荒井敦史×岡山天音 出演、映画 『神さまの轍』主題歌にフレデリックが決定! 公開日&ポスタービジュアル&特報も

荒井敦史×岡山天音 出演、映画 『神さまの轍』主題歌にフレデリックが決定! 公開日&ポスタービジュアル&特報も

ロードバイクに青春を捧げた若者たちの姿を京都井手町を舞台に描く映画『神さまの轍』が 2018年2月下旬から京都にて先行公開、さらに3月17日から新宿武蔵野館ほか全国ロードショーとなることが決定。そしてそんな本作のティザービジュアル、主題歌情報、特報が一挙に解禁となった。

ロードバイクの才能に恵まれた若者と、恵まれなかった親友が大人になって再会したとき、彼らの人生が再びロードレースを通じて交差していく、そんなストーリー。

主演は『真田十勇士』(’16)、『水戸黄門』 (’17)新シリーズで「格さん」こと渥美格之進役に抜擢されるなど、 近年ドラマや映画での活躍が目覚ましい荒井敦史、またNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(’17)で全国区の顔となった岡山天音のW主演。

さらに、六角精児、津田寛治、阿部進之介らベテラン勢が脇をかため、望月歩と吉沢太陽が主人公の中学生時代を演じる。監督・脚本・企画は本作が商業映画デビューとなる作道雄が担当。

そんな本作の主題歌に決定したのは、人気急上昇中バンド、フレデリックの「たりない eye」。フレデリックは三原健司(Vo./Gt.)、 三原康司(Ba.)の双子の兄弟と、赤頭隆児(Gt.)、高橋武(Dr.)で編成されるロックバンドで、ユーモアに富んだ歌詞と中毒性の高い楽曲で関西を中心に話題沸騰中。来年4月には神戸での初アリーナ公演も控えている。本作の主題歌「たりない eye」は軽快なテンポにのせて彼ら独自の世界観が哀愁を帯びて歌われており、のびやかな余韻を本作に与えている。

【フレデリック 三原康司:コメント】
青春時代は大人になるにつれ薄れてしまうといいますがそんなのはうそだと思います。 過ぎ去ってしまった青春をもう一度掴み取る姿はいくつであっても少年時代よりも青い。映画から感じたこれから始まる新しい青春に胸踊りました。 少しでもフレデリックの音楽で寄り添えたらと思います。


さらにこの度解禁となった特報は、映画の見せ場の一つでもある疾走感あふれるロードバイクレースの映像で幕を開ける。そして大人になって再会した主人公の勇利(荒井敦史)と洋介(岡山天音)の姿が意味深に映し出され、互いの人生が再びロードレースを通じて交差していく模様がフレデリックの曲にのせ爽やかに描かれている。ただ何かになりたくて、必死にペダル漕いだ10年間。果たして二人の若者はレースの先で何を見つけるのだろうか・・・。そんな青春100%の特報となっている。



合わせて解禁となったポスタービジュアルには、真っ青な空の下、井手町を眼下に自転車にまたがる学生時代の勇利(荒井敦史)と洋介(岡山天音)、そしてその先に大人になりロードーバイクに乗る二人の姿が印象的なタッチの絵で描かれており、これから始まる二人の青春物語を彷彿とさせるビジュアルとなっている。



【STORY】
夢を掴んだものと、夢すら見つけられなかったものとの人生が思い出の地でいま、交錯する。 京都府井手町にある中学校に通う勇利と洋介は、ふとしたきっかけでロードバイクに熱中していく。どこに向かうか見えなくても、無心にペダルを漕ぎ 続けることだけが、勇利と洋介にとっての未来であった。数年後、二人は再会する。勇利はプロのロードレーサーとして歩むことを決め、また社会人と なった洋介はロードバイクに乗ることさえやめてしまっていた。そこから、二人の人生は大きく変わっていくことになる。やがて、掴んだ夢に挫折してしまう勇利と、自分の夢を見つけることが出来なかった洋介の人生とが、思い出の地、井手町を舞台としたロードレース大会《ツールド KYOTO2019》で 交錯する。白熱するロードレースの中、二人の若者が選ぶそれぞれの未来とはーー。

映画情報

神さまの轍
2月24日(土)京都先行公開(イオンシネマ久御山、イオンシネマ高の原、京都シネマ)
3月17日(土)新宿武蔵野館、アップリンク渋谷ほか全国ロードショー!!

出演:荒井敦史、岡山天音、望月歩、吉沢太陽、川村亮介、久保陽香、アベラヒデノブ、小貫加恵、松林慎司、月亭太遊、泉原豊、阿部進之介、津田寛治 、六角精児
企画・脚本・監督:作道雄
音楽:宮内優里/中村佳穂
主題歌:フレデリック「たりない eye」(A-sketch)
制作プロダクション:クリエイティブスタジオゲツクロ
配給:エレファントハウス
後援:京都府・井手町・京都産業大学・京都府自転車競技連盟・日本自転車普及協会
©2018 映画『神さまの轍』製作委員会

オフィシャルサイト
http://kamisamanowadachi.com/