ニコラス・ケイジ、“愛国者の極み”『オレの獲物はビンラディン』より笑劇の新場面写真も公開!

ニコラス・ケイジ、“愛国者の極み”『オレの獲物はビンラディン』より笑劇の新場面写真も公開!

『オレの獲物はビンラディン』より新場面写真が解禁となった。

本作はアメリカを愛するあまり、たった独りでパキスタンに潜入し、“ビンラディン捕獲作戦”に挑んで全米を仰天させた実在するキテレツオヤジを、ハリウッドきっての愛され俳優ニコラス・ケイジが熱演した実話コメディだ。

この度解禁となったシン場面写真は、まさに“笑撃”ともいえるニコラス・ケイジの姿。星条旗に抱かれて眠るゲイリー(ニコラス・ケイジ)の愛国者の極みぶり。ろくにマットも引かず今にもいびきでも聞こえてきそうな熟睡ぶりのゲイリーの前にはビールの空き缶が散乱し、かなりのダメ人間ぶりが伺えるが、この後、日課である人工透析の最中に神の啓示を受け、ビンラディンを捕えるために単身パキスタンに向かうことになる。

『オレの獲物はビンラディン』は、12月16日(土)よりシネマート新宿他にて全国順次公開。

【STORY】 
入国手段はヨット、武器は日本刀!?
アメリカを愛しすぎた男の、世にも奇妙なパキスタン奮闘記
コロラド州の片田舎。アメリカをこよなく愛する中年男のゲイリーは、米同時多発テロの首謀者とされるテロリスト、オサマ・ビンラディンの居場所を政府がいつまでも見つけられないことに業を煮やしていた。
ある時、日課である人工透析の最中にゲイリーは神の啓示を受ける。「パキスタンに行って、ビンラディンを捕まえるのだ!」
アメリカを救えるのは、オレしかいない!――使命感を燃え立たせ、ゲイリーは独りぼっちで作戦を進めていく。資金集めのためラスベガスに飛び、入国手段のヨットや武器の日本刀を調達し……あらゆる波乱を乗り越えてようやく辿り着いたパキスタン。ところが、彼を待ち受けていたのは、意外にもフレンドリーな現地の人々で――!?


『オレの獲物はビンラディン』
12月16日(土)よりシネマート新宿他にて全国順次公開
監督:ラリー・チャールズ『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』
脚本:ラジヴ・ジョセフ&スコット・ロスマン『ドラフト・デイ』 
音楽:デヴィッド・ニューマン
撮影:アンソニー・ハードウィック 
美術:セバスチャン・スークプ 
衣装:メアリー・E・マクリード
出演:ニコラス・ケイジ/ラッセル・ブランド/ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ/レイン・ウィルソン/マシュー・モディーン

オフィシャルサイト
http://www.transformer.co.jp/m/finding-binladen/