『オー・ルーシー!』映画祭を席巻中!寺島しのぶ、平栁敦子監督、舞台挨拶に登壇「人生が持っている潜在的な可能性を感じて欲しい」

『オー・ルーシー!』映画祭を席巻中!寺島しのぶ、平栁敦子監督、舞台挨拶に登壇「人生が持っている潜在的な可能性を感じて欲しい」

2018年GW公開予定、寺島しのぶ主演の映画「Oh Lucy!(オー・ルーシー!)」が、第28回シンガポール国際映画祭の正式招待作品として、マリーナベイ・サンズ グランドシアターで11月30日(現地時間)に上演され、主演の寺島しのぶさんと共演の忽那汐里さん、平栁敦子監督による舞台挨拶が行われた。

この日、会場に集まった1000人の観客を前に、寺島さんは、「シンガポールの温かい気候の中、清々しいスクリーニングを迎えることができました。『オー・ルーシー!』がいよいよ各世界で公開間近となり今からワクワクしています」と海外での上映に喜びの声を上げ挨拶。平柳監督は「この映画を観終わった後、人生が持っている潜在的な可能性を感じて欲しい」とメッセージを送った。

本作は、英会話教室のアメリカ人講師に恋をした節子(寺島しのぶ)が、東京とアメリカ・ロサンゼルスで大騒動を巻き起こすさまをユーモラスに描いた作品。主演の寺島は、「国際結婚をしているので、家庭でも文化の違いは日々感じている。例えば海外では、人と会うと必ずKiss Kiss Kissであいさつをするので、日本人とは距離の違いを感じる。この映画も、主人公がアメリカ人にハグされた事で運命が変わっていく。そこは分かるなと思います」と自身の経験に基づき共感できる部分を語った。

また本作は、南仏のファイエンスで毎年開催されているファイエンス映画祭にてザ・ゴールデン・グラスホッパー賞(大賞)を受賞。フランス最大の日本映画祭第12回KINOTAYO(キノタヨ)現代日本映画祭ではソレイユ・ドール観客賞(グランプリ)を受賞。インディペンデント・スピリット賞では新人作品賞と主演女優賞のWノミネートを果たし、日本人監督として初の快挙を達成している。エストニアのタリン・ブラックナイト映画祭において今年新設された“現代の日本人女性監督”部門での出品も決定している。

映画情報

『Oh Lucy!(オー・ルーシー!)』
2018年GW公開
監督・脚本:平栁敦子
共同脚本:ボリス・フルーミン
プロデューサー:ハン・ウェスト 木藤幸江 ジェシカ・エルバーム 平栁敦子
エグゼクティブ・プロデューサー:ウィル・フェレル アダム・マッケイ
出演:寺島しのぶ 南果歩 忽那汐里・役所広司・ジョシュ・ハートネット   
2016年サンダンス・インスティテュート/NHK脚本賞受賞作品
日本・アメリカ合作
配給・宣伝:ファントム・フィルム
ⓒOh Lucy,LLC

【STORY】
東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

<監督・脚本: 平栁敦子 プロフィール>
略歴:長野県生まれ、千葉県育ち。ニューヨーク大学大学院映画制作学科卒業。 同大学院専門分野において1名のみに支給される3年間の Cathay Scholarship初の奨学金受給者である。在学中に制作した短編映画『もう一回』は 、2012年ショートショート・フィルムフェスティバル&アジアにてジャパン部門最優秀賞、ジャパン部門オーディエンスアワード、そしてグランプリを受賞。修了作品である桃井かおり主演の『Oh Lucy!』(21分短編映画)は2014年カンヌ国際映画際*シネフォンダシオン(学生部門)で日本人初の2位を受賞する。また、2015年サンダンス映画祭ではインターナショナル・フィクション部門の最優秀賞にあたる審査員賞を受賞。トロント国際映画祭などを含む様々な国際映画祭で25以上の賞を受賞。サンフランシスコ在住。二児の母。極真空手黒帯初段の保持者である。