オダギリジョー、流暢なスペイン語を披露! 映画『エルネスト』よりスペシャルメイキング映像が解禁

オダギリジョー、流暢なスペイン語を披露! 映画『エルネスト』よりスペシャルメイキング映像が解禁

10月6日(金)に公開された映画『エルネスト』より、オダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督のコメントが入った豪華なスペシャルメイキング映像が解禁となった。

本作は、キューバ革命の英雄であるエルネスト・チェ・ゲバラからファーストネームの“エルネスト”を与えられ、行動を共にした日系ボリビア人、フレディ前村の物語。チェ・ゲバラの意志に共感し、革命に身を捧げていくフレディ前村が理想の社会に向かって戦う姿が描かれる。

メガホンをとるのは、実在する人物を題材にするのは今回が初挑戦となる阪本順治監督。そして医学生でありながらも戦いに身を投じていくフレディ前村を、阪本監督とは3度目のタッグとなるオダギリジョー、そして広島に訪れたチェ・ゲバラを取材した、実在した新聞記者の森記者を永山絢斗が演じる。

解禁されたスペシャルメイキング映像には、ゲバラから、ファーストネームの”エルネスト”の名を授かるシーン、ゲバラが広島に訪れ、平和祈念公園に献花するシーンや物語終盤のボリビアでの戦いなど、劇中で重要なシーンをメイキング映像と合わせて紹介する見応えのある映像となっている。

本作のメガホンをとった阪本監督は「まだ何も決まっていない状況で、諦めてしまっている人たちが日本だけじゃなくいると思う。その人達にゲバラの言葉《見果てぬ夢を見て何が悪い》をこの映画を通じて伝えたい」と作品に対する想いを語る。

「フレディのようにゲバラの志を持った名もなき戦士たちがたくさんいることは忘れたくないし、ゲバラだけを特別視したくない。」と語ったオダギリは、本作の撮影のために12kgの減量をしていたこともあり、かなりやせ細っているのが見て取れる。また、全編スペイン語での演技に挑んだオダギリの流暢なスペイン語も披露しており、劇中、ゲバラの言葉である《見果てぬ夢を見て何が悪い》とフレディ前村が叫ぶシーンも。

阪本監督の作品と聞いて、出演を即決したという永山は「ちょっと違った視点からゲバラを見られるというのが、すごく新鮮ですし、ゲバラを知らなかった人も楽しめる作品になっていると思います」本作の出来栄えを自信たっぷりに語っている様子も収められている。

【STORY】
50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、一人の日系人がいた――。
キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているゲバラは、1967年にボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである“エルネスト”を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。


映画『エルネスト』
2017年10月6日公開
監督・脚本:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス
※日本・キューバ合作
配給:キノフィルムズ、木下グループ
オフィシャルサイト:http://www.ernesto.jp/
(c)2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.