吉村界人、映画『サラバ静寂』主演に抜擢。共演は若葉竜也。メイキング特報も解禁!

吉村界人、映画『サラバ静寂』主演に抜擢。共演は若葉竜也。メイキング特報も解禁!

吉村界人が、宇賀那健一監督による映画『サラバ静寂』の主演を務めることが明らかとなった。あわせてメイキング特報が解禁された。

本作は、「遊楽法」という音楽や映画、小説などの娯楽が禁止される法律が施行された日本を舞台に、音楽に出会った若者たちの姿を描く。主人公ミズト役に吉村、ミズトと共に音楽と出会い衝撃を受ける若者トキオ役は映画『葛城事件』の演技が注目を呼び、第8回TAMA映画賞で新進男優賞を受賞した若葉竜也が演じるほか、父に俳優の浅野忠信、母に歌手のCharaを持つSUMIREが本作で映画デビューを飾る。

映画『サラバ静寂』は2018年1月27日(土)、渋谷ユーロスペース他、順次全国公開予定だ。

【吉村界人コメント】
「監督とは知り合いでしたので、やっと一緒に映画をできるんだ、と瞬間的には歓喜しましたが、その倍以上に冷静で、ちゃんと成し終えないと、という気持ちが押し寄せてきました。宇賀那監督、プロデューサーと三人で身を焦がしながら、渇望してました。今、静寂してる時間はなかったので。主人公ミズトは、作品の普遍でありストーリーテラーをしながらも、絶え間なく人生に枯渇した様な空気が流れて来るように考えました。共演した竜也、SUMIREの青い炎であろうと思いました。」

【若葉竜也コメント】


「同世代の監督、同世代の俳優、同世代のスタッフ。若い映画屋達のエネルギーが溢れてる。低予算だけど…。監督の宇賀那健一とは何年も前から知り合いで、一緒に自主映画を撮ったりしてたので、信頼していたし感慨深いものがありました。役を理解した!という「自惚れ」が一番怖いので、ワンシーン、ワンカット丁寧に話し合いながら撮影しました。面白いものになっていると思います。低予算だけど…。」

【STORY】
「遊楽法」という音楽や映画、小説などの娯楽が禁止される法律が施行された日本。ネジ工場で働くだけのつまらない生活を送っていたミズト(吉村界人)とトキオ(若葉竜也)はある日、偶然根絶されたはずの音楽が沢山保存されている廃墟を見つけてしまう。廃墟に通いつめ、どんどん音楽に魅了されていく2人は、未だに闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知り、そこへいくことを夢見て一緒に音楽を作りだす。そして、音楽を所持している罪で父親を殺されたヒカリ(SUMIRE)も2人のいる廃墟へと歩みを向けていた…。 


『サラバ静寂』
2018年1月27日(土)、渋谷ユーロスペース他、順次全国公開予定
監督・脚本:宇賀那健一
出演:吉村界人、SUMIRE、若葉竜也、ほか