まるでアー写! 太賀×中村蒼×矢本悠馬のカッコつけすぎな新現場写真が公開!

まるでアー写! 太賀×中村蒼×矢本悠馬のカッコつけすぎな新現場写真が公開!

早見和真の同名小説を新鋭・廣原暁監督が映画化した『ポンチョに夜明けの風はらませて』より新撮影現場写真が解禁された。

本作は、将来に夢や希望を見いだせないまま、ただ何となく日々を過ごしていた男子高校生たちが「何かを変えたい!」と高校最後の旅に出発する模様を描く青春ロードムービー。人情深くお調子者の主人公・又八を演じるのは太賀、知的でクールなジン役に中村蒼、心優しいジャンボ役に矢本悠馬などの若手実力派俳優のほか、染谷将太、佐津川愛美、阿部純子などの個性的なキャストが集結している。

この度解禁となった写真は、キメ顔で大空を見上げたり、海をバックに思い思いにポーズをとる3人の姿など、まるでバンドのアー写のようなクオリティ。現場写真を撮影したのは、映画『SCOOP!』、『聖の青春』などのスチール撮影を手がけたカメラマン、三宅英文。自他共に認めるカメラ好きの太賀の師匠でもある三宅による、 “ズッコケ3人組”のどこか微笑ましい写真となっている。

   

また、新宿武蔵野館では本作の公開を記念して、廣原暁監督作品の特集上映が決定。大学の卒業制作作品で、海外の映画祭、そして黒沢清監督が絶賛した『世界グッドモーニング!!』を始め、『HOMESICK』、『返事はいらない』など全9作品が、10/21(土)より1週間限定で上映される。

10/25(水)には、太賀、廣原監督、そして太賀が出演し公開が控えている『南瓜とマヨネーズ』の冨永昌敬監督によるトークイベントを実施。自身も大学の卒業制作作品が海外の映画祭で受賞し注目を浴びた冨永監督は、廣原作品をどう見たのか⁉ 映画ファン必見のトークイベントになりそうだ。

映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』は10月25日(土)に新宿武蔵野館他にてロードショー。

『ポンチョに夜明けの風はらませて』
2017年10月28日(土)に新宿武蔵野館他にてロードショー
出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太 佐津川愛美 阿部純子
原作:早見和真『ポンチョに夜明けの風はらませて』(祥伝社刊)
監督・脚本:廣原暁
製作:『ポンチョに夜明けの風はらませて』製作委員会(東映ビデオ/RIKIプロジェクト/博報堂DYミュージック&ピクチャーズ)
企画・制作:RIKIプロジェクト
配給・宣伝:ショウゲート

オフィシャルサイト http://poncho-movie.jp/

『ポンチョに夜明けの風はらませて』原作