吉田大八監督×錦戸亮主演のミステリー『羊の木』特報が初解禁&2018年2月3日に公開決定

吉田大八監督×錦戸亮主演のミステリー『羊の木』特報が初解禁&2018年2月3日に公開決定

吉田大八監督の最新作『羊の木』の公開日が2018年2月3日(土)に決定し、特報映像が初お披露目された。

原作は、山上たつひこといがらしみきおがタッグを組んだ同名漫画で、2014年文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した。『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』などの吉田大八監督がメガホンをとり、センセーショナルな問題作のテーマはそのままに新しい衝撃と希望の結末を作り上げたヒューマンミステリー。主演の錦戸亮を始め、共演の木村文乃、“元殺人犯”役で北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平が出演する。

平凡な市役所職員の月末(錦戸亮)は、男女6人(北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯、松田龍平)の受け入れを担当するが、移住してきた彼らはどこかおかしい。寂れた港町“魚深”が抱える過疎問題を解決するために、元受刑者を受け入れる“国家の極秘プロジェクト”であることを告げられた月末が知ったさらなる衝撃は、“彼らは全員元殺人犯”ということ。特報では、寂れながらも平和な町・魚深に元殺人犯たちがやってくる状況を捉えており、「彼らは元殺人犯」と衝撃的なナレーションと共に締めくくられている。

なお本作は、第53回シカゴ国際映画祭、第22回釜山国際映画祭への正式出品が決定している。

【STORY】
ある寂れた港町“魚深(うおぶか)”にやってきた見知らぬ6人の男女。平凡な市役所職員・月末(つきすえ)は彼らの受け入れを命じられた。受刑者を仮出所させ、過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクト。月末、町の住人、そして6人にもそれぞれの経歴は知らされなかった。しかし、月末は驚愕の事実を知る。「彼らは全員、元殺人犯」
犯した罪に囚われながら、それぞれ居場所に馴染もうとする6人。素性の知れない彼らの過去を知ってしまった月末。
そして、港で発生した死亡事故をきっかけに、月末の同級生・文を巻き込み、町の人々と6人の心が交錯し始める―。



映画『羊の木』
2018年2月3日公開

原作:『羊の木』(講談社イブニングKC刊) 山上たつひこ、いがらしみきお
監督:吉田大八
脚本:香川まさひと
出演:錦戸亮 木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯/松田龍平
配給:アスミック・エース
オフィシャルサイト:http://hitsujinoki-movie.com/

© 2018「羊の木」製作委員会 ©山上たつひこ いがらしみきお/講談社

『羊の木』原作