“痛男”岡田将生の姿も! 映画版『伊藤くん A to E』のスポット映像が公開

“痛男”岡田将生の姿も!  映画版『伊藤くん A to E』のスポット映像が公開

岡田将生、木村文乃のW主演で2018年初春に公開される映画版『伊藤くん A to E』の初出し映像となるスポットが到着した。

柚木麻子の同名小説を廣木隆一監督が映画化する本作は、映画公開に先駆けて連続ドラマ化され、MBS/TBSドラマイムズ枠で放送中。原作は、容姿端麗だが自意識過剰で無自覚に女性たちを振り回す“伊藤くん”を軸に、“A”から“E”の女性のエピソードを1章ずつで構成したオムニバス形式で綴る恋愛小説だが、映画版では、木村演じる崖っぷちアラサー脚本家の矢崎莉桜が、起死回生を狙って“伊藤くん”と“A”から“D”の4人の恋愛相談をネタに脚本を書くというアレンジを施し、それぞれのエピソードを重層的に絡ませた恋愛ミステリーへと変貌させた。

お披露目されたスポット映像には、伊藤(岡田)に振り回される“A”(佐々木希)、“B”(志田未来)、“C”(池田エライザ)、“D”(夏帆)の4人の女たちの切実で無様な表情と、崖っぷち脚本家・矢崎の“毒”の姿が映し出される。そして「目を覚ませ、こんな男のどこがいいのか―」というキャッチコピーとともに、伊藤の不敵な笑みを捉えている。

【STORY】
かつて手掛けた人気ドラマで一世を風靡したが、ある出来事から新作を書けなくなってしまった落ち目の脚本家・矢崎莉桜。” 伊藤”という同じ名前の男について悩む【A】〜【D】4人の女たちの、無様で切実な恋愛相談を受けながら、ドラマプロデューサー・田村伸也にたきつけられ、自身が書く起死回生の脚本のネタにしようと企んでいく。「4人の女が語る“伊藤”は同一人物かもしれない」と手応えを感じ始めた矢先、莉桜の思惑は、打ち砕かれる。莉桜が主宰するシナリオスクールの生徒、容姿端麗だけど口先ばかりでどうしようもない【痛男】・伊藤誠二郎がその4人の女を振り回す“伊藤”で、しかも莉桜と同じ企画を田村に提出したという。さらにそこには、莉桜の脚本にはない5人目【E】の女まで登場し…。「伊藤は一体何を考えているのか」伊藤のひとことで、物語は予想もしない結末へと向かうー。



映画『伊藤くん A to E』
2018年初春公開
原作:柚木麻子『伊藤くん A to E』(幻冬舎文庫)
監督:廣木隆一
出演:岡田将生 木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 中村倫也 田中 圭
配給:ショウゲート
オフィシャルサイト:http://www.ito-kun.jp
©「伊藤くん A to E」製作委員会

『伊藤くん A to E』原作