元乃木坂46・深川麻衣、初映画!初主演!初映画祭が決定! 共演は三代目JSBの山下健二郎!

元乃木坂46・深川麻衣、初映画!初主演!初映画祭が決定! 共演は三代目JSBの山下健二郎!

昨年乃木坂46を卒業した深川麻衣が、映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で映画初出演、初主演、初映画祭出品することが決定した。

深川麻衣は、乃木坂46一期生としてメンバー入りし、14thシングル「ハルジオンが咲く頃」で初のセンターを務めるなど人気の最中、2016年6月に卒業した。
本作は初となる映画出演であり、初主演、さらに来る第30回東京国際映画祭に特別招待作品としての出品も決定しており、日本映画界にとって至宝の原石がスクリーンデビューを果たす。

共演は、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する他、舞台や映画へ俳優として出演、ラジオのパーソナリティーと、今の時代に合わせた変幻自在な表現を求め、幅広い活動を行っている山下健二郎。

作品は、恋愛映画の旗手として注目を集める監督・今泉力哉が描くオリジナル恋愛ストーリー。今泉力哉は、音楽ドキュメンタリー『たまの映画』(2010年)で商業監督デビューし、『こっぴどい猫』(2012年)が数々の海外映画祭で上映。山下敦弘監督と共同監督したドラマ「午前3時の無法地帯」や、乃木坂46の個人PVなど、映画以外にもその活動の場を広い。『サッドティー』(2014年)では男女の一筋縄ではいかない恋愛模様を描き注目され、長編映画作品には『知らない、ふたり』『退屈な日々にさようならを』などがある。

また、主題歌は、その歌声の温かさと力強さから「太陽の歌声」の異名を取るLeolaが担当。映画制作段階から監督とディスカッションを行い本人が書き下ろした楽曲「Puzzle」。映画本編のエンディングにそっと寄り添い優しくも深みのある余韻を与える。

主演を務めた深川麻衣は作品について、「登場人物達が、今泉監督の描く、あたたかく繊細な時間の中で、色々な「好き」の形を模索していく作品です。劇中に出てくる人達は、みんなどこまでも正直で愛嬌があって、とても魅力的でした。映画の撮影は、私にとってこの作品が初めてだったので、自分の中でも凄く大切な作品になりました。」、一方共演の山下健次郎は作品参加について、「今泉監督の世界観を肌で感じる事ができたので自分にとってとても貴重な時間でした!役者をやるにあたって何かとても大切な物を得た作品だったので感謝しております。自分にはない引き出しが増えたような気がします。」と二人の充実感溢れるコメントから、作品への手応えが感じられる。

映画は第30回東京国際映画祭に特別招待作品として上映されたあと、2018年2月17日公開。


映画「パンとバスと2度目のハツコイ」
2018年2月17日イオンシネマにて全国公開
キャスト:深川麻衣、山下健二郎(三代目J Soul Brothers)
伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂
監督・脚本:今泉力哉
主題歌:「Puzzle」/Leola(Sony Music Associated Records)
©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
オフィシャルサイト www.pan-bus.com