速報! 浅野忠信主演映画『幼な子われらに生まれ』がモントリオール世界映画祭で審査員特別賞受賞! 「幸福を運んでくれました!」(浅野)

速報! 浅野忠信主演映画『幼な子われらに生まれ』がモントリオール世界映画祭で審査員特別賞受賞! 「幸福を運んでくれました!」(浅野)

現在公開中の映画『幼な子われらに生まれ』。数々のベストセラーを手がけている直木賞作家・重松清が1996年に発表した傑作小説が原作で、刊行当時『ヴァイブレータ』『共喰い』などの脚本家・荒井晴彦が重松と映画化の約束を交わし、21年を経た今、監督・三島有紀子(『しあわせのパン』『繕い裁つ人』)の手によって、浅野忠信、田中麗奈、宮藤官九郎、寺島しのぶという個性溢れる豪華キャストで映画化が実現した。

この度、『幼な子われらに生まれ』が、8月24日~9月4日にカナダで開催されていた「第41回モントリオール世界映画祭」のコンペティション部門でグランプリに次ぐ審査員特別賞を受賞。本映画祭で9月1日と9月3日に上映された本作は、本年度のモントリオール映画祭で最高の動員数を記録し、「心に響いた」「泣いた」という観客が続出、「私も小さい頃に同じような経験をした事がある」など、国境を越えた普遍的な家族のカタチを描き、世界の観客を魅了した。

『幼な子われらに生まれ』の審査員特別賞受賞について、

「『DEAR ETRANGER』という題名に呼応するかの様に達者な演者が様々な側面を見せる事で、一見静かにスローに見える冒頭からの30分間に、実は水面下で複雑な緊張が張り巡らされている事に気付かされる。後半に入るとその緊張の糸が切れたり弾けたりして、一体それぞれのエレメントはどこに行くのだろうと思わせる。そこに一貫してイノセントな役柄を通しているのが、一番下の子どもであり、大人の世界で何が起ころうとも動じない。故に対比が一層増幅されるかのようである。英語とフランス語を交えたタイトル『DEAR ETRANGER』はモントリオールの日常にフィットしている。」

と審査員は評価している。

観客からも「DEAR ETRANGER」という英語タイトルについて、「見た後には特にそう思う。父親のクローズアップから映画の最後に出てくるメインタイトルで、なるほど、と腑に落ちるんだ。」と絶賛の声が挙がっている。

【浅野忠信コメント】
とても嬉しいです!
モントリオール世界映画祭という大きな映画祭で審査員特別賞をとれたのは、三島監督の粘り強さと三島組という1つの家族の支えがあったからだと思います!
みなさんが劇中の僕らの演じた田中家に幸福を運んでくれました!
浅野忠信

【三島有紀子監督コメント】
モントリオール世界映画祭の審査員特別賞をいただけて、海外の皆さまにも伝わったんだなあと、とても嬉しくて、とてもありがたくて、この喜びを、関わってくださったみんなで分かち合いたいです。
スタッフ、キャストのみさなま、おめでとうございます。
そして、この世に生きるすべての『DEAR  ETRANGER』(英題)=親愛なる異質な人へ・・・ありがとうございます。
監督・三島有紀子

【STORY】
バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン。田中信(浅野忠信)。妻・奈苗(田中麗奈)は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳(寺島しのぶ)との間にもうけた実の娘と3カ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。
実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言、「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田(宮藤官九郎)と会う決心をするが…


映画『幼な子われらに生まれ』
全国にて絶賛順次公開中!

出演:浅野忠信 田中麗奈/南沙良 鎌田らい樹 新井美羽 水澤紳吾 池田成志/宮藤官九郎 寺島しのぶ 
原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫)
監督:三島有紀子(「しあわせのパン」「繕い裁つ人」)
脚本:荒井晴彦
配給:ファントム・フィルム(2016年/日本/ビスタサイズ/5.1ch) 
オフィシャルサイト osanago-movie.com

ⓒ2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会