前田敦子&三浦透子&尾野真千子、伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長を描く青春グラフィティ映画に出演

前田敦子&三浦透子&尾野真千子、伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長を描く青春グラフィティ映画に出演

2018年の3月に公開の柄本佑主演映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』に、前田敦子、三浦透子、尾野真千子が出演することが分かった。

本作は、立て!男のエキサイトマガジン「ニューセルフ」、感じる映画雑誌「ウィークエンドスーパー」、35万部の発行部数を誇った「写真時代」など、発禁と創刊を繰り返しながら数々の雑誌を世におくりだした伝説のカルチャー・エロ雑誌の編集長・末井昭氏の自伝的エッセイ『素敵なダイナマイトスキャンダル』(ちくま文庫刊)を、俳優・柄本佑を主演に迎え、冨永昌敬監督が映画化。1982年の刊行から4度復刊を繰り返している名エッセイで、末井が7歳の時に、隣の若い男とダイナマイトで心中した母親の実エピソードからつづられ、キャバレーの看板描き→イラストレーターを経て、荒木経惟、南伸坊、赤瀬川源平らと出会い伝説の雑誌編集長となっていくまでが描かれている青春グラフィティだ。

そんな、末井青年の人生を翻弄する三人の女たちを演じる女優陣がこの度解禁。若き末井青年をあたたかく支える妻・牧子役には、前田敦子。本作で前田は、物語が展開する時代の変遷にあわせて70年代、80年代のファッションを披露し、包容力のある天然素材な妻を、飄々と演じる。そして、末井青年が恋に恋して、道ならぬ恋をしてしまう愛人・笛子役には、三浦透子。サントリー「なっちゃん」のCMで2代目なっちゃんとしてデビューし、若手実力派女優として注目される三浦が、不思議な魅力を放つ電波な愛人の役に、体当たりで挑む。最後に、ダイナマイトで爆発して、隣の若い男と心中する末井青年のスキャンダルな母・富子役に、尾野真千子。末井氏の人生に最も大きな影響を与えた薄幸な母親・富子を、妖艶にそして儚げに女としてまた母としての心のゆらぎを細やかな表情と演技で魅せる。

【伝説の雑誌編集長 末井昭役:柄本 佑コメント】 
母親は尾野真千子さん、奥さんは前田敦子さん、愛人は三浦透子さん。改めて名前を並べてみると驚くほど贅沢だったんだと実感します。現場では主に前田さん三浦さんと一緒でした。尾野さんは爆発してしまっていたので。前田さんのあっけらかんとした明るい軽さと三浦さんの飄々とした佇まいは見ていてとても心地良かったです。そして母親が尾野真千子という、いやぁホント贅沢な現場でした。

【天然な妻 牧子役:前田敦子コメント】
この作品の主人公は、自由な夢を持った自由な男なのですが、私が演じる牧子は、のちに夫になる彼を「はいはい」とたしなめつつもおもしろがって支えています。浮気をされても嫌味をいうだけ(!?)という包容力があって、自立している素敵な女性だと思いました。初めて共演させていただく柄本佑さんは、もともと俳優の先輩としてもすごく尊敬していました。佑さんの飄々とした中にあるかわいらしい感じが、この末井昭役にぴったりだと思いました。

【電波な愛人 笛子役:三浦透子コメント】
撮影がはじまってからも常に新しいアイディアに溢れ、くるくる変わっていく現場がただただ楽しかったです。
笛子さんの人生を想うと胸が苦しくなるけれど、実際に書かれた当時の編集後記の中にいた彼女は、愛嬌たっぷりで追いかけると逃げてしまいそうな不思議な魅力を持った女性でした。皆さんにもそれが伝われば嬉しいです。

【爆発な母 富子役:尾野真千子コメント】
実話とは思えない母を演じさせていただきました。そんな実話とは思えない台本を読んで、出来上がりが想像できず不安もありました。でも出来上がりを観たときこんな伝え方があったのかと自信を持ちました。


映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』
2018年3月テアトル新宿ほか全国ロードショー

出演:柄本 佑 前田敦子 三浦透子 尾野真千子 ほか
監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井 昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」ちくま文庫刊
音楽:菊地成孔 小田朋美  
©2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会   
オフィシャルサイト dynamitemovie.jp