市原隼人、永作博美にメロメロ「初日から持っていかれた」。田中哲司は、市原の意外な一面を暴露!

市原隼人、永作博美にメロメロ「初日から持っていかれた」。田中哲司は、市原の意外な一面を暴露!

9月24日(日)よりWOWOWの「連続ドラマW」で放送される『連続ドラマW 沈黙法廷』の完成披露試写会が神楽座で行われ、主演の永作博美、市原隼人、田中哲司が登壇した。

本作は、『廃墟に乞う』『警官の血』『制服捜査』など、多くの警察小説を手掛けてきた直木賞作家・佐々木譲が初めて挑んだ法廷ミステリー『沈黙法廷』を映像化。主人公である連続殺人事件の容疑者・山本美紀を数々の映画で受賞経験をもつ永作博美が演じるほか、彼女を信じ続ける青年・高見沢弘志を市原隼人、世間が注目する美紀の弁護に名乗りをあげる弁護士・矢田部完を田中哲司など豪華キャストが集結。連日マスコミで報道される、山本美紀の周りで発生する連続不審死。警察、マスコミ、そして彼女を信じる者…それぞれの立場からの視点で展開されていく刑事・法廷ドラマが融合した重厚なサスペンスに仕上がっている。

本作について、永作は「沈黙だからこそ、表には出てこないいろんなことが徐々に見えてくる作品になっていると思う。」と話し、「一言しゃべるのが怖くて…。セリフが少ない分、それにすべてが込められてしまうので、初めてこんなに怖かったですね。セリフだけではなく、目線ひとつでもだいぶ意味が出てきてしまうようなところもあって、非常にドキドキしながら演技をしています。」と話した。

永作演じる美紀を一途に想い続ける青年を演じる市原は「僕が演じる高見沢弘志は永作さん演じる美紀を追い求めてるんですけど、本当に現場で永作さんと会うのが素直に嬉しかったです。本当に魅力的な方で気さくに温かく声をかけて頂いて、屈託のない笑顔が大好きです。」とコメント。永作の第一印象を聞かれると「あまり第一印象というのはもたないようにしているんですが、永作さんを初めてお会いした時に、初めてのシーンがデートシーンだったんです。その時に、こういうの恥ずかしいねっていいながら演技している永作さんが超かわいかったです。初日からもってかれました笑」とメロメロの様子だった。

そんな市原の第一印象を田中は「体育会系のマッチョな硬派なイメージがあると思うんですが、繊細な部分を持っていて。撮影現場でカメラで撮影風景とか写真を撮っていて、この間、屋台のシーンでちょっと見せてもらったら、めちゃくちゃ繊細で綺麗な写真を撮っていて、そんな一面あるんだぁ、繊細だなぁって! ね! 空の色とか。写真は、市原君のインスタグラムで見れると思います。」と市原の意外な一面を明かすと、永作も「繊細さもそうですけど、話していると、やっぱりお酒でいろいろやらかしてたりとかもあって、やっぱり両極端あるなと思ったりもしました(笑)」と暴露した。

『連続ドラマW 沈黙法廷』は、WOWOWプライムで9月24日(日)から毎週日曜午後10時に放送される。なお、第1話は無料放送。

 

【STORY】
高見沢弘志(市原隼人)は、突然消えた恋人を忘れられず、ずっと行方を捜していた。その頃、都内でひとり暮らしをする資産家の老人(北村総一朗)が、絞殺体で発見される。所轄の刑事・伊室真治(杉本哲太)と西村敦子(臼田あさ美)は、隣人の証言などから家事代行業の女・山本美紀(永作博美)に行き着く。伊室らは警視庁捜査一課と合流し、美紀宅に急行するが、一足違いで埼玉県警に彼女の身柄を拘束される。その現場に居合わせた弘志。やっと見つけた彼女は、警察に連れて行かれてしまった。連続殺人犯としてマスコミの報道は過熱する。弘志は、弁護士の矢田部完(田中哲司)と共に、彼女の真実を探るため奔走する。それぞれが抱く美紀の人物像は十人十色。その上、美紀は裁判中に、突然黙秘し、事件は迷走していく。彼女は悪女かー、淑女かー。


『連続ドラマW 沈黙法廷』
9月24日(日)放送開始(全5話)※毎週日曜 夜10:00【第1話無料放送】
出演:永作博美 市原隼人 大倉孝二 臼田あさ美 藤本泉 甲本雅裕 金田明夫 北村総一朗 杉本哲太 田中哲司
原作:佐々木譲『沈黙法廷』(新潮社刊)
脚 本:尾崎将也(連続テレビ小説「梅ちゃん先生」)、三浦駿斗(「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」))
監 督:村上牧人(「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」「連続ドラマW 誤断」)、東田陽介(「水族館ガール」)
音楽:遠藤浩二(連続ドラマ小説「とと姉ちゃん」『悪の教典』)
「連続ドラマW 沈黙法廷」特設サイト
http://www.wowow.co.jp/dramaw/chinmoku/

『沈黙法廷』原作