原田泰造が“父性”と“男性”の揺れる心情を体現! 映画『ミッドナイト・バス』予告編解禁

原田泰造が“父性”と“男性”の揺れる心情を体現! 映画『ミッドナイト・バス』予告編解禁

2018年1月20日(土)に公開される原田泰造主演の映画『ミッドナイト・バス』の予告編がお披露目された。

直木賞候補の伊吹有喜の同名小説を映画化した本作は、新潟と東京を行き交う深夜高速バスの運転手を主人公に、別れた元妻、息子、娘、そして現在の恋人との葛藤のなかで、一度壊れた家族がもう一度向き合い、それぞれの人生の一歩を踏み出して再出発していく姿を描くヒューマンドラマ。主人公であるバツイチ中年男の高宮利一役を原田泰造が演じるほか、利一の元妻・加賀美雪役を山本未來、ひたむきに利一を想う天真爛漫な恋人・志穂役を小西真奈美、幼い頃に置き去りにした母を許せず葛藤する兄妹役を七瀬公と葵わかな、認知症を患う美雪の父・山辺敬三役を長塚京三が演じる。監督は映画『ジャンプ』以来、原田と2度目のタッグとなる竹下昌男がメガホンをとる。

映画『ミッドナイト・バス』予告編

予告編は、“トンネルを抜けると男で、新潟に戻ると父親”というキーワードをもとに、家族が衝突するシーンや、主人公と元妻、恋人とのやりとりを収めながら、家族それぞれが人生を再出発する先にはきっと希望があるだろうという温かな目線で描かれている。音楽は『北のカナリアたち』で第36回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞したヴァイオリニスト・川井郁子が担当。撮影は、ほぼ全編で新潟ロケを敢行しており、白鳥の郷や雪景色など新潟の美しい風景が刻まれている。

ヴァイオリニスト・川井郁子
写真:白鳥真太郎 / 写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ

作品情報

映画『ミッドナイト・バス』
2018年1月20日(土)公開

原作:伊吹有喜『ミッドナイト・バス』(文春文庫刊)
監督:竹下昌男
脚本:加藤正人
出演:原田泰造 山本未來 小西真奈美 葵わかな 七瀬公 長塚京三
音楽:川井郁子
主題歌:「ミッドナイト・ロード」川井郁子
配給:アークエンタテインメント
オフィシャルHP
midnightbus-movie.jp
©2017「ミッドナイト・バス」ストラーダフィルムズ/新潟日報社


原作小説

ミッドナイト・バス
伊吹有喜・著 
文春文庫刊