神木隆之介、「新海監督作品が異常なくらい大好き」。『新海誠展』音声ガイドナレーター収録インタビューが到着! 

神木隆之介、「新海監督作品が異常なくらい大好き」。『新海誠展』音声ガイドナレーター収録インタビューが到着! 

国立新美術館(東京・六本木)にて11月11日(土)~12月18日(月)まで開催される。『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』の音声ガイドナレーターを務める、神木隆之介のインタビューが到着した。

アニメーション映画監督・新海誠のデビュー15周年を記念して開催される『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで-』。

本展は、2002年に短編アニメーション『ほしのこえ』で商業デビューし、“美しく壮大な世界ですれちがう男女の物語”を完成度の高い作品に結晶させ、世代や国境を越えて多くの人々をひきつけている新海誠を、貴重な制作資料である絵コンテ、設定、作画、美術、映像をはじめ、世界観を体験できる造形物など約1000点を通じて紹介。開館10周年となる国立新美術館は、他会場より広い2000平米もの展示空間になるため、専門家を招いてのキュレトリアルチームを編成し、“キーワードで読み解く作品世界”、“新海誠と時代背景”、“映像作品の裏舞台”、“世界に広がる新海誠作品”など、国立新美術館だけでしか見ることのできない内容も展開する。

神木は、映画『君の名は。』で主人公・立花瀧役を演じた、自他ともに認める“新海誠作品ファン”。9月末に都内スタジオで行われた収録では、「こんにちは。神木隆之介です。新海誠展にようこそ」。瑞々しくさわやかな声で、まるで聞き手とともに展示をめぐっているかのようなナレーションを披露した。

【神木隆之介インタビュー】

Q.今回、音声ガイドの依頼のお話を聞いた時はどのようなお気持ちでしたか?
率直にうれしかったです。新海監督のことが大好きですし、どの作品も異常なくらい大好きで。映画「君の名は。」に携われることができたことが幸せで、映画が公開されて1年が経っても、またこうして作品に携われる機会はなかなかないと思います。

Q,美術館の音声ガイドのナレーションを担当されるのは初めてとのことでしたが、普段の仕事と違い、何か意識されたことはありますか?
難しい文章や聞き慣れない言葉もあり、大変な部分もありましたが、台本を読んでいると作品の情景が浮かんできて、それがすごく心地よかったです。話す速度や表現など、どう話せばわかりやすいのかを考えながら、「ここは抑揚をつけてみよう」などと工夫して臨みました。

Q. 台本を読まれて、どのような展覧会になりそうだと感じられましたか?
新海監督が見てきた風景、思ったことは作品に反映されていると思うのですが、監督が具体的にどう歩まれてきて、今ここにいるのか、ということを落ち着いた雰囲気の中で観られる展覧会になっているのではないかと思います。作品をより深く見られるきっかけになるでしょうし、僕も本当に楽しみにしています。

なお、東京都内の駅構内や車内・ビジョンにおいて各種交通広告が展開中だ。特に国立新美術館のある六本木駅では、11月6日からスペシャル版として東京メトロ日比谷線付近の改札外壁面に、各6作品の名場面が心を打つ言葉とともに掲出。誰もが思わず目を奪われる新海作品のビジュアルに注目だ。

さらに、展覧会会場内に来場記念のスタンプが設置。スタンプ台紙のデザインは、巡回展の静岡・三島の大岡信ことば館、長野・小海町高原美術館など各々の会場毎に絵柄が変わっており、国立新美術館では、開催期間中2回に分けて、(前半:11月11日~11月30日、後半:12月1日~12月18日)違う絵柄のスタンプ台紙が登場する。


国立新美術館開館10周年 
『新海誠展 -「ほしのこえ」から「君の名は。」まで -』東京会場

2017年11月11日(土)~ 12月18日(月)
※休館日 :毎週火曜日
開催時間 :10:00 ~18:00(毎週金曜日、土曜日は 20:00 まで)
※入場は閉館の 30分前まで
会場 : 国立新美術館 企画展示室2E
入館料 :〔当日〕 一般 1,600円、大学生 1,200円、高校生800 円
〔前売/団体〕 一般 1,400円、大学生 1,000円、高校生600 円
・団体券は 国立新美術館のみで販売(20 名以上)
・中学生以下無料 
・障がい者手帳をご持参の方は入場無料(付添1名含む)
・11月17日(金)、18日(土)、19日(日)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)

主催 : 国立新美術館、 朝日新聞社、東宝、テレビ朝日 、コミックス・ウェーブ・フィルム 、アミューズ

展覧会ホームページ 
http://shinkaimakoto-ten.com/
東京会場特設ホームページ
http://shinkaimakoto-ten.com/tokyo/

【巡回展情報】
小海町高原美術館(長野会場)
2017年9月2日(土)~10月29日(日)
札幌芸術の森美術館(北海道会場)
2018年1月3日(水)~2月25日
北九州市漫画ミュージアム (福岡会場)
2018年7月21日(土)~ 9月24日(月 ・祝)
以降、全国巡回予定。