“貞子”再び! 傑作ホラー「リング」が原点回帰! 映画『ザ・リング/リバース』が新春ロードショー決定

“貞子”再び! 傑作ホラー「リング」が原点回帰! 映画『ザ・リング/リバース』が新春ロードショー決定

初代『リング』(1998年公開 監督:中田秀夫、脚本:高橋洋)公開から20年。数々の続編、リメイク作が軒並み大ヒットを記録してきた「リング」シリーズの三度目のハリウッド版リメイクとなる「Rings(原題)」が邦題『ザ・リング/リバース』として2018年1月に全国ロード―ショーされることが決定した。

かの有名な最恐キャラクター“貞子”を生み出した傑作ホラーシリーズ「リング」。その最新作がハリウッド版リメイク三作目にして原点回帰を果たす。呪いのビデオを見てしまった主人公が、そのルーツを辿り、謎を解き明かすべく奔走するという原作に忠実なストーリー構成に、現代ならではの要素も取り入れバージョンアップを遂げた戦慄シーンの数々は、原作者である鈴木光司も「これぞ原点回帰。ハリウッドで作られたリングシリーズ史上、もっとも原作に忠実で、もっとも怖い。驚いた。」絶賛するほど。

監督は『アルマゲドン・パニック』(08)のスペインの新星F・ハビエル・グティエレス。主人公のジュリアを演じるのは新人俳優のマチルダ・ルッツ、ジュリアの恋人・ホルト役には『フィフス・ウェイブ』でクロエ・グレース・モレッツを救う謎のイケメンを演じ話題となったアレックス・ロー、テレビシリーズ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」の主人公レナード役でお馴染みのジョニー・ガレッキらが脇を固める。製作は『ザ・リング』シリーズのローリー・マクドナルドとウォルター・F・パークスが手掛け、デヴィッド・ルーカ、ヤコブ・アーロン・エステス、『ビューティフル・マインド』でアカデミー脚色賞を受賞したアキヴァ・ゴールズマンらが脚本を担当している。

【STORY】
「必ず7日後に死ぬ」と言われる呪いのビデオを見てしまったジュリア。迫り来る運命から逃れ、呪いの連鎖を断ち切るべく、恋人のホルトとともに、呪いのルーツを辿り、謎を解き明かそうとする。やがて辿り着いたのは一人の少女の存在。しかしそれは更なる恐怖の幕開けだった…。


映画『ザ・リング/リバース』
2018年1月全国ロードショー

監督:F・ハビエル・グティエレス
脚本:デイビッド・ルーカー、ヤコブ・アーロン・エステス『さよなら、僕らの夏』、アキヴァ・ゴールズマン*アカデミー賞脚色賞
製作:ウォルター・F・パークス&ローリー・マクドナルド
出演:マチルダ・ルッツ、アレックス・ロー、エイミー・ティーガーデンガブリエル、ジョニー・ガレッキ、ボニー・モーガン、ビンセント・ドノフリオ
原作:鈴木光司/映画「リング」
原題「Rings」/2016/102分/アメリカ/G
配給:KADOKAWA 
提供:KADAOKAWA、アスミック・エース 
(C) 2017 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.