大泉洋、大感激! モンキー・パンチが描く『探偵はBARにいる3』イメージイラスト画公開

大泉洋、大感激!  モンキー・パンチが描く『探偵はBARにいる3』イメージイラスト画公開

『ルパン三世』の原作者のモンキー・パンチが描いた、12月1日(金)公開の『探偵はBARにいる3』のイメージイラストがお披露目された。


札幌・ススキノを舞台に探偵(大泉洋)とその相棒・高田(松田龍平)の活躍を描くシリーズ第3弾であり、1、2作目から、「“探偵”は“ルパン三世”を連想させる」という感想が数多く寄せられていた本作。モンキー・パンチが描いた画は、BARでお酒を飲みながら依頼を受けている“探偵”がモチーフとなっており、銃やナイフ、爆弾や、女性のデッサンが壁にかけられており、“大人のハードボイルド感“や“危険で激しいアクション“を匂わすようなイメージが表現されている。

小学校の頃から『ルパン三世』に憧れていたという大泉は「私自身、子供の頃よく『ルパン三世』に似てる! と言われていたので、今回モンキー・パンチ先生が『探偵はBARにいる3』を観てくれた上で、私演じる“探偵”を描いてもらったというのは光栄の極みでございました」と語り、「漫画の『ルパン三世』も『探偵はBARにいる』シリーズもハードボイルドな世界観だし、仲間とのやりとりや雰囲気、ハードなアクションやヒロインの存在、三枚目のところもあるけれど、決めるときはちゃんと決めるというところなど、『ルパン三世』と“探偵”は共通点が多いと感じています。『ルパン三世』の雰囲気やキャラクターは、“探偵”を演じる上で実はとても影響を受けていました」と明かしている。

【大泉洋コメント】
この画を渡された時は事前に全く聞かされてなかったので本当に驚きました。子供の頃から、とにかく「ルパン三世」が大好きだったのでこんなに嬉しいプレゼントはありません。ちょっと泣きそうになりました。いただいた画は、“探偵”に、いろんな銃が向いていたり、ナイフが“探偵”の頭の上に刺さっていたり、壁に不二子を想像させる女性の絵が飾られていたりと、ハードボイルドな世界観がめちゃめちゃかっこよかったです。私自身、子供の頃よく「ルパン三世」に似てる!」と言われていたので、今回モンキー・パンチ先生が『探偵はBARにいる3』を観てくれた上で、私演じる「探偵」を描いてもらったというのは光栄の極みでございました。『探偵はBARにいる』のファンの方々が感想として“探偵”をみて「ルパン三世」を連想するとおっしゃって頂いているようですが、実は僕もそう感じていました。

【モンキー・パンチコメント】
ラスト約5分前、真実が判り主人公が苦悩する大泉さんの無言の演技は 迫力満点、感動ものである。
洋ワールドを思う存分楽しめた。

【STORY】
はじまりはありふれた人探し…のハズだった。【失踪した女子大生】。その裏で見え隠れするのはひとつの殺人事件。調査を進める中で浮かび上がったのは、モデルクラブの【美人オーナー】マリと、【最凶のインテリヤクザ】北城。卑劣な罠が、次々と探偵と高田に襲い掛かる。やがて起こるもう一つの殺人事件、高田の敗北、巨額の薬物取引、巧妙なハニートラップ、裏切りに次ぐ裏切り。事態はただならぬ様相を呈し始めていた。そしてマリは、自ら裏社会をも欺き、2人の前にやってくる。


映画『探偵はBARにいる3』
2017年12月1日公開

監督:吉田照幸
脚本:古沢良太
出演:大泉洋 松田龍平 北川景子 前田敦子 鈴木砂羽 リリー・フランキー
田口トモロヲ 志尊淳 マギー 安藤玉恵 正名僕蔵 篠井英介 松重豊
野間口徹 坂田聡 土平ドンペイ 斎藤歩 前原滉 天山広吉 片桐竜次
配給:東映
オフィシャルサイト http://www.tantei-bar.com/
(c)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会