『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、2018年冬に公開決定&ファーストルックが解禁

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、2018年冬に公開決定&ファーストルックが解禁

『ファンタスティック・ビースト』の最新作が『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(原題:Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald)の邦題で2018年冬に公開されることが決定した。あわせて、エディ・レッドメイン演じる主人公の魔法使いニュートほか主要キャストのファーストルックがお披露目された。

解禁されたファーストルックには、エディ・レッドメイン演じる主人公の魔法動物学者・ニュート、闇払いのティナ(キャサリン・ウォーターストン)、妹のクイニー(アリソン・スドル)、シリーズ初となる人間のジェイコブ(ダン・フォグラー)ら4人の仲間の続投キャストに加え、前作で未確認の結末を迎えた、謎めいた人物クリーデンス(エズラ・ミラー)と魔法動物に変えてしまう呪いの血の運び屋マレディクタス(クラウディア・キム)の姿、そして新キャストのダンブルドア先生(ジュード・ロウ)、巨大な敵グリンデルバルド(ジョニー・デップ)、謎の女性リタ・レストレンジ(ゾーイ・クラビッツ)、ニュートの兄テセウス・スキャマンダー(カラム・ターナー)らのビジュアルが収められている。

ニューヨークからロンドンの魔法界に舞台を移し、その先ではパリの魔法界も待ち構える本作。脚本は、1作目に続き『ハリー・ポッター』シリーズの生みの親J・K・ローリングが執筆し、デイビッド・イェーツ監督のもと、『ハリー・ポッター』シリーズ1作目より魔法界のホームグラウンドとなっているワーナー・ブラザースの英国リーブスデン・スタジオで撮影が行われている。『ハリー・ポッター』のファンを喜ばせる、原作・映画シリーズとの驚きの繋がりも用意される予定だという。

最新作では、ダンブルドア校長の先生時代をジュード・ロウが、マグル(魔法が使えない普通の人間)よりも魔法使いのほうが優れているという思想を持つ魔法使いグリンデルバルド役をジョニー・デップが演じる。そして前作で劇中の写真にチラッと登場したニュートの過去にかかわる女性リタ役をゾーイ・クラビッツが、戦争の英雄で闇祓いでもある有名なニュートの兄テセウスをカラム・ターナーが演じ、魔法サーカスの若手人気スターとしてキム・スヒョンが、原作で『ハリー・ポッター』シリーズ第1作目から重要なアイテムとして描かれる“賢者の石”を作ったとされるニコラス・フラメルとしてブロンティス・ホドロフスキーが登場する。



映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
2018年冬公開
原作/脚本:J・K・ローリング
監督:デイビッド・イェーツ
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン
出演:エディ・レッドメイン 他
オフィシャルサイト http://fantasticbeasts.jp
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © JKR.