コムアイが妖精に!? 水曜日のカンパネラ、宮城の海岸での幻想的なライブを公開

コムアイが妖精に!?  水曜日のカンパネラ、宮城の海岸での幻想的なライブを公開

水曜日のカンパネラが、『Reborn-Art Festival 2017』にて8月31日に行った生配信ライブの模様を公開した。

『Reborn-Art Festival 2017』は、7月22日から宮城県石巻市市街中心部、牡鹿半島を中心に開催されている芸術と食と音楽のイベント。このイベント内の『51日間、毎日どこかで音楽が鳴っているプログラム』の一環として、8月31日に牡鹿半島中部の荻浜港近辺で水曜日のカンパネラ生配信ライブが行われた。

ライブは、荻浜の港で使われる牡蠣用のカラフルなブイが並ぶ幻想的な暗い森の中から幕をあける。

1曲目の「ゴッホ」が始まるとスモークの中から、赤とオレンジのバルーンを見に纏ったコムアイが登場する。

光に照らされたコムアイのオレンジの髪色とくねくねとした軟体動物のようなバルーンが一体となり、森の中からふと現れた妖精のようにも見える。“妖精”はこちらの様子を伺うかのように曲に合わせゆっくりと森の中から出てくる。

この独特の形をした生物的なバルーンは、『Reborn-Art Festival 2017』にも出展しているバルーンアーティストの細貝里枝氏とグラフィックデザイナー・アートディレクターの河田孝志によるバルーンユニット「Daisy Balloon(デイジーバルーン)」が手がけたもので、トータルのスタイリングをToshio Takedaが担当した。

続く曲は、最近フェスでも披露されたばかりの「桃太郎」のremixバージョン。コムアイはブイに触れたり、打ち上げられた小舟に乗ったり、『Reborn-Art Festival2017』の象徴的なアート作品、名和晃平作「White Deer(Oshika)」と戯れながら浜の中を自由に動き回っていく。

ビートが速くなるにつれて動きも加速し、コムアイは浜にあった貝殻で身に纏うバルーンを割ったりしながら楽しんでいる。

最後の曲「マルコ・ポーロ」では、イントロに合わせ波が打ち寄せる真っ暗な海岸をゆっくりと歩いていく。背後から差す光と交差しながら、時折波と戯れるコムアイが印象的だ。

ラストは、浜に残るコムアイが、海へ去っていくこちらを見送っているような、ただどこか少し悲しげな姿でライブは幕を閉じる。

KOM_IのInstagram、水曜日のカンパネラオフィシャルTwitter、『Reborn-Art Fes』オフィシャルInstagramにて配信されたこのライブは、直前の告知にもかかわらずトータル約3万視聴を記録。そして、水曜日のカンパネラのオフィシャルYouTubeにてこの模様が公開された。

ライブを生配信で楽しめなかった人もぜひ映像を見て体感してほしい。なお「Reborn-Art Festival 2017」は9月10日まで開催されている。

水曜日のカンパネラは、8月に続き9月も国内各地のフェスに出演。10月からは台湾2都市での初単独ライブ、タイラー・ザ・クリエイターが主催するアメリカはロサンゼルスで行われるフェス『CAMP FLOG GNAW CARNIVAL 2017』への出演と海を越えて海外でも精力的にライブを行っていく。

PHOTO BY Saki Yagi

『Reborn-Art Festival』OFFICIAL WEBSITE
http://www.reborn-art-fes.jp/

Daisy Balloon OFFICIAL WEBSITE
http://daisyballoon.com/

水曜日のカンパネラ OFFICIAL WEBSITE
http://www.wed-camp.com/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC