東京グラフィティ最新号はセックス特集。表紙に映画『光』井浦新&瑛太が登場

東京グラフィティ最新号はセックス特集。表紙に映画『光』井浦新&瑛太が登場

11月25日(土)から公開となる、三浦しをん原作・大森立嗣監督、井浦新主演による映画『光』。本作は、『舟を編む』で本屋大賞を受賞した三浦しをんの作品群で、徹底的に人間の闇を描き、ファンの中で特別な評価を得ている一作『光」を、『さよなら渓谷』、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督の手により映画化。かねてからの競演を望んでいた井浦新と瑛太の狂気と怪物性、そして長谷川京子、橋本マナミの色気と母性がスクリーンに吸い込まれるような熱情を放つ、苛烈なる人間ドラマだ。

今回、“TOKYO SEX”と題したセックス特集を組む東京グラフィティ12月号の表紙&中面インタビューに、『光』より井浦新&瑛太が2ショットで登場。映画『光』は、劇中で描かれる“セックスシーン”が公開前から大きな話題を集めている。井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミのメインキャストの4人は、激しい濡れ場を演じており、公開前のマスコミ試写会でも数々の映画ライターから「ここまでやるか・・・!!」と絶賛の声が相次いでいる。

本誌では、主人公の信之を演じた井浦新、瑛太が『光』についてのインタビューが掲載。作品を表現するのに必要不可欠な「セックス」に関しても語っている。その他、特集内では原宿のおしゃれなカップルから、職場恋愛カップル、大学の同級生カップル、シェアハウスで一緒に住むカップル、国際カップル、ゲイカップルなど、10組のカップルが「等身大のセックス」についてのインタビューも掲載。セックスを通して、カップルたちの関係性や考え方に迫っている。

リリース情報

東京グラフィティ 2017年12月号
・発行日…平成29年11月22日
・発売エリア…全国有名書店、TSUTAYA、ヴィレッジヴァンガード、都内コンビニ、ネットショップ(Amazon、楽天、fujisan等)他
・特集…TOKYO SEX


【STORY】
25年前の殺人事件が、4人の狂気を呼び覚ます。
僕たちは、人間のふりをして生きているー。
東京の離島、美浜島。中学生の信之は記録的な暑さが続く中、閉塞感のある日々を過ごしている。信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。美しい恋人の美花がいることで、毎日は彼女を中心に回っていた。ある夜、美花と待ち合わせをした場所で信之は美花が男に犯されている姿を見る。そして信之は美花を救うために男を殺す。その夜、理不尽で容赦ない圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させた。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。
それから25年後、島をでてバラバラになった彼らのもとに過去の罪が迫ってくる―。妻子とともによき父として暮らしている信之と、一切の過去を捨ててきらびやかな芸能界で貪欲に生き続ける美花。誰からも愛されずに育った輔が過去の秘密を携え、ふたりの前にやってくるのだった。


『光』
11月25日(土)新宿武蔵野館・有楽町スバル座ほか全国ロードショー
井浦新 瑛太 長谷川京子 橋本マナミ 南果歩 平田満
監督・脚本:大森立嗣
原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊) 
音楽:ジェフ・ミルズ
配給:ファントム・フィルム
©三浦しをん/集英社・©2017『光』製作委員会
オフィシャルサイト
http://hi-ka-ri.com/


『光』原作