セガのスマホ向けRPG『ワンダーグラビティ』、山口勝平さんと松田るかさんが演じるキャラが明らかに

セガのスマホ向けRPG『ワンダーグラビティ』、山口勝平さんと松田るかさんが演じるキャラが明らかに

セガゲームスは、2018年配信予定の『ワンダーグラビティ~ピノと重力使い~』について、山口勝平さんに松田るかさん、堀江一眞さんが演じるキャラクターが発表された。


セガ、スマートフォン向け新作 RPG『ワンダーグラビティ~ピノと重力使い~』、声優の山口勝平さん、女優の松田るかさんが CVを担当するキャラを発表

2018年サービス開始予定のスマートフォン向け RPG『ワンダーグラビティ~ピノと重力使い~』は、 12月 3日(日)に実施された、オフラインイベント「 f4ファンフェスティバル」にて、未公開キャラクターの発表を行いました。

今回発表されたのは、声優の山口勝平さんが演じる「ラヴェル」と、女優の松田るかさんが演じる「アポロ」の2体。さらに、声優の堀江一眞さんが CVを担当する開発中のキャラクター「ヴァレント」の設定画も公開されました。

■「アポロ」と「ラヴェル」

その日暮らしのプロフェッショナル
アポロ CV:松田るか

 

 

へたれなビビリな内弁慶
ラヴェル CV:山口勝平

ムード&トラブルメーカーコンビ。きままな旅人「アポロ」と泣き虫な相棒「ラヴェル」主人公たちの前に現れてはトラブルを起こしていく迷惑な二人。なぜか憎めず、気づけばムードメーカー的な存在に…?

■「ヴァレント」(開発中)

CV:堀江一眞
とある 3人組のひとりでクールなキャラクター。世界地図を作るために旅をしている。

今後も、『ワンダーグラビティ~ピノと重力使い~』の続報にご期待ください。

<『ワンダーグラビティ~ピノと重力使い~』とは>
『ワンダーグラビティ~ピノと重力使い~』は、行方不明の父親を探す「重力使いのヒューゴ」と、病に侵された幼馴染を救おうとする「小さき種族ピノのニール」が、未知のチカラを持つといわれる世界の底「エンドロール」を目指す RPGです。
大陸も海もない高大な空を舞台に、ヒューゴが持つ「エンドロール」への行き方が記された「ログ」を狙う暗躍組織や他の重力使いたちと、重力を操って戦いながら冒険を続けます。
脚本原案に、仮面ライダー電王、進撃の巨人(アニメ)などを手がけた「小林靖子」氏を迎え、オープニングアニメに「スタジオ M2」、ゲームサウンドにクロノトリガー、イナズマイレブンなどを手掛けた「プロキオン・スタジオ」などの豪華スタッフが参加しています。


<ワンダーグラビティ~ピノと重力使い~概要>
名称:ワンダーグラビティ~ピノと重力使い~
ジャンル: RPG
配信機種:iOS / Android
価格:基本無料(アイテム課金)
メーカー:セガゲームス

公式サイト:
http://wonder-gravity.sega.jp/

公式 Twitter:
https://twitter.com/wonder_gravity

© SEGA・ f4samurai

※リリース情報を基に記事を掲載しています。