乃木坂46“真夏の全国ツアー2017 FINAL!”。卒業する伊藤万理華、中元日芽香、涙と笑顔で感動のフィナーレ!

乃木坂46“真夏の全国ツアー2017 FINAL!”。卒業する伊藤万理華、中元日芽香、涙と笑顔で感動のフィナーレ!

7月1日明治神宮野球場からスタートした“真夏の全国ツアー2017”。11月8日、東京ドームにてツアーファイナルを迎えた。
乃木坂46として最大規模、ファイナルの東京ドーム2公演を含め、全国6会場、計28万人以上の動員が今の乃木坂46の快進撃を物語っている。

最新シングル「いつかできるから今日できる」の累計出荷枚数も120万枚を超え、人気を不動のものとしている乃木坂46、初の東京ドーム、それもツアーファイナルのプラチナチケットを手にした約5万人のファンが集結。 開演直前には、生駒里奈、生田絵梨花、星野みなみによる影アナでファンを煽り、OVERTUREがスタートすると会場は大歓声に包まれた。
「制服のマネキン」「夏のFree&Easy」「裸足でSummer」「太陽ノック」とヒットナンバーを披露し、会場のテンションを上げていった。

最初のMCで桜井玲香から「みなさん元気ですか!」に大歓声で反応する。東京ドーム2日目ということで前日を振り返った西野は「昨日の初日ですごく汗かいて、お風呂上りの状態で、口に入る汗がしょっぱくて。終わった後にペットボトル飲みほした。」と話すと、堀は「昨日寝る前にモヤモヤすると思ったら、東京ドームで変顔してませんでした。」と告白。公演中46回変顔を披露すると宣言して、会場を盛り上げた。
その後も代表曲が続き、「ぐるぐるカーテン」「バレッタ」、そして3期生で「三番目の風」「思い出ファースト」を披露し存在感を見せると、「でこぴん」「あらかじめ語られるロマンス」、そして「ダンケシェーン」「ハウス!」ではフロートに乗ったメンバーが会場を一周。1期生もキュートなパフォーマンスと貫禄をみせた。

後半には、アンダーメンバーも魅せる。12月には近畿・四国でのライブが、来年1月にはアルバムの発売が決まっているが、「アンダー」「My rule」で圧巻のパフォーマンスを披露。乃木坂46の層の厚さが実感できる瞬間だった。

舞台を見に来ているようなステージ演出がされた「命が美しい」「逃げ水」、会場が真っ赤な空間に染まった「インフルエンサー」とエンディングに向かって会場のテンションも最高潮。本編ハイライトは、生田のピアノソロに合わせてパフォーマンスされた「君の名は希望」。この楽曲では、メンバー自身が噛みしめながら歌う姿に魅了され、温かい空間に誘われた。その生田がピアノから離れ、センターに向かうと「何度目の青空か?」で会場を青に染めた。

メンバーから会場のファンへ伝えたいことがあった。
生駒は「東京ドームのステージに立って、すごく実感したことがあるんです。“自信をもつということはこういうことなのかな”ということです。ステージに立つ者には必要なことだと言われてきましたが、自分は持てませんでした。みんなで笑顔で歌って踊ること、そのことが自信を持つということじゃないかなと思います。」と成長を実感させるコメントをすると、白石は「乃木坂に入って6年。楽しいことも辛いことも悲しいことも沢山ありました。ここまで頑張ってこれたのは、メンバーのみんなと支え合ってきたこと、そしてファンのみなさんにも支えれてきたことでがんばってこれました。」と感謝の気持ちを伝える。
堀は、「乃木坂に入ってすぐセンターでした。孤独と不安で目の前が真っ暗になりました。ですが、皆さんとここにいるメンバーに支えられて今までこうやって活動が続けられた。はじめはセンターに立つのが怖くて、ライブも楽しくなかったけど、今は楽しめていることがうれしいです。」と涙ぐみながら、感慨深く語る。
西野は、「もともと自分が好きじゃなかった。自信も持てないし、面白いこともいえないし、アイドルらしくない。でも必死に頑張ってきた。それでも好きと言ってくれる方がいるから、素直な自分でいいんだと気が楽になった。どんどん変わっていくと思うので、その姿をずっと見ていてほしいと思います。」と話すと、生田は「6年間、紆余曲折もありましたが、続けてこられて良かったと心から感じました。今日一緒に立つのが最後になるメンバーもいますし、すごくさみしいけれど、ここに立てたのは、今まで卒業したメンバーのおかげもあると思います。出会いと別れが多いなと感じますが、バトンをつなげて、ここからもずっと坂を上り続けられるグループであれたらいいなと思います。」と二人ともグループへの愛情と共にこれからへの決意を感じる力強いコメントだった。
齋藤飛鳥は「6年前乃木坂最年少として加入して、十代最後の年を迎えてます。子供で泣き虫だった私を受け入れて、温かい場所をくれたのが乃木坂46でした。自信はまだ持てないですが、支えてくれるメンバーが最大の自慢だなって思います。そんな人たちとどこまでも上へ上へ昇っていきたい。」と東京ドームという場所から次のステージへ向かうスタートだとの宣言。
本編最後には映画『あさひなぐ』主題歌となっている「いつかできるから今日できる」。ステージ上段まで階段を登り、締めくくった。

アンコールでは5台のフロートに乗り、その景色をしっかりと胸の刻みながら、笑顔でファンの声援に応え「おいでシャンプー」「ロマンスのスタート」を披露、メインステージに到着すると「ガールズルール」で会場のテンションは最高潮。続いて、“皆さんへの感謝の気持ちを込めて”と宣言されて披露されたのは、46人楽曲「設定温度」。

桜井が「6年前、つぼみだった私たち。同じ夢を持って、同じところへ向かって歩きはじめました。涙と汗を沢山流して、すこしずつ成長してきて今日こんなすてきなステージで花を咲かすことができました。今度はその花からうまれた種を日本中、世界中、もっと広いところによそ風にのせて届けていきたいと思います。皆さんにもそよ風になってもらって、このグループをもっともっと成長させていきたいと思います。これからも乃木坂46をよろしくお願いします」とメッセージを伝え、「乃木坂の詩」を会場のファンと一緒に歌い、会場に響き渡った。「すごく素敵な景色を見れました。会場の皆さんと一緒にこのライブを作ったことが本当に幸せだなと思っています。これからもメンバー力合わせて、毎日笑顔でいられるように、そんなパワーを届けていきたいと思います。これからも乃木坂46についてきて下さい!」と、最後の挨拶と共にメンバー全員がお時儀をしている間にファンからのサプライズが用意されていた。メンバーが顔を上げると【乃木坂46 アリガトウ】という文字がサイリウムで観客席に浮かんでいた。それをみて涙ぐむメンバーも。

これで終わりではなかった。卒業する伊藤万理華、中元日芽香へメンバーからの感謝とエールを送るWアンコール。
「きっかけ」のイントロが流れると、メンバーが再び登場。伊藤、中元を伴って、花道を通りファンの近くへ移動する。桜井や生駒らが涙しながら、旅立つ2人の門出を祝福していた。

卒業とともに芸能界引退を決めている中元は、「『君の名は希望』の『未来はいつだって新たなときめきと出会いの場』という歌詞が大好きで、これからの乃木坂、万理華の未来がすてきなものになると信じています。」と光さす未来を予感させるメッセージをファンに伝えた。
そして、伊藤は涙で、声をときおり詰まらせながらも「ありきたりかもしれないかもしれないけど、皆さんの応援があって、大好きなメンバーやスタッフいたから、アイドルとしてこのステージに立つことができたと思います。乃木坂にとっても、私にとっても、日芽香にとっても、これがスタートだと思うので、これからも突っ走っていきたい」と決意を語った。

伊藤、中元2人が最後ステージに残った。伊藤が客席のファンに歓声を止めるよう求めると、マイクを外して、地声で「ありがとうございました!」と再びファンに感謝。
満面の笑みを見せ、ステージを後にした。

メンバーは約3時間半のステージ、終始ピースフルでファンの一体感を感じる温かみのあるステージを全力で走り抜けた。

取材・文/エンタメステーション編集部

乃木坂46 “真夏の全国ツアー2017 FINAL!”

日時:2017年11月8日(水) 開場15:00 開演:18:00
会場:東京ドーム