注目の新人女優、竹内愛紗が桐谷美玲 主演映画『リベンジgirl』で銀幕デビュー!

注目の新人女優、竹内愛紗が桐谷美玲 主演映画『リベンジgirl』で銀幕デビュー!

桐谷美玲が2年ぶりに主演を務める映画『リベンジgirl』に竹内愛紗が出演することが明らかになった。

本作は、清智英・吉田恵里香『リベンジgirl』(KADOKAWA刊)を原作に、『覆面系ノイズ』の公開も控える三木康一郎が監督を務めたラブストーリー。『ヒロイン失格』以来、2年ぶりの主演となる桐谷美玲が、誰もが振り返る美女なのに極度の性格ブスに、自分だけが気づいていない残念な“イタイ女”を、そして劇団EXILEメンバー鈴木伸之が、イタイ性格でどこまでもゴーイング・マイ・ウェイな美輝の敏腕選挙参謀・門脇俊也役を演じる。

この度、第二弾キャストとして発表された竹内は、2017年3月に「Y!mobile」のCM出演を果たし、芸能界デビュー。デビュー3か月で「週刊ヤングジャンプ」表紙に起用され、2017年10月17日(火)スタートの『明日の約束』(フジテレビ系)で連続ドラマデビューを果たす今最も勢いのある新人女優で、本作で銀幕デビューとなる。

気になる役どころは、桐谷が演じる美輝の妹・宝石美咲役。意識過剰で自己中心的な姉とは正反対で冷静沈着で、美輝の唯一の理解者であり、美輝の暴走を冷静にたしなめる、優しく大人びた役を演じる。

映画初出演となる本作で、どのような輝きを放つのか。また、三木監督が彼女の魅力をどう引き出すのか注目だ。

【竹内愛紗(宝石美咲 役)コメント】
憧れの桐谷美玲さんの妹役をやらせて頂くことになり、驚きと喜びでいっぱいです。
私が演じる美咲は、美玲さん演じる宝石美輝の妹で、自信過剰な姉とは正反対の、真面目で冷静な妹という役どころです。
実際に私も兄がいて、兄との関係性はお互いに家ではOFFモードな部分があるので、リアルな姉妹感を出すために、宝石美咲として姉が気を許してくれるようなOFF感を出せたらいいなと思い、日々研究の毎日です。
撮影では、最初は緊張してしまい体も固まったりしてしまいましたが、三木監督が、ほとんど経験のない私に撮影の順序から、優しく丁寧に教えてくださり、安心して撮影に臨んでいます。
美玲さんは、撮影の途中にアドバイスをくださったり、空き時間にお話をしたり、本当のお姉ちゃんのようで、撮影が楽しいです。

【三木康一郎監督コメント】
竹内さんに初めて会った時、僕のくすんだ心が一気に晴れたような感覚になったのを覚えています。
その瞬間、彼女を抜擢しようと思いました。何色にも染まっていない彼女の魅力をスクリーンでも皆さんに味わってもらえたらと思います。

【STORY】
恋の終わりは、恋のはじまり。
選挙に挑む彼女と、その参謀。“本当の恋”が動きだす!
東大首席、ミスキャンパス1位の宝石美輝(桐谷美玲)は誰もが振り返る美女。しかし、極度の性格ブスで、自分だけがそのことに気づいていない残念な“イタイ女”。ある日、イケメンで素敵な斎藤裕雅(清原翔)と恋に落ち、自然と付き合うことに。政治家一家のサラブレットである彼はいつもスマートで、世界一の幸せ者だと思っていたのに…まさかの大失恋!?失恋のリベンジを果たすべく、選挙に挑むことを決意!選挙秘書として出会った門脇俊也(鈴木伸之)がとにかく嫌な男。はじめは嫌なヤツと思っていたのに…美輝は本当の恋に気づくことができるのか!?


『リベンジgirl』
12月23日(土・祝)全国ロードショー
監督:三木康一郎(『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『覆面系ノイズ』)
原作:清智英・吉田恵里香「リベンジgirl」(KADOKAWA刊) 
脚本監修:吉田恵里香(『ヒロイン失格』) 
脚本:おかざきさとこ
製作幹事:ギャガ / ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2017 「リベンジgirl」製作委員会
オフィシャルサイト
http://revengegirl-movie.jp/

オフィシャルTwitter:@revengegirl1223
オフィシャルInstagram:@revengegirl1223
オフィシャルFacebook:@映画『リベンジgirl』