ムロツヨシ&芳根京子が吹替声優に初挑戦!『ボス・ベイビー』で宮野真守、山寺宏一と共演

ムロツヨシ&芳根京子が吹替声優に初挑戦!『ボス・ベイビー』で宮野真守、山寺宏一と共演

ユニバーサル・スタジオとドリームワークス・アニメーションが初タッグを組み、2018年3月21日(水・祝)に公開される『ボス・ベイビー』の日本語吹替版を、ムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、山寺宏一が務めることがわかった。あわせて、吹替版の本編抜粋映像が解禁された。

本作は、全米ベストセラーとなったマーラ・フレイジーによる絵本『あかちゃん社長がやってきた』(講談社刊)にインスパイアされ、『マダガスカル』シリーズのトム・マクグラスが監督を務める作品。両親と三人で幸せに暮らす7歳のティムのもとに弟としてやってきた“ボス・ベイビー”の、見た目は赤ちゃん、中身はおっさんというギャップが人気を集め、本国ではすでにパート2の制作が決定している。日本語吹替版は、ボス・ベイビー役をムロツヨシ、ボス・ベイビーに振り回される兄のティム役を芳根京子、大人になったティム役を宮野真守、兄弟の両親が務める会社のCEO、フランシス・フランシス役を山寺宏一が務める。

公開された吹替版の映像では、部屋の中から赤ちゃんらしからぬ話声が聞こえる。その正体を探るため、ティムが部屋へ近づきドアを開けると、そこにいたのは自分の弟としてやってきたはずの赤ちゃん。最初は動揺する様子をみせるものの、バレたら仕方ないとのごとく開き直ったその赤ちゃんは「俺は、ボス」と正体を明かす。この特異なキャラクターをムロがユーモアたっぷりに演じており、7歳の少年の声を完璧に演じる芳根との掛け合いが楽しめる映像に仕上がっている。

ムロは、「吹替のお仕事はいつかしたいと思っていたのですが、まさか赤ちゃんの役をやれるとは思っていなかったので、オファーを頂いて嬉しくて飛び上がりましたね」と振り返る。芳根は「画面に合わせて声を出すというのは、タイミングを意識すると感情が入らなかったりしてすごく難しくて、実際にアフレコしているときは、自然に手が動いたりしていました。声だけで表現すると言っても、身体って動いちゃうものなんだなと今回改めて感じたので、全身を使ってティムという男の子を演じていきたいと思っています」と意気込みを語った。宮野は「“ボス・ベイビー”がめちゃめちゃ可愛いのに、渋くてカッコよすぎる!(笑) コミカルな演出についつい笑い、赤ちゃんの可愛さにホッコリして、シリアスなストーリー展開にハラハラして、最後には“人” としての大きな“愛”に触れられる、とってもステキな映画です」とコメント。そして、山寺は「なんたって、可愛い赤ちゃんの中身がオッサンなんですから、ギャップがたまりません! 何から何まで、いちいち面白い! 笑えて、オシャレで、ちょっぴり毒もあるけど感動しちゃう!」と手応えを語っている。

【ムロツヨシ コメント】
吹替のお仕事はいつかしたいと思っていたのですが、まさか赤ちゃんの役をやれるとは思っていなかったので、オファーを頂いて嬉しくて飛び上がりましたね。
ドラマや映画のように自分の間でお芝居できる俳優の仕事と違って、アニメーションの“ボス・ベイビー”本人のお芝居に合わせなければいけないのですが、「赤ちゃんだけど、おっさん」の時と「おっさんだけど、赤ちゃん」の時の二つが交互に来たり、所々出たりするお芝居はやりがいがあると思いました。見た目(赤ちゃん)でのお芝居は出来ないですから、見た目をお借りして、新しい自分の芝居ができる、楽しくやれるというところがいい仕事だなと思いました。僕と芳根京子ちゃんとの最初の共演は「教え子」、先生と生徒だったので。まさか兄弟で私が弟やる日が来るとは思いませんでしたから楽しみです。

【芳根京子コメント】
世界中で大ヒットしている作品の吹き替えをオファーされたときは、本当にびっくりしました。普段ドラマや映画をやらせて頂く中で、7歳の男の子の役を出来る機会はないので、すごく新鮮でしたし、こういうチャンスを頂けて嬉しく思っています。
画面に合わせて声を出すというのは、タイミングを意識すると感情が入らなかったりしてすごく難しくて、実際にアフレコしているときは、自然に手が動いたりしていました。声だけで表現すると言っても、身体って動いちゃうものなんだなと今回改めて感じたので、全身を使ってティムという男の子を演じていきたいと思っています。ボス・ベイビーを演じるムロさんの声を聞きながらやると、台本を読んで自分で想像するボス・ベイビーよりもずっと面白くて本当に笑ってしまうし、ボス・ベイビーがすごく愛おしく感じられます。一緒にやらせて頂けて幸せです。
 

【宮野真守コメント】
まずタイトルをお聞きして、「どういう事だ!?」と、とても興味を惹かれました(笑)そして、内容を知り、あまりにも斬新すぎる設定に驚きを隠せませんでした。
「ボス・ベイビー」がめちゃめちゃ可愛いのに、渋くてカッコよすぎる!(笑)コミカルな演出についつい笑い、赤ちゃんの可愛さにホッコリして、シリアスなストーリー展開にハラハラして、最後には「人」としての大きな「愛」に触れられる、とってもステキな映画です!
僕自身、今この映画に出会えて、本当に幸せでした。子供の頃に抱いていた思い、大人になってから感じる思い。共感できるところがたくさんあります。「家族の愛」のかけがえのなさに触れ、誰かを抱きしめたくなる映画、誰かに抱きしめられたくなる映画です。是非、大切な誰かを心に抱いて、ご覧ください!

【山寺宏一コメント】
なんたって、可愛い赤ちゃんの中身がオッサンなんですから、ギャップがたまりません!
何から何まで、いちいち面白い! 笑えて、オシャレで、ちょっぴり毒もあるけど感動しちゃう!さすが「シュレック」を生み出したドリームワークスのアニメーション!
さんざん笑って、ホッコリして、新陳代謝が良くなる映画です。心冷え性の方にオススメします! 少子化対策にもなるかも。

【STORY】
パパとママ、7歳のティムの3人家族の元にやってきたのは、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん“ボス・ベイビー”。弟として迎えいれられた彼は普通じゃない。見た目は赤ちゃん、中身はおっさんだった。



映画『ボス・ベイビー』
2018年3月21日(水・祝)公開

監督:トム・マクグラス 『マダガスカル』シリーズ
キャスト:アレック・ボールドウィン、マイルズ・バクシ、ジミー・キンメル、リサ・クドロー、スティーブ・ブシェミほか
吹き替えキャスト:ムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、山寺宏一ほか
原題:THE BOSS BABY
配給:東宝東和
(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト:http://bossbaby.jp/