3年ぶり。劇団ナイロン100℃の新作『ちょっと、まってください』開幕! 初日を迎えた三宅弘城からコメントも!

3年ぶり。劇団ナイロン100℃の新作『ちょっと、まってください』開幕! 初日を迎えた三宅弘城からコメントも!

来年25周年を迎える劇団ナイロン100℃の第44回公演『ちょっと、まってください』が11月10日(金)下北沢 本多劇場にて開幕した。

『グッドバイ』『8月の家族たち August:Osage County』『キネマと恋人』『陥没』など話題の作品を次々と発表し、近年様々な賞を受賞している奇才、ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が、自身のホームである劇団ナイロン100℃で、自分が今いちばんやりたいことを書き下ろしたという、劇団公演としては3年ぶりとなる新作。

キャストには、昨今ではテレビや映画など個々の活躍もめざましく、その顔を知られるようになった三宅弘城、大倉孝二、みのすけ、犬山イヌコ、峯村リエ、村岡希美ら劇団の主力俳優に加え、水野美紀、遠藤雄弥、マギーという実力派客演陣が集結した。

物語は、どこの国かははっきりしないが、クラシカルな洋装に身を包んだ、裕福な家庭の居間から始まる。そこでは、金持ちの父親(三宅弘城)、母親(犬山イヌコ)、息子(遠藤雄弥)、娘(峯村リエ)、使用人(マギー)などが四方山話に花を咲かせている。一方屋外では、宿無しの乞食の家族。その息子(大倉孝二)と娘(水野美紀)が、何やら込み入った話をしている。まったく環境の違う2つの家族の日常の中に少しずつ入り込んでくる異物感。この2つの家族にどんな接点が生まれ交差してゆくのか──。

物語が進んでいくに従い、登場人物たちを隔てている区別の不安定さ、定義付けしようとすれば煙に撒かれるような感覚、傍観する観客の観点をも足下が揺らぐような、不思議な感覚にとらわれていく。時に笑い、時に困惑しながら、2つの家族たちと共に、行き先不明の航海に乗り出しているようだ。

KERAは公演発表時には「別役実的な不条理喜劇を創りたい」と述べていたが、別役作品へのパスティーシュもありながら、カフカ的なところもあり。だが、やはり唯一無二のケラリーノ・サンドロヴィッチの世界観が、そこにはある。不条理な会話ひとつひとつに目を離せない密度があり、キャスト陣の技術の豊かさも堪能できる作品に仕上がっている。

公演初日を迎え、劇団員・三宅弘城は下記のようにコメントを寄せている。

「(初日を迎えるまでは)結構、切羽詰まっておりましたが、力を合わせてひとつの作品を作り上げていくのは劇団ならではだなと思いました。今は無事に初日を迎えることができてホットしています。(お客様が入り)どんなふうにご覧になり、どんなふうに笑いがくるのか、楽しみだったのですが、喜んでいただけた感じだったので良かったです。爆笑するタイプのものとまた違う面白さがある作品だと思いますので、ぜひ、劇場に来ていただけたらと思います。
来年劇団は25周年、自分が出る作品は『睾丸』(仮題)という作品なので、タイトルに負けないように頑張りたいと思います」

本公演は、12月3日(日)まで下北沢 本多劇場で上演。その後、各地を巡演する。

舞台写真 / 桜井隆幸

公演情報

ナイロン100℃ 44th SESSION『ちょっと、まってください』

【東京公演】
2017年11月10日(金)〜12月3日(日)下北沢 本多劇場
【三重公演】
2017年12月6日(水)三重県総合文化センター 三重県文化会館 中ホール
【兵庫公演】
2017年12月9日(土)・10日(日)兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【広島公演】
2017年12月12日(火)JMSアステールプラザ 大ホール
【北九州公演】
2017年12月16日(土)・17日(日)北九州芸術劇場 中劇場
【新潟公演】
2017年12日20日(水)りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:三宅弘城 大倉孝二 みのすけ 犬山イヌコ 峯村リエ
   村岡希美 藤田秀世 廣川三憲 木乃江祐希 小園茉奈/
   水野美紀 遠藤雄弥 マギー

企画・製作:シリーウォーク キューブ
お問い合わせ:キューブ 03-5485-2252(平日12時〜18時)

ナイロン100℃オフィシャルサイト
http://sillywalk.com/nylon_swp/

キューブオフィシャルサイト
http://www.cubeinc.co.jp