三島由紀夫の『命売ります』、中村蒼主演で、初の映像化決定。「主人公を演じられて光栄」

三島由紀夫の『命売ります』、中村蒼主演で、初の映像化決定。「主人公を演じられて光栄」

“隠れた怪作小説発見!”と銘打って重版が進み、26万部という異例の大ヒットを記録し、ベストセラーとなった三島由紀夫の怪作『命売ります』の連続ドラマ化が決定。中村蒼が主演を務めることが分かった。

同作は、自分の人生の行く先を悟ってしまった男が、“命を売る”ビジネスをスタートさせるという他の純文学とは一線を画した三島由紀夫の怪作。“命を売る男”と“企みをもつ依頼人たち”との駆け引きは、毎回思わぬ展開へ進んでいく。

主人公・山田羽仁男を演じるのは中村蒼。中村は、映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』で絶対悪役を演じその怪演ぶりが話題となる一方、不朽の名作「赤ひげ診療譚」を連続ドラマ化したBS時代劇『赤ひげ』(BSプレミアムにて放送中)では青年医師として人間の成長を繊細に演じるなど、その演技の幅の広さと実力が注目を集め、舞台『悪人』でふたり芝居に初挑戦することが先日発表されたばかり。

広告代理店に勤め、経歴、収入など何不自由ない生活を送っていた山田羽人男(中村)が自分の人生の行く先を悟り、突然自殺を決行。しかし失敗し、「命を売る」ビジネスをスタートさせることに。次々と舞い込んでくる奇々怪々な依頼に応じる中で、“死にたい”と思っていた男は、死の淵に立たされた瞬間、 “生きたい”という人間の持つ本能的欲求に皮肉にも目覚めていく、先の読めない究極の人間ドラマ。

中村は「多くの人から愛されている三島由紀夫作品で、主人公を演じられて光栄です。独特な三島ワールドが映像化されることでどうなるのか楽しみです。命を売る、命を捨てる覚悟が出来ている男はどんな人生を送るのか。“死ぬこと”に対して前向きで、それが周りの幸せに繋がるというのは不思議な感覚ですが、どうやってストーリーが進んでいくのか楽しみですし、この作品が僕にとって転機になる予感がします。色々な人を魅了する羽仁男の様に、この作品に多くの人が引き込まれる様に皆で頑張っていきます。」と、作品に対する意気込みを語った。

2017 年 10月から、大人が楽しめるエンター テインメントとして毎週土曜夜 9時に新設されたBSジャパンの「連続ドラマJ」。浅田次郎『プリズンホテル』に続く、第二弾「命売ります」は、来年1月より放送スタート。

【森田昇プロデューサーコメント】
強力な原作を極上のエンターテイメントのドラマにする連続ドラマJ。三島由紀夫作品ということで文芸作品のようなイメージを持たれる方もいると思いますが、非常に観念的でありまた難しいテーマを扱いつつも、極上のエンターテイメント作品であります。
昨今のテレビドラマが手を出しにくい内容をストーリーとして面白く見せることは、この連続ドラマJ枠の特徴であると思います。そこで今回「命を売り買いする」というショッキングな内容ですが、生と死について臆せず向き合い考えながらストーリーを楽しんでいただければと考えています。また主人公・中村蒼さんのセクシーな魅力とともに毎回登場する強力なゲストにも注目ください。


連続ドラマJ 三島由紀夫「命売ります」
放送局:BSジャパン BS7ch<全国無料放送>
放送日時:2018年1月放送開始 毎週土曜夜9時
原作:三島由紀夫『命売ります』(ちくま文庫)
出演者:中村蒼、前田旺志郎、田口浩正、YOU、田中泯
脚本:小山正太、大林利江子
監督:金澤友也

中村蒼オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/aoinakamura-lespros/

中村蒼オフィシャルサイト
https://www.lespros.co.jp/talent/artists/aoi_nakamura/