真野恵里菜が借金まみれの風俗嬢に!? 『不能犯』の艶めかしくも切ない場面写真を公開

真野恵里菜が借金まみれの風俗嬢に!? 『不能犯』の艶めかしくも切ない場面写真を公開

2018年2月1日(木)に公開される松坂桃李主演の『不能犯』から、風俗嬢・優を演じる真野恵里菜の場面写真が到着した。

公開された場面写真では、真野演じる優が依頼をするに至る“ある出来事”の前の不安げな表情と、電話をしている優の背後で不気味な笑みを浮かべる宇相吹の姿を映し出している。優は、両親の離婚が原因で姉の理沙(芦名)とは別々に育ち、今は風俗で働く女性。父親の借金返済に苦しんだ自分と違って、母親に引き取られて幸せに育ち、もうすぐ大病院の院長候補の男と結婚をする順風満帆な姉への嫉妬と憎悪から宇相吹に依頼をしてしまう。宇相吹は、“願い”を叶えてくれる一方で、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招く男。宇相吹がターゲットに対してどんな手口で死に導き、優がどのような結末を迎えるのか気になる写真となっている。

白石晃士監督は「今回はたくさんの美しい人たち……芦名星さん、矢田亜希子さん、真野恵里菜さんに出演してもらいましたが、皆さん難しい役どころをエネルギッシュに演じてくれています」とコメントを寄せている。

神崎裕也が作画、宮月新が原作を担当し、『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画を実写化する本作。絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す主人公・宇相吹 正(うそぶき ただし)役を松坂桃李、宇相吹が唯一コントロールできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカが演じている他、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星 水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍が出演。主題歌は、GLIM SPANKYの書き下ろし楽曲「愚か者たち」が決定している。

【STORY】
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。男の名は宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼を残すと、願いを叶えてくれる男だ。ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。さらに、宇相吹は全てのターゲットを、一瞬の迷いもなく確実に殺すのだが、その死因は病死や自殺、事故に見えるため、絶対に捕まることはない。そう、彼は〈不能犯〉なのだ。「必ず宇相吹を止める」と熱い正義に燃える多田友子刑事と部下の百々瀬。捜査の過程で、多田だけが唯一、宇相吹が支配することが出来ない相手だと判明する――。やがて日本中を震撼させた連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展していく――。果たして多田は宇相吹を止められるのか? そして宇相吹の真の目的とは――。


映画『不能犯』
2018年2月1日(木)公開

原作:『不能犯』(集英社「グランドジャンプ」連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
出演:松坂桃李、沢尻エリカ
新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾 水上剣星 水上京香
今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
配給:ショウゲート
オフィシャルサイト:funohan.jp

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会

『不能犯』原作