宙太郎 役)コメント】
凄く嬉しかったですね!また、こうして曇三兄弟に会えるとは思ってもいなかったので。ただ、宙太郎の声が出せるのか不安ではありました(笑)。やっぱり宙太郎は底抜けに元気。そして語尾に「〜っス」と特徴的なしゃべり方をする子なので、
毎回演じるたびに凄く楽しいし、元気をもらえる。今回も演じさせていただいて周りを照らす太陽みたいな子だなって改めて思いました。全部が大好きです!!
曇天ファンの皆さまお久しぶりです。曇天に笑うがこうして帰ってまいりました。
今作は前作でも凄く泣けたのですが、それを上回るくらい感動します。ぜひ、最後まで楽しんでください。見て後悔はしませんよ!!

【鳥海 浩輔(安倍蒼世 役)コメント】
再び彼らに出会えるとは思っていなかったので少々ビックリしたのと同時に、非常に嬉しかったです。しかも劇場版ですからね。いや~、スゴイですねぇ。蒼世さんは、あまり感情が表に出ないので、演じる上では、そこら辺のサジ加減が難しいのですが、たまに見える感情の幅や笑顔がステキなのでしょう。いわゆるズルいヤツです(笑)あと、とにかくイケメンです。フェイスが良い!応援して下さる皆様のおかげで、こうして劇場版というカタチでお届けする事が出来ます。素晴らしい出来上がりになると思いますので、もうしばらくお待ちいただければ、と思います。

【大原 さやか(佐々木紀子 役)コメント】
とても好きな世界観だったので、またあの中で演じることが出来ると思うと、嬉しくてたまりませんでした。支えてくださった皆さんのおかげですね♪妃子の、天火に対するあたたかい気持ちがそこかしこに見え隠れする可愛い所と凛々しくかっこいい所がとても好きなのでそのどちらもまた演じることが出来て、幸せでした。台本を読んだ時点で泣いてしまったくらい感動したのでこれを大きなスクリーンで観たらどうなってしまうんだろう!?(笑)愛すべきキャラクターたちの紡ぐ、あたたかいドラマをどうぞお楽しみください!!

【藤原 祐規(芦屋睦月 役)コメント】
凄く嬉しかったです!外伝を読ませていただいておりましたので、犲にスポットが当たるのかな?と思っていました。原作がとても重いテーマをしっかりきっちり描いておりますし、それを現場も追いかけるように追求しておりましたので、それが伝わったのかな…嬉しいです!!とにかく!!芦屋くんは、ほんとに謎の男。謎の男を演じるのは難しいですね。犲に対して、好ましく思っているというか、そこを自分の居場所と思っているわけですが、それを表に出す性格でもありませんから。でも、今回の外伝では、そんな芦屋くんの過去も出て来ます。芦屋睦月というキャラクターの新しい一面を、楽しんでもらえたら幸いでございます。アフレコ時のエピソードは…岩崎さんが面白かったです笑 いや、もちろんいい意味でですよ。一言の台詞であんなに奇襲をかけるのか、と…。あんなに挑戦なさってる先輩の姿は、刺激を受けます。
応援ありがとうございます。曇天に笑う、外伝です。原作は読まれましたか?いいお話ですよね。それが、動いて喋ったらどうなるか。きっとご期待に添えるものになっているのでは。犲も出て来ます。過去の話とかあります。それを踏まえた上でまた本編とか観直していただけたらまた更に楽しめるのではないでしょうか。芦屋睦月くんも出て来ます。本編より喋ってました。はい。ご期待下さいませ。曇天に笑う外伝、是非是非ご覧下さいね!

【安元 洋貴(鷹峯誠一郎 役)コメント】
また犲隊の面々に、曇兄弟に会えてうれしかったです。鷹峯は人間味のあるタフガイ。かなり好きなキャラなので再び演じる事が本当に幸せでした。鷹峯は背伸びしないで演じられるキャラ。故にそんなに困ることはなかったです。あ、そうだ。少しだけアクションシーンがあるのですが、そこだけはパリッときまるように気を張りました。三兄弟が、そして犲隊が帰ってきました。彼らが織り成す曇天を晴らすまでのドラマ。是非、楽しんでください。

【藤原 貴弘(犬飼善蔵 役)コメント】
もう三年程経つでしょうか、ご連絡を頂いた時は当時の現場の空気を思い出し、またやれるのかとなんだか興奮していました。犬飼を演じていた感覚も体がちゃんと覚えていてくれているようで収録が待ち遠しかったです。
強面で巨大で力持ち、でも人懐っこくて優しい人です。たまたまですが自分がそうあれたらいいなぁと思っているある意味では理想の人物なんです。強面で巨大でなくてもいいですが(笑)残念ながら自分はまだそうなれてはおりません。体格も年齢も経験も色々と自分より”大きい”人なので今の自分では足りていない、その差の埋めかたをどうするかと色々悩みました。原作をお読みの方、TVシリーズを見て頂いた方、初めて『曇天に笑う』に触れる方。『曇天に笑う』は人の思いに触れる事が出来る胸にグッと来る作品だと思います。是非その思いに触れてみて下さい。

【岩崎 ひろし(屍千狼 役)コメント】
また出てきて、ラッキー!…ネ!! 屍さんの小さな体に合う、高―い声を出すのがムズかしかったネ 期待を裏切らない仕上がりネ!

【下野 紘(武田楽鳥 役)コメント】
どれぐらいぶりでしょうか・・・まさか『曇天』が、再びアニメ化されるとは思ってなかったので、ビックリしました。何しろ、物語的にはTVシリーズで完結してましたからね・・・。今回、外伝ということで、様々な時系列の話がオムニバス形式で展開されていきます。楽鳥の出番は、どんな感じになっているのか、ボク自身気になってます。(笑) まぁ、今回は難しいも何も、小さい頃の楽鳥が頑張っていたので、大きい楽鳥としては・・・いや、難しいとこ、あった!今回、名乗りを上げるシーンがあり、ボクの前が屍役の岩崎さんだったんですが、リハーサルの時、『あんな声』だったことをすっかり忘れていて、直前で危うく吹き出しそうになりました・・・いやぁ、あれはつらかったです。 前篇では、大きい楽鳥はあまり活躍しませんが、どうやら後篇があるらしくそこでは活躍するらしいので、その機会を待ちつつ、前篇で繰り広げられた物語がどう後篇に繋がっていくのか、そして、気になるラスト・・・そこから、どんな展開になるのか楽しみにしててください!

【鈴村 健一(比良裏 役)コメント】
映画化はびっくりしました!さらに、比良裏の出番があって嬉しかったです。比良裏は、あの飄々としているところが好きなのですが、それ以上に牡丹を一途に想っているところが素敵です。今回の映画もそれを感じさせるシーンがありました。相変わらず、いい男です(笑)3年ぶりの曇天に笑う!皆さん思いっきり曇天の世界に酔いしれてください!

【佐藤 利奈(牡丹 役)コメント】
外伝は個人的にも大好きなお話だったので、映像化されると聞いてとても楽しみにしていました。原作には登場していましたが、どう描かれるのか台本をいただくまで分からなかったのでドキドキしておりました。台本に牡丹と比良裏の文字を見つけた瞬間はすごく嬉しかったです…!!比良裏の真っ直ぐさに原作を読んでいてもキュンとしていたので、やはり二人の掛け合いが印象的です。錦を優しく見守る牡丹の表情も心に残っています。スタジオでお稲荷さんを美味しそうに頬張っている鈴村さんが何だか比良裏っぽくて、こちらも印象的でした♪大蛇討伐後、犲の皆さんの過去物語を主軸に進んでゆく今回の物語。曇家のお墓の前でのやり取りは本当に心揺さぶられるシーンです。次巻以降、どのように物語が描かれていくのか、私自身も楽しみに待っております。波乱の外伝序章、ぜひご覧ください!!

【能登 麻美子(錦 役)コメント】
TVシリーズから約3年が経ち再び映像化が決まったこと、しかも今回は劇場版ということで、TVシリーズとは違った形でお客様に楽しんで頂けることを思うと感慨深いものがありました。錦をまた演じられることも嬉しかったです。空丸のことを想う気持ちがより深くなっていて…優しい表情をしながら好きな人のことを語る錦に、何だかいとおしさを感じました。グッと込み上げてくるものがあり、思わず目頭が熱くなる…。そんな場面が幾度もあるかと思います。家族の愛、仲間の愛に溢れた<外伝>を是非とも楽しみにしていて下さい!!

【櫻井 孝宏(金城白子 役)コメント】
劇場のアニメ化は想定外というか、作品のパワーを感じました。引き続き白子役で出演が決まって嬉しかったです。頑張ります!TVアニメ以降の展開になるので、居場所が変わる難しさがありました。たくさんの人に観ていただきたいです。是非、劇場に足を運んでください。


『曇天に笑う<外伝> ~決別、犲の誓い~』
2017年12月2日(土)公開


【キャスト】
曇 天火:中村 悠一      
曇 空丸:梶 裕貴
曇 宙太郎:代永 翼
安倍 蒼世:鳥海 浩輔
鷹峯 誠一郎:安元 洋貴
佐々木 妃子:大原 さやか
芦屋 睦月:藤原 祐規
犬飼 善蔵:藤原 貴弘
屍 千狼:岩崎 ひろし
武田 楽鳥:下野 紘
比良裏:鈴村 健一
牡丹:佐藤 利奈
錦:能登 麻美子
金城白子:櫻井 孝宏
曇 大湖:大川 透
曇 小雪:折笠 富美子

【スタッフ】
原作:唐々煙「曇天に笑う〈外伝〉」(マッグガーデン刊)
監督:若野哲也
シリーズ構成:梅原英司
キャラクターデザイン:田中紀衣
音楽:やまだ豊
アニメーション制作:WIT STUDIO
配給:松竹メディア事業部
製作:松竹/Production I.G/キノシタ・マネージメント

©唐々煙/マッグガーデン・曇天に笑う外伝製作委員会
©唐々煙/マッグガーデン

オフィシャルサイト donten-anime.jp
公式Twitter:@donten_anime


劇場限定版Blu-ray(※完全数量限定)
2017年12月2日(土)発売
価格:8,500円(税込)

通常版Blu-ray/DVD
2018年1月10日(水)発売
通常版Blu-ray 価格: 7,400円(税別)
通常版DVD 価格:6,500円(税別)

【劇場限定版 特典内容】
・「決別、犲の誓い」サウンドトラックCD(仮)
・2018年冬プレミアムイベント優先申込み用シリアルコード①

【劇場限定版/通常版 共通特典】
外装:原作者唐々煙による描き下ろし三方背BOX
封入特典:原作者唐々煙による描き下ろし漫画付きブックレット
音声特典:
・ドラマCD 「天火、旅立ちの日に」(中村悠一、鳥海浩輔、大原さやか)
・キャストトーク (中村悠一、鳥海浩輔)

発売・販売元:松竹

『曇天に笑う』原作