坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』先行オンライン試写会が開催決定

坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』先行オンライン試写会が開催決定

坂本龍一の初の劇場版長編ドキュメンタリー映画の先行オンライン試写会が、10月21日よりdTVにて開催されることが明らかとなった。

坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えた映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』は、第74回ヴェネチア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門公式作品で、坂本龍一が「すべてをさらけ出した」と言わしめた2012年から5年間という長期間に渡る密着取材によって実現したドキュメンタリー作品。

坂本龍一の初の劇場版長編ドキュメンタリーである本作は、2017年3月29日リリースのオリジナルアルバム『async』の制作過程に密着し、NYの自宅スタジオなどで行われたアルバム制作の様子、雨の音、北極圏の氷の溶ける音などの環境音を収集する音楽家としての姿を収めている。

今回、dTVでは、10月21日0時から22日23時59分の期間限定で、同作の先行オンライン試写会を開催。先行オンライン試写はdTV会員であれば誰でも応募可能で、抽選によって選ばれた限定250名が参加できる。

過去の旅路を振り返りながら、あらたな楽曲が誕生するまでの坂本龍一のすべてが堪能できる本作をひと足先にdTVで楽しもう。

なお、dTVでは、坂本龍一が音楽制作を手がけた映画として、英国アカデミー賞作曲賞受賞作品である『戦場のメリークリスマス』や、第60回アカデミー賞作品賞、作曲賞受賞作品『ラストエンペラー』、ゴールデングローブ賞音楽賞受賞『シェルタリング・スカイ』をはじめ、『レヴェナント: 蘇えりし者』『スネーク・アイズ』『新しい靴を買わなくちゃ』『一命』など数々の関連作品を配信中。

さらに、坂本龍一ピアノコンサートの模様を収録した『PLAYING THE PIANO/05』や、『Playing the Piano 2013 in Yokohama』、坂本龍一の代表曲である「Merry Christmas Mr. Lawrence」「The Last Emperor」「Energy Flow」「Asience」「鉄道員」など多数の音楽作品も見放題で配信中。『Ryuichi Sakamoto: CODA』の予習としてdTVで関連作品をチェックしよう。


映画情報

『Ryuichi Sakamoto: CODA』
11月4日(土)劇場公開
監督:スティーブン・ノムラ・シブル
プロデューサー:スティーブン・ノムラ・シブル エリック・ニアリ
エグゼクティブプロデューサー:角川歴彦 若泉久央 町田修一 空里香
プロデューサー:橋本佳子
共同制作:依田一 小寺剛雄
撮影:空音央 トム・リッチモンド、ASC 編集:櫛(フォントMingLiU)田尚代 大重裕二
音響効果:トム・ポール
製作プロダクション:CINERIC BORDERLAND MEDIA
製作:KADOKAWA エイベックス・デジタル 電通ミュージック・アンド・エンタテインメント
制作協力:NHK 共同プロダクション:ドキュメンタリージャパン
配給:KADOKAWA
(C)2017 SKMTDOC,LLC


先行オンライン試写会 応募URL
http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0000686

映画オフィシャルサイト
http://ryuichisakamoto-coda.com/

commons オフィシャルサイト
 http://commmons.com/

坂本龍一 オフィシャルサイト
https://www.sitesakamoto.com/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC