チャラン・ポ・ランタン、シルク・ドゥ・ソレイユに捧げる楽曲を即興演奏「サポーターになれて、うれしい」

チャラン・ポ・ランタン、シルク・ドゥ・ソレイユに捧げる楽曲を即興演奏「サポーターになれて、うれしい」

世界最高峰のエンターテインメント集団、シルク・ドゥ・ソレイユの創設30周年記念作『ダイハツキュリオス』日本公演が、2018年2月7日よりお台場ビッグトップにて開幕。

開幕に先立ち、同公演の記者発表が10月12日、13時よりフジテレビにて開催された。

シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演最新作となる『キュリオス』は、“11時11分”から1分間の中で起きる想像の世界。ステージのモニターに映し出された時計が“11:10”から”11:11“に変わると、客席後方から現れたのはキュリオスアーティストのクララ、ニコ、ミスター・マイクロコスモス。ジャグラーも加わりステージへと登場すると、会場内は一気にキュリオスの世界へ。そしてステージ上で、“ロシアン・クレードル”の生パフォーマンスがスタート。男女のアーティストが繰り出すさながら人間空中ブランコのような技の数々は、観るものを夢中にさせた。

パフォーマンスが終わると、今回の日本公演を盛り上げる、スペシャルサポーターが続々と登場。藤田ニコル、キャイ〜ンの天野ひろゆき・ウド鈴木、サンドウィッチマンの伊達みきお・富澤たけし、LiLiCo、チャラン・ポ・ランタンのもも・小春、そして2003年の『キダム』以降、シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演の応援団長を務める小倉智昭がステージに登壇し、日本公演への期待とサポーター就任の意気込みを語った。

今回会場に来られなかった中村勘九郎・中村七之助・中村勘太郎、橋本環奈からもビデオメッセージが届けられた。

また、チャラン・ポ・ランタンはこのイベントのためにキュリオスの楽曲を制作し、即興で披露した。

小倉はひと足先にアメリカ・ポートランドで『キュリオス』を観劇をした感想を聞かれ、『キュリオス』唯一の日本人アーティストであり、先日クララ役として大抜擢された“池田一葉”とのエピソードなどを熱く語った。そしてスペシャルサポーターが揃ったところで、キュリオスアーティストによる“コントーション”が披露され、人間技とは思えない柔軟性とコンビネーションにサポーターたちからも驚きの声があがった。

さらに、“11:11”の時間がキュリオスの世界観を作るひとつの要素であることから、11月11日が“キュリオスの日”として認定(日本記念日協会)されたことも発表され、会場には大きな拍手が生まれた。

最後に、小倉の音頭で日本公演の成功を願って、全員で「11月11日はキュリオスの日!」とかけ声を上げて、発表会は幕を閉じた。

チャラン・ポ・ランタン もも/小春 コメント
21年前、アコーディオン弾きを『アレグリア』で観て、アコーディオンがほしくなってサンタさんにお願いしたのがきっかけで、今は音楽活動をしています。サポーターになれて、うれしいです!

『キュリオス』オフィシャルサイト
 http://www.kurios.jp

チャラン・ポ・ランタン オフィシャルサイト
 http://www.charanporantan.net/


Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC