村上隆、6m×3mの巨大作品公開! 「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」より奈良美智、蜷川実花らの作品も公開

村上隆、6m×3mの巨大作品公開! 「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」より奈良美智、蜷川実花らの作品も公開

2017111日(水)から201818日(月・祝)まで、六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリーにて開催される「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」。本展では、日本の現代美術を牽引するアーティスト28組が参加し、ドラえもんと現代アートの競演が実現する。

この度、展覧会開催に先だち、2002年に行われた「THE ドラえもん展」に続き今回も参加する、村上隆、奈良美智、蜷川実花、福田美蘭、森村泰昌の作品がオフィシャルサイトにて公開された。本展覧会では、前回参加したアーティストの作品は、2002年の作品も併せて展示される予定だ。

<村上隆さん/アーティスト>
作品タイトル:『あんなこといいな 出来たらいいな』

村上隆は自身の代表作「お花」と「ドラえもん」を合わせた、6m×3m の巨大な作品を制作。本展のメインビジュアルである今回の作品は、「ドラえもんの作品の中で、一番大切なものはなんだろう、と考えた時、“藤子先生(藤子・F・不二雄先生)”ご本人だということに気づき、絵に入れた」と言う。描かれたキャラクターは、漫画を中心とした数々の名シーンが随所にちりばめられている。

『あんなこといいな 出来たらいいな』
©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co.,Ltd.All Rights Reserved.
©Fujiko-Pro


前回展作品『ぼくと弟とドラえもんとの夏休み』(2002 年)
©Fujiko-pro & Takashi Murakami / Kaikai Kiki 2002

<蜷川実花さん/写真家、映画監督>
作品タイトル:『ドラちゃん1 日デートの巻 2017』

前回と同様に「ドラちゃん1 日デートの巻 2017」と題し、“もしドラちゃんが彼だったら”をテーマに作品を制作。15 年前と同じコンセプトで今やるならどうなるか、というところから生まれた今回の作品は、SNSで発信することの時代感を意識して制作したとのこと。会期中には、写真の展示並行して、作品に登場する“デート相手”のInstagram専用アカウントから、作品写真を日々発信していく展示方法で“ドラちゃんとのデート”を表現する。


『ドラちゃん1日デートの巻 2017』
©mika ninagawa ©Fujiko-Pro


前回展作品『ドラちゃんと1 日デートの巻』
©Fujiko-Pro & mika ninagawa 2002

2002年から2017年。現代アートの進化を楽しめる本展は11月1日(水)より 六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーで開催。


THE ドラえもん展 TOKYO 2017
開催期間 : 2017 年11 月1 日(水)~2018 年1 月8 日(月・祝) 会期中無休
会 場 : 六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリー (東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52 階)
主 催 : テレビ朝日、朝日新聞社、ADK、小学館、シンエイ動画、小学館集英社プロダクション、
乃村工藝社、森アーツセンター
特 別 協 力 : 藤子プロ・創立30周年記念事業

■参加アーティスト ※順不同
蜷川実花、福田美蘭、村上隆、森村泰昌(コイケジュンコと共同制作)、会田誠、梅佳代、小谷元彦、鴻池朋子、佐藤雅晴、しりあがり寿、西尾康之、町田久美、Mr.、山口晃、渡邊希、クワクボリョウタ、後藤映則、近藤智美、坂本友由、シシヤマザキ、篠原愛、中里勇太、中塚翠涛、山口英紀+伊藤航、山本竜基、れなれな、ほか

オフィシャルサイト : http://thedoraemontentokyo2017.jp
オフィシャルTwitter : @thedoraemonten