=LOVE(イコールラブ)、佐々木舞香、高松瞳、瀧脇笙古が『劇場版 はいからさんが通る』で声優デビュー

=LOVE(イコールラブ)、佐々木舞香、高松瞳、瀧脇笙古が『劇場版 はいからさんが通る』で声優デビュー

代々木アニメーション学院と指原莉乃がタッグを組んで誕生したアイドルグループ、=LOVE(イコールラブ)のメンバーの佐々木舞香、高松瞳、瀧脇笙古が、『劇場版はいからさんが通る』で声優デビューを果たすことがわかった。 ※「高松瞳」の「高」は、はしごだかが正式表記。

1975年~1977年まで『週刊少女フレンド』(講談社刊)にて連載された日本少女漫画史に燦然と輝く傑作、大和和紀による『はいからさんが通る』(第1回 講談社漫画賞少女漫画部門受賞)。

1978年にはテレビアニメシリーズ(全42話)が放送され、その後、劇場実写映画(1987年公開、主演:南野陽子・阿部寛)、TVドラマ(1979年、1985年、2002年)などこれまでに多くのメディアミックス展開がされてきた本作が、連載40周年を記念して、2017年、装いもあらたに新作劇場アニメーションとして前後編で復活する。

なお、後編では旧テレビアニメシリーズでは未完となった原作のラストエピソードまでを初、完全アニメ化! 紅緒と少尉の恋の結末までが描かれる。

そしてこのたび、本作で声優デビューを果たす=LOVE(イコールラブ)のメンバーの佐々木舞香、高松瞳、瀧脇笙古の、人生“初”アフレコ収録後のコメントと、コメント映像が公開。要チェックだ。

メンバーコメント
Q:台本を読んでみての感想
佐々木:私は『はいからさんが通る』という名前だけは聞いたことがあったのですが、実際に台本を読んでみると、紅緒やいろいろなカッコいいキャラクターが登場して、すごく心が動かされる作品だと思いました。最後のほうになるとだんだん紅緒の気持ちも成長していき、うれしくなったり、悲しくなったり、紅緒と気持ちが一緒になる瞬間も多く、楽しい作品でした! 高松:今まで平成のアニメしか観たことがなく、初めて大正が舞台の作品を読んだのですが、衣装や建物を実際に映像で観ると今のものと全然違っていて、すごく新鮮でした! 瀧脇:私は元々『はいからさんが通る』という作品を知らなかったのですが、両親が知っていたので、多くの世代の方に観ていただける作品だと思います。舞台が大正なのですが、現代の言葉遣いではなく、大正の言葉遣いを知れる楽しい作品だなと思いました。

Q:『はいからさんが通る』の中での推しキャラについて
佐々木:私の推しキャラは、紅緒です! 紅緒はすごく元気で、活発で、とてもかわいらしい女の子なのですが、早見沙織さんが演じられるということで、すごく楽しみにしていました! 今まで早見さんは、出演されている作品で比較的おとなしいキャラクターを演じられることが多いように思っていましたが、早見さんの声がすごく紅緒にぴったりで、紅緒の「はいからさん」という活発なイメージが表現されていました! 紅緒みたいに、素直で、純粋で、活発な女の子に憧れます。 高松:私の推しキャラは蘭丸です! 蘭丸のキャラクターや世界観に梶さんの声がすごく合っていて、映像を観ている中でいちばん気になるキャラクターでした。オススメです! 瀧脇:私も紅緒です! すごくかわいい顔をしているのですが、劇中で紅緒が酔っぱらって踊りだしてしまうシーンがあり、かわいいのにそういった一面もあるギャップに惹かれました!

Q:人生、初アフレコを終えてみての感想
佐々木:実際に現場に出て演じることが初めてだったので、とても緊張しました。(瀧脇)笙古とふたりで合わせるところがあったのですが、そこのタイミングの合わせ方であったり、すごく難しくて緊張したのですが、楽しかったです! あとガヤ録りにも参加させていただき、一体どうすれば良いのかわからなくなってしまいましたが、そういったところも勉強して、またこうしてお仕事ができればいいなと思います! 高松:代アニでレッスンしているときは、自分のやりたいことができていたと思っていたのですが、いざ現場に行ってみると、監督さんに言われたことが上手くできなかったり、現場の空気に飲み込まれてしまったので、この経験をバネに、これからはもっと自分の良さを出せるように頑張りたいなと思いました! 瀧脇:私はひとりで演じるシーンで、そのキャラクターがどういう気持ちかということを教えてもらったのですが、キャラクターの気持ちがわかっていても、言葉を上手く伝えることができなかったので、これからどんどん練習を積み重ねて、またチャンスを頂けたらなと思います。

Q:劇場版『はいからさんが通る』への応援コメント
佐々木:『はいからさんが通る』はキャラクターの一人ひとりがすごく活き活きしていて、輝いた作品になっていると思います! 豪華声優陣の皆様も出演されている『はいからさんが通る』を、ぜひ劇場でご覧ください! 高松:私たちが初めてアフレコに挑戦した作品です! アニメ好きの方はもちろん、普段アニメを観ない方にも観ていただきたいです! 瀧脇:『はいからさんが通る』は、私たちと同じ世代でも両親の世代でも、どんな世代の人が見ても楽しんでもらえる作品になっています! 11 月11 日公開です。ぜひ劇場で観ていただけると嬉しいです!


映画情報

劇場版『はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』
劇場版『はいからさんが通る 後編 ~東京大浪漫~』
前編 2017年11月11日(土)/ 後編 2018年公開予定
(C)大和和紀・講談社/劇場版「はいからさんが通る」製作委員会


リリース情報

2017.9.6 ON SALE =LOVE SINGLE「=LOVE」 


映画『劇場版 はいからさんが通る』作品サイト
http://haikarasan.net/

=LOVE OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/equal_love_12

=LOVE オフィシャルサイト
http://equal-love.jp/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC