仲間由紀恵、井上真央主演ドラマ『明日の約束』で行き過ぎた愛情を持つ“毒母”を怪演

仲間由紀恵、井上真央主演ドラマ『明日の約束』で行き過ぎた愛情を持つ“毒母”を怪演

井上真央が約2年ぶりに連続ドラマ主演を務める10月17日(火)スタートの火9ドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系)に、仲間由紀恵、及川光博、工藤阿須加らの出演が決定した。

完全オリジナルで描く本作は、井上演じるスクールカウンセラー・藍沢日向が、勤務する高校で起きた男子生徒の不可解な死の謎を追うヒューマン・ミステリーだ。

仲間が演じるのは、不可解な死を遂げる椿が丘高校の男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の母親・吉岡真紀子。息子・圭吾を愛しすぎるが故に異常なプレッシャーを与え続けてきた“毒親”で、不登校の圭吾のために家庭訪問に来て様子を伺う日向に対して、強烈な不信感を抱く。実は日向も、圭吾同様に、感情の起伏が激しくてヒステリックな“毒親”に過干渉気味に育てられた経験を持っている。真紀子は“毒親”の気配を日向に感づかれてしまうのだが、その裏には、日向自身にも“毒親経験”があったのだ。これまでカンテレ制作の連続ドラマ『美しい隣人』『サキ』でミステリアスな女性を演じ、大きな存在感を放った仲間。本作でも、井上演じる日向と緊張感あふれるやり取りを繰り広げる“毒親”の怪演から目が離せない。

圭吾の担任・霧島直樹を演じるのが及川。実直な姿勢で生徒や保護者からの信頼が厚い。日向の最大の理解者にもなり、圭吾の死の真相究明に向けて“相棒”的存在となる。眼鏡の奥の優しい眼差しと爽やかな笑み…。頼れる霧島の存在が、真相究明にどのように関わっていくのか。善も悪もユーモアも、変幻自在に表現する及川の演技に注目だ。

そして、日向の恋人・本庄和彦として工藤が出演。サラリーマンとして忙しい日々を送りながら、スクールカウンセラーとして奮闘する日向を支えている。一見、穏やかな好青年に見えるが、母親との間に問題を抱える日向と同じように、複雑な家庭環境で育っていて、家族についての悩みを持っている。日向と和彦、それぞれに“闇”を抱えた2人の動向も見どころの一つだ。

そのほか、白洲迅は2年A組担任で正義感溢れる教師を目指す北見雄二郎を演じる。若さゆえに暑苦しく思われてしまうこともある一方で、“空気が読めない存在“と疎んじられる日向を応援する存在だ。新川優愛は臨時教員の大宮奈緒を演じる。採用されたばかりで、学校のことはまだよく分かっていない。日向に恋人の相談をするなど、何かと相談室に駆け込む。手塚理美が演じるのは日向の母親・尚子。感情の起伏が激しく、ヒステリックな言動で娘を縛り続けてきた“毒親”。極めて独善的で日向の心の傷を理解していない。青柳は圭吾の死について取材するジャーナリストの小嶋修平役を演じる。

【仲間由紀恵コメント】
作品と、自身の演じる役柄について“高校生の死”という衝撃的な内容に、今回の作品のテーマの重要さを感じています。私が演じる真紀子はどこか行き過ぎたように見える愛情を持つ母。“子供を育てる”という大役を背負っている「お母さん」の心の中にある孤独、そして強さを、愛をもって演じていきたいと思います。
主演の井上真央さんとの共演について
井上真央さんとは、今回が初共演です。自分の親に対するトラウマを抱えながらも、子供たちの心の中に入っていくという、難しい役どころ。井上さんの持つ優しさ、強さで、この作品を包み込んでくれるのではないかな、と今から撮影が楽しみです。

視聴者へのメッセージ
一人の男子高校生を取り巻く様々な環境を通して見えてくる、現代社会を生きる人々の闇、様々な問題を、祈りの心でお届けします。強いメッセージを持った作品です。是非、ご覧ください。

【及川光博コメント】
作品と、自身の演じる役柄について
胸さわぎがしますね。どんな街でも、どんな日常にも起こりうる”事件”に心拍数が上がります。霧島はプロの教師。もしくはプロに徹しようとする男ですね。人当たりも良く、生徒やその両親の感情に振りまわされることなく問題に対処する。デキる男です。

主演の井上真央さんとの共演について
楽しみですね。久しぶりにお会いしたら、グッと大人っぽくなってて。ちょっとドギマギしました(笑)。目の表現力が豊かな方ですよね。しっかりサポート出来るよう努めます。

視聴者へのメッセージ
現代社会に息苦しさを感じている人にこそ観ていただきたい。希望の光をさがす物語だと思います。

【工藤阿須加コメント】
作品と、自身の演じる役柄について
シリアスで重厚な作品だと思ったのが第一印象でした。サスペンス要素を含んだこの作品の中で、井上真央さん演じる日向の恋人役の本庄として、どう絡んでいき、どう変化していくのか、すごく楽しみです。

主演の井上真央さんとの共演について
とても光栄です。シリアスなものから明るい作品まで幅広く演じられ、繊細さの中にも熱いものを持っていらっしゃる方だと、一視聴者として感じていました。なので、井上さんとお芝居をさせて頂くのはとても楽しみですし、撮影でご一緒するのが今から待ち遠しいです。

視聴者へのメッセージ
僕が演じさせて頂く本庄という役は、井上真央さん演じる日向と恋人同士ですが、話が進むにつれて、2人の間にズレが生じていきます。学校のシーンとはまた違う、2人の展開にも注目して頂けたら嬉しいです。

【ストーリー】
藍沢日向(井上真央)は椿が丘高校に勤めるスクールカウンセラー。私生活では本庄和彦(工藤阿須加)と交際して3年。真面目で前向きな性格で、日々、生徒たちが抱える心の問題に対して真摯に向き合っている。
日向は不登校の男子生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)を心配し、担任の霧島直樹(及川光博)と共に家庭訪問する。そこで2人を待ち受けていたのが圭吾の母親・真紀子(仲間由紀恵)。2人に不信感を抱き、息子との接触を妨げようとする真紀子と圭吾の様子から、親子関係のいびつさに気づく。
後日、日向は圭吾から突然、「先生のこと、好きになりました。僕と付き合ってください」と告白される。動揺しながらも圭吾の申し出を断る日向。翌日、圭吾の変りはてた姿が発見されて…。

~「毒(どく)親(おや)」~
過干渉やネグレクトなど、子どもへのネガティブな言動を執拗に継続し、
一種の毒のような影響を与える。
子供の人生を支配するようになってしまうことも

【そのほかのキャスト】
●吉岡圭吾(16)…遠藤健慎
 椿が丘高校1年B組生徒。バスケ部員。不登校で、突然、不可解な死を遂げる。母・真紀子から過干渉気味に育てられた。
●長谷部大翔(17)…金子大地
 椿が丘高校2年A組生徒。バスケ部員。
●沢井勝(16)…渡邉剣
 椿が丘高校1年B組生徒。バスケ部員。
●増田希美香(17)…山口まゆ
椿が丘高校2年A組生徒。バスケ部マネジャー。
●田所那美(16)…井頭愛海
椿が丘高校1年B組生徒。学級委員長。
●上野由依(16)…夏子
 椿が丘高校1年B組生徒。
●渡辺純也(16)…堀家一希
 椿が丘高校1年B組生徒。
    
●辻哲(46)…神尾佑
 椿が丘高校の体育教師で、圭吾が所属するバスケ部の顧問。
●宮崎麻子(39)…馬渕英里何
 椿が丘高校3年学年主任。スクールカウンセラーである日向のことを“空気が読めない存在“と疎んじている
●柏木康介(35)…中林大樹
 椿が丘高校2年学年主任。B組の担任。日向のことを疎んじている

●吉岡正孝(49)…近江谷太朗
 圭吾の父親。
●轟木博雄(55)…羽場裕一
 椿が丘高校校長。温厚で、日向の情熱に理解を示している。


『明日の約束』                          
2017年10月期 毎週火曜よる9時~9時54分(カンテレ・フジテレビ系全国ネット) 10月17日(火)スタート
脚本:(オリジナル)古家和尚(『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』『幽かな彼女』『任侠ヘルパー』他)
音楽:眞鍋昭大(『大貧乏』『君に捧げるエンブレム』『HOPE~期待ゼロの新入社員~』他)
プロデューサー:河西秀幸(カンテレ)(『嘘の戦争』『銭の戦争』『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』他)山崎淳子(共同テレビ)(『デート~恋とはどんなものかしら~』『リーガルハイ』他)
演出:土方政人(共同テレビ)(『謎解きはディナーのあとで』『大貧乏』『ゴーストライター』他)小林義則(共同テレビ)(『アンフェア』『ギルティ 悪魔と契約した女』他)
制作協力:共同テレビ
制作著作:カンテレ    

オフィシャルサイト
https://www.ktv.jp/yakusoku/
オフィシャルTwitter:@yakusokuktv