映画『トリガール』、初日舞台挨拶開催。「ワンダーなウーマンより、トリなガール!!(笑)」

映画『トリガール』、初日舞台挨拶開催。「ワンダーなウーマンより、トリなガール!!(笑)」

本日9月1日(金)より全国公開される映画『トリガール!』の初日舞台挨拶が行われ、土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、英勉監督が登壇した。

本作は、作家の中村航が、母校・芝浦工業大学の人力飛行サークル“Team Birdman Trial”をモデルに描いた青春部活小説『トリガール!』を、大ヒット映画『ヒロイン失格』の英勉監督が実写映画化した青春エンタテインメント。

昨年の夏に撮影を行った本作。撮影中どんな夏だったのかという質問に、土屋は「すごく深い夏でした。」と一言で表現。すると間宮は、「“深い夏”という表現はなかなかしない。そこが新しい。どっぷりと夏につかったということを伝えたかったみたいなんですけど、夏を深さで表現するのがまず斬新な視点(笑)」と解説した。

また、「(撮影が)単純に楽しかったです。本当に好き勝手言わせていただきましたが、太鳳の反応が一つ一つ新鮮で、イキイキとした映画になったと思います。原作を読ませていただいた時に、活字が躍りだすようなリズムだったり、呼吸みたいなことを感じて、僕たちが演じることで、心で感じるというより肌で感じるられるような映画になったらいいなと思っていたので、その勢いみたいなものは映画で表現できたんじゃないかなって思います」(間宮)、「坂場先輩(間宮)との掛け合いとコックピットの暑さ、そしてスピードとの戦いだったんですけど、コックピットの中は絶対にタイミングをはずしちゃいけないアドリブの応酬で、いろいろな意味で真剣勝負だったなと感じます。限界を感じた先に最高の自分に会えるのかなと思うことができましたが、それは英組という素晴らしい仲間ががいたからこそできたことなので、熱い青春でした」(土屋)と撮影時を振りえった。

英監督は「本当にみんな仲よさそうでしたよ。ずっと一緒にいてしゃべってるし(笑) みなさん、短い映画ですので、何回も観てくださいね! そして観終ったら『関ケ原』よりいいよ。とかみんなに言ってください(笑) ワンダーなウーマンよりも、トリなガールのほうがいいとかさ(笑)」と作品をアピールすると会場は笑いに包まれていた。

最後に、本作について、「名言のような、人を救うようなセリフがたくさん散りばめられていたので、観終った後に思い出して、みなさんの支えになってくれればいいなと思っています」(池田)、「自身をもって面白い映画になっていると思っています。本当に素敵な映画になっているので、たくさんの人に観ていただきたいです」(高杉)、「老若男女問わず誰でも楽しめる映画だと思います。別に泣かせる映画でもないし、ラブコメのラブの要素が少ないところが個人的にはいいなと思っていて、最後は笑い泣きできる映画になっています」(間宮)とコメント。


土屋も「原作も映画も名言の宝庫。言葉の一つに『勇気ってのは無謀とは違う、勇気は愛から生まれるんだ』っていう言葉があって、まさに人力飛行機は、たくさんの愛から生まれて、勇気で飛ぶと思うんです。映画も同じで、琵琶湖で受け取った奇跡、みなさまの笑顔をこの作品に乗せて、このメンバーで最高のビックフライトを目指したいと思います! トリガール、飛びます! 末永く宜しくお願いします!」と体育会系の挨拶でしめた。


『トリガール!』
9月1日(金)よりTOHOシネマズ新宿 ほか全国ロードショー
出演:土屋太鳳、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、ナダル、矢本悠馬 ほか
監督:英勉(『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』『ヒロイン失格』ほか)
原作:中村航(『100回泣くこと』『デビクロくんの恋と魔法』ほか)
主題歌 「空も飛べるはず」 / 挿入歌 「ALL RIGHT」:ねごと
配給・宣伝:ショウゲート
制作プロダクション:ダブ
(C)2017「トリガール!」製作委員
映画『トリガール!』オフィシャルサイト 
http://torigirl-movie.com

『トリガール!』 原作