俳優“太賀”の凄さとは!?  日本映画界を牽引する太賀× 廣原暁監督×冨永昌敬監督3人によるクロストーク開催!

俳優“太賀”の凄さとは!?  日本映画界を牽引する太賀× 廣原暁監督×冨永昌敬監督3人によるクロストーク開催!

早見和真の同名小説を新鋭・廣原暁監督が映画化した『ポンチョに夜明けの風はらませて』が10月28日(土)より新宿武蔵野館にて公開が行われることを記念して、現在、廣原暁監督作品を1週間限定で一挙上映を行っている。
最新作『ポンチョに夜明けの風はらませて』は、将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生3人組のハチャメチャな“高校最後の旅”を描く青春ロードムービー。
その公開の2週間後には、冨永昌敬監督『南瓜とマヨネーズ』の公開が控え、日本映画界を支える実力派若手俳優である太賀の出演作品がこの秋、新宿武蔵野館で同時期に上映となるということ、そして、廣原監督、冨永監督共に、大学の卒業制作作品が海外の映画祭で受賞し注目を浴びるなど、共通点も多いことから、太賀×廣原監督×冨永監督によるトークイベントが10月25日に開催された。
2人の俊英監督が語る、「俳優・太賀」とは!? トークイベントでは冨永監督が、太賀のマル秘失敗エピソードを披露! インディーズ日本映画を牽引する3人の、ディープなトークイベントとなった。

左:冨永監督 中央:太賀 右:廣原監督

3人が登壇し、いよいよトークがスタート。
まず、トーク後に上映される『世界グッドモーニング!!』を監督した廣原監督作品について、冨永監督は「廣原監督の卒業制作作品『世界グッドモーニング!!』も『ポンチョに夜明けの風はらませて』も、廣原監督が映画作りと戦っていないのがすごいと思いました。語弊があるかもしれませんが、戦おうとしたらこんなに自由に撮れないです。僕も、昔は戦わずに自然に撮れていたこともありましたが、それをずっと続けるのは難しいことです。それは正直、羨ましいと思いました。」と同じ監督としての鋭いコメントを披露した。
太賀は、「僕は映画を役者目線でしか観ることができないのですが、『世界グッドモーニング!』で印象的だったのは主人公が「どこから連れてきたんだろう!?」というくらい新鮮でした。うだつの上がらない男の子が主人公という点は、『ポンチョ〜』で演じた又八にも通じてると思います。主人公が抱えている憂鬱が、画面から炸裂している印象がありました。」と役者への演出面にも通ずる役者ならではのコメントを展開した。

廣原監督

逆に11月11日に公開が控えている『南瓜とマヨネーズ』の冨永作品について、太賀は、「明らかにそれが物語で作り物だと分かるのに、妙なリアリティがあるという印象です。冨永監督のこだわりに乗っかっていくと、想像してなかったアプローチというか、後から気づかされることがあります。」と撮影中のエピソードを交えたコメントに想像を超えたところへアプローチできる環境だったことがうかがえた。

太賀

また、太賀が『ポンチョに夜明けの風はらませて』の撮影を振り返り、「廣原監督は、独特な距離感があり、役者から出てくるものを信じて、まずは見て、遠くで「ふんふん」と。」と話すと、廣原監督は「多い時は5人登場人物が同じシーンにいるので、一人一人に演出というより、皆さんに先にイメージを伝えて、当日集まってどうなるかなと、乱暴なやり方をしました。」と答えた。自身曰く不器用と言っていたが、役者を信頼して、そこから出てくるリアルを追求した現場だったに違いない。
その演出について冨永監督は、「それいいですね! 僕は、大昔はコントロールしようと思ってました。脚本が分からなかったら、普通は聞いてくれると思うんですが、当時一緒に映画を作ってた友達は聞いてくれないんです。だから、カットごとに説明していました。そのシーンがどんなものになるのか分かっていない人たちと撮っていたので、コントロールするしかない。後から、「こんな映画撮ってたんだ」と言われてました(笑)。」とコメントすると場を和ませていた。

冨永監督

10月から11月にかけて、2本の主演作が公開される“俳優・太賀”についての話に及ぶ。
冨永監督は「『南瓜とマヨネーズ』よりも『ポンチョ〜』の方が、僕が知っている普段の太賀くんに見えました。太賀くんとは面白い思い出があって、その姿が『ポンチョに夜明けの風はらませて』とかぶるんです。『南瓜とマヨネーズ』の撮影が終わって、出演者たちと釣りに行ったんですけど、太賀くんだけ手ぬぐいを巻いてきてるんですよ。一人だけ土木作業員的な。「ああ、この人は主役だな」、と(笑)。それから、アウトドア好きの共演者が持参した椅子を防波堤に置いた途端、風に飛ばされで海に沈む。普通はそこで気をつけるのに、ちょっと時間が経つとまた椅子を飛ばすんですよ(笑)。だから『ポンチョに夜明けの風はらませて』を観て「これだよ!!」と。」と話すと、太賀は「又八というキャラクターの、役作りの一環とも言えますね(笑)」と返し、太賀のキャラが良くわかるエピソードに会場が沸いた。

© 2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会

廣原監督は「『ポンチョに夜明けの風はらませて』の撮影中は又八としての太賀くんをだけを見ていたので、勝手にこういう人だろうと思い込んでいたら、『南瓜とマヨネーズ』を観て全然違うな、と。繊細で、又八とは真逆。部屋の中やお店の中など、狭い範囲でのお芝居が多いんですが、その場所だけで見せるのがすごいな、と。」と絶賛すると、太賀は、「2つある演技の引き出しを、『ポンチョに夜明けの風はらませて』と『南瓜とマヨネーズ』で使いまわしました(笑)。」と謙遜して答え、笑いを誘っていたが、主演作品も多く、出演作品が相次ぐ状況化を考えると、太賀という役者がクリエイターからも持ち前のキャラクタ―に加え、役への没入感から醸し出す独特の存在感が評価されているからではないだろうか。

©魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

『ポンチョに夜明けの風はらませて』、『南瓜とマヨネーズ』、どちらも太賀自身から出てきている対象的な作品となっている。そしてどちらにもあたかも存在していると想わせる佇まいとリアリティが存在する。
最後に太賀は、「役を演じ分けてるという明確な意識はないです。出発点は僕自身にあるし、脚本家の作家性や監督の演出によって「引っ張ってください!」という感じです。『ポンチョに夜明けの風はらませて』と『南瓜とマヨネーズ』は対称的でした。『南瓜とマヨネーズ』のせいいちには、僕に無いものが確実にあり、距離を感じました。だから、自分の頭や心の中で積み上げて挑むというアプローチ。『ポンチョに夜明けの風はらませて』の又八は自分に近いので、頭で考えずに直感的にやれたらいいなと。そういう意味では違う切り替えができました。」と両作品への自信をうかがわせてイベントは終了した。

新進気鋭の2人の監督に太賀が全力でぶつかった作品は10月28日より『ポンチョに夜明けの風はらませて』、11月11日より『南瓜とマヨネーズ』が公開される。
太賀の“凄さ”を確かめるためにも、2本とも劇場に足を運んでほしい。

取材・写真/エンタメステーション編集部

[イベント概要]
『ポンチョに夜明けの風はらませて』公開記念 廣原暁監督過去作特集上映トークショー
■日時:10月25日(水)29:45~21:15
■場所:新宿武蔵野館(新宿区新宿3-27-10 武蔵野ビル3F)
■登壇者:太賀(24歳)、廣原暁監督(31歳)、冨永昌敬監督(41歳)


映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

10月28日(土)新宿武蔵野館他にて全国ロードショー

原作:早見和真「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社刊)
監督:廣原暁
脚本:大浦光太 廣原暁

出演:太賀 中村蒼 矢本悠馬 染谷将太 佐津川愛美 阿部純子
/ 角田晃広(東京03)
/ 佐藤二朗 西田尚美
主題歌:忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)製作:「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会
  企画・制作:RIKIプロジェクト
配給・宣伝:ショウゲート
公式サイトponcho-movie.jp
©2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会

ストーリー:
将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、又八だけが進路を決められずにいた。“ありふれた日常から抜け出したい”と、ジャンボの父親の愛車セルシオを拝借して海に向かう3人。途中で凶暴なグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)も加わり、ハチャメチャな旅を続ける。一方、3人に置いてけぼりをくらった中田(染谷将太)は、又八と約束した卒業ライブに向けて1人、ギターの練習に明け暮れていた――。

原作本

ポンチョに夜明けの風はらませて
早見和真(著) / 祥伝社文庫


映画『南瓜とマヨネーズ』

2017年11月11日(土) 全国ロードショー

監督・脚本:冨永昌敬
原作:魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』(祥伝社フィールコミックス)

キャスト:臼田あさ美 太賀 浅香航大 若葉竜也 大友律 清水くるみ 岡田サリオ
光石研 / オダギリジョー

製作:『南瓜とマヨネーズ』製作委員会
制作プロダクション:スタイルジャム
配給:S・D・P
オフィシャルサイトkabomayo.com
©魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会

ストーリー:
ツチダ(臼田あさ美)は同棲中の恋人・せいいち(太賀)のミュージシャンになる夢を叶えるために、内緒でキャバクラで働き生活を支えていた。一方、無職で曲が書けずスランプに陥ったせいいちは毎日仕事もせずにダラダラと過ごす日々。
しかし、ツチダがキャバクラの客・安原(光石研)と愛人関係になり、生活費を稼いでいることを知ったせいいちは心を入れ替え働き始める。そんな矢先、ツチダにとって今でも忘れられない昔の恋人・ハギオ(オダギリジョ-)と偶然、再会を果たす。
過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが…。

原作本

南瓜とマヨネーズ
魚喃キリコ(著)
フィールコミックス

©魚喃キリコ/祥伝社フィールコミックス