中村獅童、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也が白石和彌監督作『孤狼の血』に出演! 公開は2018年5月に決定

中村獅童、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也が白石和彌監督作『孤狼の血』に出演! 公開は2018年5月に決定

白石和彌監督の『孤狼の血』の公開日が2018年5月12日(土)に決定し、新たに中村獅童、ピエール瀧、音尾琢真、中村倫也が出演することが発表された。

『臨床真理』で「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、注目を集めるミステリー作家・柚月裕子の小説を映画化する本作は、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』などの白石和彌がメガホンをとり、主演を務める役所広司をはじめ、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、田口トモロヲ、石橋蓮司、江口洋介が出演。昭和63年の暴力団対策法成立直前の広島を舞台に、金融会社社員失踪事件が発端となり、対立する暴力団組同士の抗争が激化していく様を描く。

今回発表された4人は、白石監督の『日本で一番悪い奴ら』にも出演。広島・呉での本作の撮影を終えそうで、中村(獅童)は、何かと悪い噂の絶えない大上章吾(役所)について嗅ぎ回る安芸新聞の記者である高坂隆文を演じ、「監督! またやっちゃいましたね! ウン! こうなったらとことんやっちゃいましょう!!!」とコメント。ピエール瀧は全日本祖國救済同盟の代表を務め、大上とは旧知の仲である瀧井銀次を演じており、「白石組にまた参加できて嬉しいです。この『孤狼の血』は、脚本を読んで胸を打たれ、少しでもお役に立てたらと思えた作品でした。撮影スケジュールがタイトで、1週間で東京~呉を5往復してお尻が擦り剥けましたが、それもいい思い出です」と冗談交じりに振り返っている。

そして、一之瀬守孝(江口)が属する尾谷組と敵対する組織で、ある行動をきっかけに抗争が激化させる加古村組の構成員・吉田滋を演じた音尾は「私の役割は少々ゲスいですが自分では気に入っております。見所のシーンもあります」と述べ、一之瀬が若頭を務める尾谷組の構成員で、情に熱く、誰が相手でも怯まぬ恐いもの知らずの永川恭二を演じた中村(倫也)は「永川という人物は、白石監督曰く“狂犬”。こんな小動物みたいな顔した自分に務まるのか不安でしたが、松坂桃李演じる日岡が“真っ当な正義”だとするなら、永川は“アウトローなりの正義”。彼の持つある種の純粋さに五感を澄まし、挑みました」と手応えを語った。

【中村獅童コメント】
監督! またやっちゃいましたね! ウン! こうなったらとことんやっちゃいましょう!!!

【ピエール瀧コメント】
白石組にまた参加できて嬉しいです。この『孤狼の血』は、脚本を読んで胸を打たれ、少しでもお役に立てたらと思えた作品でした。撮影スケジュールがタイトで、1週間で東京〜呉を5往復してお尻が擦り剥けましたが、それもいい思い出です。

【音尾琢真コメント】
白石監督作品に参加できることは僕の生き甲斐になっているので、この上ない幸せです。しかも『孤狼の血』という野太い作品。男臭い世界の中に、どうにか居場所を見つけて来ましたので楽しみにしていて下さい。私の役割は少々ゲスいですが自分では気に入っております。見所のシーンもあります。ありがたい。呉の街も大好きになりました。呉冷麺が大好物になりました。

【中村倫也コメント】
永川という人物は、白石監督曰く『狂犬』。こんな小動物みたいな顔した自分に務まるのか不安でしたが、松坂桃李演じる日岡が「真っ当な正義」だとするなら、永川は「アウトローなりの正義」。彼の持つある種の純粋さに五感を澄まし、挑みました。信頼する監督のもと、偉大なる大先輩たちと芝居を交わし、年々減少傾向にある〝男臭い作品〟に関われたことを、とても幸せに感じています。

【STORY】
物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し……。


映画『孤狼の血』
2018年5月12日公開

原作:柚月裕子『孤狼の血』(角川文庫刊)
監督:白石和彌
出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、音尾琢真、駿河太郎、中村倫也、中村獅童、矢島健一、田口トモロヲ、ピエール 瀧、石橋蓮司、江口洋介ほか
配給:東映
オフィシャルサイト http://www.korou.jp/

©2018「孤狼の血」製作委員会

『孤狼の血』原作