『Beatless』、東山奈央・雨宮天など豪華キャスト決定! redjuice描き下ろしビジュアル&最新PV公開

『Beatless』、東山奈央・雨宮天など豪華キャスト決定! redjuice描き下ろしビジュアル&最新PV公開

「My Humanity」(ハヤカワ文庫JA)で第35回日本SF大賞受賞、「メタルギア」シリーズのノベライズなど、綿密で壮大な世界観を生み出し続けるSF作家・長谷敏司による原作「BEATLESS」。監督には『機動戦士ガンダム00』や『楽園追放-Expelled From Paradise- 』など圧倒的支持を得る水島精二。原作のキャラクター原案は架空のアーティスト「EGOIST」のイラストや、伊藤計劃原作のアニメ映画『屍者の帝国』『ハーモニー』『虐殺器官』など、唯一無二の表現が国内外問わず高い評価を得ているイラストレーター・redjuice。豪華クリエイター陣が送る、「ヒト」と「モノ」のボーイ・ミーツ・ガールが2018年1月12日(金)より、MBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠で放送開始となる。

そしてこの度、シンガポールで行われたアニメ・フェスティバル・アジア(AFA)にて『BEATLESS』の特集ステージイベントが開催。水島精二監督が登壇し、最新情報が続々と解禁された。

まず、redjuice新規描き下ろしティザービジュアルを解禁! 強力な量子コンピュータを搭載した可変デバイス「Black Monolith」を装備したレイシア。この装備は世界を変える莫大なパワーを持ち、これからの大きな戦闘を予感させるが、どんな事態にも冷静沈着なレイシアの美貌も伺える1枚となっている。

イベントでは最新PVも解禁! 主人公である遠藤アラトの日常は、人間よりはるかに優れたアンドロイド・レイシアに出会ったことで激変。100年後の未来を舞台に繰り広げられる“SF Boy meets Girl”…魂を持たない「モノ」に対して「ヒト」はどのような関係性を築くべきか、静かな日常風景の中でこれからの起こる様々な出来事を予感させる映像と なっている。

さらに、超高性能AIが生み出したhIEと呼ばれるアンドロイド5体を演じるのは、東山奈央・雨宮天など豪華キャストに決定した。

遠藤アラトが偶然出会いオーナーの契約を結ぶ、透き通る美しさを持つ「人間に未だ明かされざる」道具、レイシアに、東山奈央。赤い髪に赤い瞳、「人間との競争に勝つため」の道具、紅霞に、冨岡美沙子。幼い童女の姿をしている「進化の委託先」としての道具、スノウドロップに、五十嵐裕美。亜麻色の髪の毛、ブラウンの瞳をした「環境をつくるため」の道具、サトゥルヌスに、下地紫野。明らかに機械だとわかる「かたち」を与えられた「人間を拡張するもの」としての道具、メトーデに、雨宮天が決定、オフィシャルコメントも到着した。

<キャラクター&キャストコメント>
レイシア(CV:東山奈央)
レイシア級hIE Type-005 淡い紫色の髪とアイスブルーの瞳、透き通る美しさを持つ「人間に未だ明かされざる」道具。 遠藤アラトが偶然出会い、オーナーの契約を結んだ。アラトの妹ユカにより、モデル事務所に登録し、トップモデルのひとりとして活躍しはじめる。 強力な量子コンピュータを搭載した可変デバイス「Black Monolith」を装備している。

<東山奈央 オフィシャルコメント>
「人間」と「人間ではないもの」のボーイミーツガールの物語です。人のこころは、何によって動かされるのか? 作品を読み進めていくと、ときに哲学的なテーマに突き当たります。レイシアを演じていると、この言葉で相手をどう感じさせたらいいのか、どんな結論を導こうとしているのか…。私自身、彼女に翻弄されそうになりますが、最終回まで食らいついていこうと思っています。どうぞお楽しみに!

紅霞 (CV:冨岡美沙子)
レイシア級hIE Type-001 赤い髪に赤い瞳、「人間との競争に勝つため」の道具。 武器であるデバイス「Blood Prayers」には、大きい刃物の後部に戦車の主砲よりも巨大なレーザー発振器がついている。

<冨岡美沙子 オフィシャルコメント>
演じたことのないタイプのキャラクターでドキドキしています。どうしよう!? とすごく悩んだのですが、表情がころころ変わる紅霞がとても楽しそうで、私も楽しもう!私が思う紅霞を思いっきりやろう!とオーディションに臨みました。緊張しましたが(笑)。お話が面白いのはもちろんなのですが、キャラクターがみんなとても魅力的だと思います。物語が始まるのを、そんなキャラクター達に出会えるのをぜひ楽しみにしていてください! 頑張ります!!

スノウドロップ (CV:五十嵐裕美)
レイシア級hIE Type-002 白いワンピースをまとい、幼い童女の姿をしている「進化の委託先」としての道具。彼女はデバイス「Emerald Harmony」によって作った白い花弁を周囲にまき散らすと、その花弁を電子機械に取り付かせ、機能を乗っ取ってしまう。

<五十嵐裕美 オフィシャルコメント>
スノウドロップは小柄で可愛らしくて儚い印象で……見ていただくときっと気になる存在になると思います!個人的には、hIEの人と見まごうくらい人間らしいのに、あくまで“モノ”であるところを我々人間が表現するのも面白いなと思っています。最後に!私もレイシアみたいな可愛いhIEにごはん作ってもらったりしたいよーう!(笑)

サトゥルヌス (CV:下地紫野)
レイシア級hIE Type-003 亜麻色の髪の毛、ブラウンの瞳をした「環境をつくるため」の道具。長さ一メートルを超える手回しミシンのような装置「Gold Weaver」を持っている。

<下地紫野 オフィシャルコメント>
サトゥルヌスを演じさせていただきます、下地紫野です。SFの世界に飛び込むこと、hIEという、生物ではないものを演じるということに緊張していますが、同時にわくわくもしています。原作が小説なので、アニメーションになったときどうなるのか…想像が膨らみますよね。私もとても楽しみです。全力でアフレコに臨ませていただきますので、よろしくお願いいたします。

メトーデ (CV:雨宮天)
レイシア級hIE Type-004 オレンジ色の髪、明らかに機械だとわかる「かたち」を与えられた「人間を拡張するもの」としての道具。最強の力と自由を与えられた。

<雨宮天 オフィシャルコメント>
人間より知能も力も優れた『モノ』と『ヒト』との関係。そこまで遠くない未来に直面する問題のような、ドキッとするテーマだと思いました。知能では済ませられない『意思』を持ったモノと、生活や戦いの中でどんなストーリーが紡がれていくのか、私もアフレコ、そして放送がとても楽しみです。そんな『モノ』だからこそ、より感情の部分を、繊細に丁寧に演じていきたいです!


●作品情報
『BEATLESS』
2018年1月12日(金)より、MBS/TBS/BS-TBS”アニメイズム”枠で放送開始!
MBS:1月12日より毎週金曜深夜25:55~
TBS:1月12日より毎週金曜深夜25:55~
BS-TBS:1月13日より毎週土曜深夜24:00~
※放送日時変更の可能性があります。 Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信決定!

【スタッフ】
原作:長谷敏司「BEATLESS」(KADOKAWA)
原作イラスト:redjuice
監督:水島精二
シリーズ構成:高橋龍也/雑破業
キャラクターデザイン:やぐちひろこ
美術監督:峯田佳実
色彩設計:林由稀
撮影監督:伊藤康行
編集:小島俊彦
音響監督:菊田浩巳
音響制作:楽音舎
音楽:Narasaki(sadesper record) / kz(livetune)
音楽制作:株式会社インクストゥエンター
アニメーション制作:ディオメディア
製作:BEATLESS製作委員会
オープニングテーマ:GARNiDELiA「Error」(SACRA MUSIC)
エンディングテーマ:ClariS「PRIMALove」(SACRA MUSIC)

【キャスト】
レイシア:東山奈央
紅霞:冨岡美沙子
スノウドロップ:五十嵐裕美
サトゥルヌス:下地紫野
メトーデ:雨宮天

【STORY】
それは、人間と人智を越えた存在との決別と共存の物語。 社会のほとんどをhIEと呼ばれる人型ロボットに任せた世界。 17歳の少年・遠藤アラトはある日一体のアンドロイド・レイシアに出会い、オーナー契約を交わす。 一見人間とそっくりなそれは、世界を驚かすほどの性能を備えた超高性能AIが生み出した、人智を越えるアンドロイド<人類未到産物>5体のひとつだったーー。5つの機体はそれぞれ意味を持ち、互いの性能を求め戦いはじめる。 その戦いを傍観することしかできない大人たちと、その存在に近づき新しい関係を試みる少年たち。 未来への選択と、人間とモノとの関係の答えを求められる――。 進化しすぎた機械と、人間世界を繋ぐのは何か? 便利になりすぎた時代で何が大事で何が必要なのか、アラトは人間よりはるかに優れたアンドロイド・レイシアと出会ったことで未来への選択と、人間とモノとの関係の答えを求められる――。

(C)2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

「BEATLESS」原作

関連リンク

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by リスアニ!WEB