坂本龍一が「全てをさらけ出した」と語るドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』の予告編が解禁

坂本龍一が「全てをさらけ出した」と語るドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』の予告編が解禁

11月4日(土)より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開される、坂本龍一を追ったドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』の予告編が完成。

公開された予告編は、坂本の代表作にして映画音楽家としての出発点でもある『戦場のメリークリスマス』のテーマ曲「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」の美しい旋律とともに、3.11 の津波をかぶった一台のピアノを触る坂本の姿が映し出されるところから始まる。「見て見ぬふりをするのは、僕にはできないこと」と語る坂本の音楽的変化のきっかけにもなった出会いのシーンである。

さらに、予期せぬガン告知を受けた後に坂本からこぼれた本音や闘病生活、“音”への憧れを語る姿や、森の中や自宅の庭、北極など様々な場所で“音”を集め、それが坂本の紡ぎ出す“音楽”とひとつになる様子がこの映像からも確認できる。

そのほか、イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の1979年ロサンゼルスでのライブ映像や、『ラストエンペラー』製作当時に坂本自身が撮った本邦初公開となる秘蔵フィルムなど、本編に盛り込まれている貴重な映像の一部も予告編に収められ、坂本が「全てをさらけ出した」と語る深淵なドキュメンタリー映画となる本作の魅力が詰まったものになっている。

『Ryuichi Sakamoto: CODA』

11月4日(土)より、角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

出演:坂本龍一
監督 : スティーブン・ノムラ・シブル
プロデューサー : スティーブン・ノムラ・シブル エリック・ニアリ
エグゼクティブプロデューサー : 角川歴彦  若泉久央    町田修一 空 里香
プロデューサー:橋本佳子 共同制作 : 依田 一  小寺剛雄
撮影 : トム・リッチモンド, ASC 空 音央
編集 : 櫛田尚代  大重裕二
音響効果: トム・ポール

製作/プロダクション:CINERIC  BORDERLAND MEDIA
製作:KADOKAWA  エイベックス・デジタル 電通ミュージック・アンド・エンタテインメント 
制作協力 : NHK   共同プロダクション:ドキュメンタリージャパン
配給 : KADOKAWA  ©2017 SKMTDOC, LLC
©2017 SKMTDOC, LLC
2017年/アメリカ・日本/カラー/DCP

オフィシャルサイト http://ryuichisakamoto-coda.com/