坂本龍一、200人しか観られなかった幻のNYライブの映像が一部解禁。「誰にも聴かせたくなかった」

坂本龍一、200人しか観られなかった幻のNYライブの映像が一部解禁。「誰にも聴かせたくなかった」

映画『戦場のメリークリスマス』『ラストエンペラー』などの楽曲を手がけ、英国アカデミー賞、米アカデミー賞、グラミー賞など数々の賞を受賞。世界的音楽家として評価されている坂本龍一。

8年ぶりに発表されたオリジナルアルバム『async』をベースに2017年4月、ニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで行われた限定ライブが、世界に先がけ『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』として2017年のプレミア上映を皮切りに、日本最速上映が決定した。

そして本日、2日間限定、200人しか観られなかった幻のパフォーマンス映像が、いち早く予告編として解禁。上映劇場や作品サイトでその全貌を観ることができる。

90年代後半より、社会問題・環境問題に意識を向けるようになった坂本龍一は、音楽表現にも影響していく中、中咽頭癌と診断される。そして、1年の闘病生活を経て、『async』で復帰。映画音楽やテクノといった同期を前提とする楽曲を作ってきた坂本が行き着いた先は、“音”そのものと向き合う非同期的な音楽だった。

今回公開された90秒の予告編では、アンドレイ・タルコフスキー監督の架空の映画音楽を書くというコンセプトのもと、限定された貴重な空間で100人の観客が見守るなか、ピアノやガラス板など駆使して「非同期的な音楽を作りたい」と本人が感じるまま演奏したパフォーマンスと、「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくなかった」という、本人のコメントから生まれた強烈なキャッチコピーでインパクトを残している。

なお、本作は11月3日、同じスティーブン・ノムラ・シブル監督のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto : CODA』と2本連続でプレミア上映。2018年1月27日に全国映画館にて公開される。


映画情報

『Ryuichi Sakamoto : CODA』
11月4日(土)劇場公開
監督:スティーブン・ノムラ・シブル プロデューサー:スティーブン・ノムラ・シブル エリック・ニアリ
エグゼクティブプロデューサー:角川歴彦 若泉久央 町田修一 空里香
プロデューサー:橋本佳子
共同制作:依田一 小寺剛雄
撮影:空音央 トム・リッチモンド、ASC
編集:櫛(フォントMingLiU)田尚代 大重裕二
音響効果:トム・ポール
製作プロダクション:CINERIC BORDERLAND MEDIA
製作:KADOKAWA エイベックス・デジタル 電通ミュージック・アンド・エンタテインメント
制作協力:NHK
共同プロダクション:ドキュメンタリージャパン
配給:KADOKAWA
(C)2017 SKMTDOC,LLC


映画『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK : async』作品サイト
http://liveviewing.jp/sakamotoasync/

映画『Ryuichi Sakamoto : CODA』作品サイト
http://ryuichisakamoto-coda.com/

commons オフィシャルサイト
 http://commmons.com/

坂本龍一 オフィシャルサイト
 https://www.sitesakamoto.com/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC