2018年春、東京・大阪で『ミュージカル「しゃばけ」参』上演が早くも決定!

2018年春、東京・大阪で『ミュージカル「しゃばけ」参』上演が早くも決定!

9月10日まで東京・紀伊國屋ホールで上演された『ミュージカル「しゃばけ」弐 ~空のビードロ・畳紙~』。その千穐楽公演にて、早くも次回作の上演情報が解禁された。タイトルは『ミュージカル「しゃばけ」参 ~ねこのばば~』。2018年4末~5月に、東京・大阪の2都市で開催される。

『ミュージカル「しゃばけ」』は、畠中恵氏の大人気ファンタジー時代小説『しゃばけ』(新潮文庫刊)の15周年を記念して、2017年1月よりスタートした舞台シリーズ。これまで、初演では長編小説『しゃばけ』、2作目は短編小説集『ぬしさまへ』と『おまけのこ』からの2エピソードをミュージカル化。原作の世界観を歌とダンスで表現したことで話題を呼び、舞台3作目となる『ミュージカル「しゃばけ」参 ~ねこのばば~』は、短編小説集『ねこのばば』の表題作「ねこのばば」が舞台化される。

出演キャストで現在明らかにされているのは、初演、2作目と一太郎(若だんな)を演じてきた植田圭輔。演出・音楽には浅井さやか(One on One)、脚本・作詞は神楽澤小虎(MAG.net)といったシリーズおなじみのスタッフが引き続き作品を手がける。その他、公演会場、追加キャストなどの詳細は公式サイトにて随時発表されるので、楽しみに待とう。

【「ねこのばば」あらすじ】
――見越の入道さんからもらった若だんなお気に入りの「桃色の雲」が、お部屋から忽然と消えてしまいました。がっかりしている若だんなに持ち込まれたのは、お寺で起こった坊主殺人事件と、猫又救出作戦。
一見、関係のなさそうな3 つの事件が二転三転し、意外にもつながっていったのはお寺の秘密。若だんなの名推理はこの謎を解くことができるのか。
正しかった…はず。世の中には取り返せないものがある。

※初演、ミュージカル「しゃばけ」キャラクタービジュアルより


ミュージカル「しゃばけ」参 ~ねこのばば~
2018 年4 月~5 月 東京・大阪にて上演

原作:畠中恵「しゃばけ」シリーズ(新潮社刊)より 『ねこのばば』所収「ねこのばば」
脚本・作詞:神楽澤小虎(MAG.net)
演出・音楽:浅井さやか(One on One)
出演:植田圭輔 ほか

オフィシャルサイト:http://www.clie.asia/shabamu/
公式Twitter:@clie_seisaku
推奨ハッシュタグ:#M しゃばけ

©2001 畠中恵/新潮社 ©2017 CLIE