エレナ アレジ 後藤『25ans』新連載スタート! Q&Aで彼女をプロファイル「日本で会ってみたい人は宮崎駿監督」

エレナ アレジ 後藤『25ans』新連載スタート! Q&Aで彼女をプロファイル「日本で会ってみたい人は宮崎駿監督」
20代から50代のエレガントな女性達に幅広く支持されるクラスマガジン『25ans(ヴァンサンカン)』。2018年1月号(11月28日(火)発売)から、エレナ アレジ 後藤の新連載「美のかけら」がスタートする。

さらに、ラグジュアリーな情報を毎日配信する公式ウェブサイト『25ansオンライン』では、エレナが社交界デビューを果たすパリの「ル・ バル・デ・デビュタント」の様子や、事前のオートクチュールドレス試着から、世界中の令嬢たちと共に舞踏会で輝く彼女の姿までを密着取材。写真や動画のレポート記事で近日公開される。


Photos:HELENA ALESI GOTO

■新連載「Helena’s Favorite Piece エレナ アレジ 後藤の美のかけら」

本誌11月号での母娘の初共演が大きな話題となった後藤久美子さんの長女、エレナ アレジ 後藤。2018年から日本を拠点に活動する彼女の新連載がスタートする。豊かな文化が根づくヨーロッパで育ち、4カ国語が堪能で、オリジナルな感性を磨く新世代の彼女が今、思うこととは? 連載第1回は、プライベート写真と共に16の質問で彼女をプロファイル。

Q 一日の完璧な過ごし方は?
A まず、朝はモルディブで目覚めること(なぜなら、地球上で一番好きな場所だから!)。それからジムで40分間トレーニングし、家族や友人たちと美しいビーチで朝食を。その後は、スキューバダイビングしたり、日光浴をしたり、マッサージ でリラックスできたら完璧。

Q 憧れている映画監督は誰ですか? (エレナさんはロンドンの映画学校で映画製作を学び、2017年11月に卒業。)
A 挙げたらキリがないほどたくさんいますが、オーセンティックな撮影手法のマー ティン・スコセッシさんは、尊敬する監督のひとり。

Q これまで、影響を受けた人は誰?
A 両親。父と母の、信念を持った生き方を尊敬します。

Q 日本で会ってみたい人は?
A 宮崎駿監督。「三鷹の森ジブリ美術館」を訪れたこともあるの。

■ エレナさんのパリ・社交界デビューを密着取材! 『25ansオンライン』でレポートを近日公開予定。

パリで毎年開催される「ル・バル・デ・デビュタント」。知性と品格、美貌を兼ね備えた若き令嬢たちが、華やかに社交界デ ビューを果たす舞踏会は、世界中の注目の的。『25ans』では毎年「ル・バル・デ・デビュタント」を取材し、豪華なドレス に身を包み優雅な立ち振る舞いで輝く令嬢たちを紹介している。今年は11月25日に第25回が開催し、参加するデビュタントの1人にエレナ アレジ 後藤が選ばれたため、ウェブサイト『25ansオンライン』で写真や動画のレポート記事を近日公開。また雑誌『25ans』では、3月号(2018年1月27日発売)でデビュタント・バルの記事を掲載予定。

○ 舞踏会に向け、オートクチュールドレス試着の模様をレポート

デビュタントたちは、デビュタント・バルのためにあつらえたオートクチュールのドレスで華やかに社交界デビューを果たしている。エレナは事前に、エマニュエル・ウンガロの様々なオートクチュールドレスを試着し、自身を最高に輝かせるドレスをセレクト。豪華なのはドレスだけでなく、オフィシャルスポンサーのパヤルニューヨークのハイジュエリーやクリスチャン ルブタンの優美なシューズで身を飾り、メイクアップはM.A.C. Cosmetics、ヘアドレッサーはアレクサンドル ドゥ パリが手掛け、次世代ソーシャライツに相応しい装いでお披露目される。

○ 舞踏会当日の模様を臨場感ある動画でレポート

エレナの社交界デビューの様子を動画でレポート。当日はルノーの専用車で会場の「ザ・ペニンシュラ・パリ」へ入り、キャバリ エにエスコートされお披露目。ディナータイムでは同世代のデビュタントたちとテーブルを囲んで交流を図り、その後にオープンバルが開幕。華やかな舞踏会や緊張の様子など、エレナの社交界デビューの瞬間をぜひ「25ans オンライン」で確認してみよう。

リリース情報

『25ans(ヴァンサンカン)』
2018年1月号(11月28日(火)発売)


[価格] 通常版:800円 ミニ版:780円
ソーシャル・ラグジュアリー・メディア「25ans ONLINE」では、「25ans」の特徴であるエレガントな世界観をウェブでも展開。  

オフィシャルサイト
http://www.25ans.jp