神木隆之介、桑田佳祐出演『茅ヶ崎物語』のハワイ国際映画祭上映決定を祝福

神木隆之介、桑田佳祐出演『茅ヶ崎物語』のハワイ国際映画祭上映決定を祝福

9月16日から全国公開される映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』が、6月に開催された『第6回茅ヶ崎映画祭』での特別上映に続き、『第37回ハワイ国際映画祭』のSpotlight on Japan部門にて正式上映が決定した。

ハワイ国際映画祭は、1981年に始まり、今年で37回目を迎える国際映画祭。アジアの優れた映画を発掘し、世界に紹介することをテーマに掲げ、これまで数々のアジア映画を紹介してきた。毎年約150作品が上映され、観客動員数は7万人に上っている。昨年も『海よりもまだ深く』(是枝裕和監督)や『淵に立つ』(深田晃司監督)などの優れた日本映画が出品された。

また、本作品の舞台となっている“茅ヶ崎”は、これまで数多くの著名人を輩出。映画は、そんな茅ヶ崎ならではの魅力と謎を解明していく、これまでにない新しいタイプの作品となっている。ドキュメンタリーとファンタジー、相反するジャンルが融合。茅ヶ崎との姉妹都市、ホノルルがあるハワイも、同様に数多くの著名人(ジャック・ジョンソン、ブルーノ・マーズ、バラク・オバマ前大統領ら)を輩出しており、現地の人にはとても共感してもらえるところが多い作品だ。

そしてこのたび、本作品に出演している神木隆之介からハワイ映画祭出品について、喜びのコメントが到着。また、あらたな予告編映像も公開された。

このたび解禁された予告編第2弾は、1973年に、学園祭で桑田佳祐の初ライブを仕掛けた宮治淳一の青年期から、2016年に移り変わり、芸能の地・茅ヶ崎の秘密を探る現在の宮治淳一の姿へとオーバーラップされる内容。「ドキュメンタリー×ファンタジー かつてない【ドキュファ的】音楽探訪記」としての本作の魅力を凝縮した予告編となった。

ナレーションを読むのは、本編で“裸弁天”役として登場する、女優の須藤理彩。“烏帽子岩”役の小倉久寛がナレーションを読んだ予告編第1弾から、茅ヶ崎名物リレーとなった。

また、予告編の前半、神木隆之介演じる青年期の宮治淳一と、野村周平演じる青年期の桑田佳祐によるファンタジーパートの曲は、本作の主題歌である、桑田佳祐「MY LITTLE HOMETOWN」となっている。

映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』は、9月16日より、東名阪主要都市をはじめとする5ヵ所の映画館での一般公開を皮切りに、10月から始まる『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」』に帯同する形で、各都市の公演にあわせて全国公開。

なお、劇場では、オリジナルグッズが販売されることが決定した。

神木隆之介 コメント 茅ヶ崎とホノルルは姉妹都市と言うことで、そんなハワイの歴史ある映画祭で上映が決定したことは本当に光栄なことですし、そんな素敵な映画に携わることができて大変幸せです。 この『茅ヶ崎物語〜MY LITTLE HOMETOWN〜』という映画は、茅ヶ崎の歴史や、桑田佳祐さんが歩んで来た人生等、すべてがドキュメンタリーでもありファンタジーでもある、夢みたいな、本当の話です。ぜひ映画館でご覧いただければ幸いです。


映画情報

『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』
9月16日(土)全国公開
出演:宮治淳一 中沢新一
加山雄三 萩原健太 小倉久寛
神木隆之介 野村周平 賀来賢人 須藤理彩 安田顕
桑田佳祐
監督:熊坂出
制作プロダクション:スタジオブルー
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
製作:「茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~ 」実行委員会
(C)2017 Tales of CHIGASAKI film committee

『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』映画オフィシャルサイト
http://tales-of-chigasaki.com

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC